サマソニ06

Photo





夏はやっぱりフェスティバルでしょ。
ということで日曜日、友達と行って来ましたサマーソニック06。
サマソニはsuedeが見たくて行った02年以来。
前回はメッセ中心だったので今回はマリンスタジアムメインで。
幕張に行く途中渋滞に嵌ってしまい到着したのは12時すぎで、
チケットをリストバンドに交換してマリンスタジアムのグランドに入るとちょうど
エルレガーデンが始まったところでした。

【12:05~】 エルレガーデン
友達にCD借りて予習したので曲は大体分かった。
日本のバンドなのでかなりファンが多かったね。
曲も馴染みやすいのが多いから素直に楽しめた。

エルレガーデンが終わってそのまま待機。
【13:10~】 THE ALL AMERICAN REJECTS
正直わからなかった。友達は好きなバンドらしいのでノリノリだったが。
エルレと比べると空いてて動きやすい。

続いて
【14:20~】 FALL OUT BOY
これは友達からCDを借りた甲斐があってほとんどの曲を楽しめた。
ヴォーカルよりもMCやってたギター?の方が目立ってたのはこのバンドの仕様?
あと途中で舞台袖から日の丸の旗背負って出てきて踊りまくってたおっちゃんがいた。
あれは楽しかった。

さすがに疲れたので昼食をとりつつ午後の計画を立てる。
メシはスタジアム外の牛肉炒め?丼。量少ねー!試食サイズ。
食べ終わって今度はスタンドへ。ロストプロフェッツが始まっていた。

【15:30~】 LOSTPROPHETS
ニューアルバム持ってないのでスタンドでマッタリ。
でも前のアルバムは好きです。
やっぱり一番盛り上がっていたのは「LAST TRAIN HOME」でした。

続いて
【16:45~】 MY CHEMICAL ROMANCE
これもスタンド観戦。後半に備えて体力温存。
前のPVではヴォーカルが黒髪ロングだったのに金髪のショートになってた。
レッドリボン軍のブルー将軍みたいだったw

マイケミカルロマンスの途中で、本日の一番の目的であるMUSEを
良い位置で観るためにアリーナへ移動。友達はフォートマイナーを観にメッセへ。

【18:00~】 MUSE
Rブロック10列目に陣取り準備万端。周りはMUSEファン以外にも
トリを務めるリンキンパークのファンが多数。どうやら場所取りらしい。
01  Map Of The Problematique
02  Hysteria
03  Supermassive Black Hole
04  Bliss
05  Starlight
06  Butterflies & Hurricanes
07  Invincible
08  New Born
09  Stockholm Syndrome
10  Time Is Running Out
11  Plug In Baby
12  Knights Of Cydonia

いきなりのマップオブプロブレマティックからサイドニアまで全12曲、1時間強の
興奮のステージ。特にライブ仕様のブリスとニューボーンの2nd組、バタフライ時の
ピアノ超絶技巧、ストックホルムの縦ノリ、プラグインの大合唱などさまざまな楽しみを
提供してくれたMUSE。至福の1時間はあっというまに過ぎ去っていきました。

さてMUSEが終わって友達と再会しようとしたが携帯が繋がらない。30分くらいして
繋がったけどどうやらあまりの混みようでステージ近くまで来れないらしい。
しょうがないので別々で観ることに。

【19:40~】 LINKIN PARK
気がつくとアリーナもスタンドもほぼ満員状態。リンキンパークの人気は流石ですね。
MUSEで精魂尽き果てた感のあるボクはアリーナの端によって音楽を
純粋に楽しみました。
リンキンはひとつひとつの曲のクオリティが高い。どれもキャッチーで親しみやすく
ノリやすい。だけど連続で聴くとどの曲も同じテンポでだれてきた。
これは未だ2枚しかアルバムを出していないが為曲のバリエーションがない
というのと、ミクスチャーロックとしてのパターン(ラップ→メインヴォーカル)が固まり
すぎてしまっているところがあるのかなと思いながら聴いていました。
3rdアルバムが秋にでも出るでしょうからこれからの変化に期待してみます。

正直大満足の1日でした。残念なのは観たかったネリーファータドとクラムボンが
観れなかったことくらいかな。来年もまた行くぜ!

| | コメント (0)

ワールドカップ(1日目)

メモ程度に簡単に雑感を書いておこう。

【ドイツ4-2コスタリカ】
典型的な欧州VS南米(じゃないけど)の試合。
442でピッチ全体にバランス良く選手を配置してサイドを大きく使って攻めるドイツ。
352というか5バック気味にリトリートしゴール前を固め、奪ったら中央から細かく
パス交換しながら攻めるコスタリカ。
ドイツは攻めは良いけど守りがショボイ。大柄なDFはスピードに対応できないから
ラインを高めに設定して裏への対応は全てオフサイドトラップで切る。
だけどオフサイドトラップで全て防ぎきれるほどコスタリカも甘くないし、
ましてや日本にさえやられるレベルのラインディフェンス。2失点は織り込み済みか。

コスタリカは狙い通りだろうけど、失点時間が早すぎたのと奪った後に速い攻撃
が見せられなかったので勝ちきるまでは至らなかった。あれで快速FWとかいたら
勝ち負けまで行ったかもしれないのに。
ただ2列目がバイタルで前向けたら勝負になる。アイデアと連携がある。

【ポーランド0-2エクアドル】
これまた典型的な欧州VS南米な試合。
眠くてボケーっと観てたけど、負けたポーランドも悪くない。
後半ポスト、バーに当てたシュートもあったし、オフサイドの判定も紙一重、
ポーランドのオフサイドは流してもおかしくなかったし、逆にエクアドルの2点目は
オフサイドでもおかしくなかったし。そういう意味ではポーランドは決して悲観する
必要は無いと思う。でも試合後のポーランドサポの落胆は凄かったな。
多分試合開始前は「エクアドル?何それ?」だったんだろうな。

エクアドルは正直カビエデス目当てだったけど後半途中出場。残念。しかも重い。
最後はアシストしたけど。抜群に重い!w
ペルージャ時代ってあんなんだったっけ?
テノリオ、デルガドと前線にはそこそこタレントがいる感じ。
しかも南米のチームはどこもそうだけどかなり試合巧者だよね。
一瞬の隙を突くのが上手い。
総合力ではヨーロッパの国の方が上っぽいんだけど、結果は南米が勝つ。みたいな。

さて、そろそろイングランド対パラグアイが始まる時間だ。
イングランドはパラグアイのしたたかさに打ち勝てるだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ザ!減量!!(5)

そういえばこのブログをはじめた理由の半分は減量が目的でした。
すっかり減量について書かなくなってしまいましたが、
減量自体は今もずーっと続けています。
昨日も草サッカーが雨天中止だったのでジムへ行って40分ほど
ランニングマシンで汗かいてきました。(レッズレディースも見たかったけど)

実は健康診断が明日に迫っており、オレにとっては

明日の体重=2006年の体重

になるんです。
去年の健康診断は79.2。これでも一昨年よりは3キロほど落ちています。
あれから1年経ち今の体重はどうなっているのでしょうか。
ちなみに5月29日午後10時現在で体重計に乗ってみると「75.7」でした。
今日はこれから絶食なのでこれ以上体重が上がることがないと思うと
結構ホットしてる自分がいます。
あとは内臓系で問題が無ければ。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

最後の晩餐!?

長生でサッカーを見終わったのが15時半。車を飛ばして都内へ戻る。
18時半、都内某所で彼女と落ち合い、予約してあった創作和食のお店へ。

2月から続く別れの問題。
5月に入ってもあまり進展はせず、今日は最後の話し合い。
オレは別れることには反対なので、ずーっと考えてきて疑問に思ったことを
彼女にぶつけてみた。
結果、彼女の恋愛に対する考え方をようやく理解することが出来た。
今ここで書くことは何もないが、理解できたことによりそれを解決する方法も
模索できるのだが彼女がそれを望んでいない以上、何も受け入れられないだろう。
話しを聞きだすために、色々と厳しいことを言ってしまった。
申し訳ないと思ってる。
今後彼女から連絡が無ければそれでお終い。
食事の終わりに、「最後の晩餐だね」なんて言いそうになってしまった。
もちろん言わなかったが。

帰りの車中、James Bruntの歌声が虚しく響く。
「Good-bye my lover ♪」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ブルーノート東京

ジャズ好きの先輩に連れられ表参道のブルーノート東京へ。
ブルーノート東京はクリストファークロス以来2回目。
今回見たのはBOBJAMES & THE ANGELS OF SHANGHAI 。

音楽的嗜好がポップ寄りのロックな自分にとってジャズはそれまであまり興味の
なかった世界だが、ブルーノート自体は以前観に行ってからまた来たいと思って
いたのでこれはチャンスと思い行ってみたのだが結果大正解でした。
ブルーノートはあまり大きくないので演奏者と客が一体になれる感じがいいです。
メシが高いけど。。

ボブジェームズのピアノに、ギター、ベース、ドラムの4人バンドはあまりジャズっぽく
なく、すんなり聞き込めます。また、エンジェルズオブシャンハイという以前流行った
女子十二楽坊に似た中国古楽器をあつかう5人編成バンドも新鮮で、
西洋と東洋の音のぶつかり合いが今までに聴いたことの無い世界を
見せてくれました。

また機会があれば観に行きたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花粉と胃炎

ここ5年以上毎年のことなのだけど花粉の時期になると胃が痛くなる。
今年も先週月曜から急に痛くなりだし週末には手に負えないほどの痛みに。
特に夜、就寝中に胃酸が食道を伝って湧き上がってくる症状が続き、
毎日3時間ほどしか眠れず、朝起きては嘔吐をする生活。。
絶えかねて週末に胃腸科へ行き、昨日胃カメラの検査も行ってきた。
毎年同じことの繰り返しでその度に病院へ行き、「胃が荒れている」といわれ
薬を処方してもらうのだが、実際のところ原因がわからない。

花粉の影響か?と聞いても「それは無い!」とどの医者も即答だし。
花粉症の薬の影響も考えたけど、薬飲まない年も胃は痛くなったし、花粉が
飛び始める前から薬飲んでいるけど花粉が飛散するまで影響ないし。
特にこの時期だけストレスがひどいということも無いし。。
なんでかなあ。

と、いろいろ考えるわけですが結局これといった原因も思い浮かばず、
花粉症の時期にアレルギー全般の症状で体内が弱ったところを、花粉、薬、
ストレスなどの全てが悪さして胃を悪くするのではないか。
というように考えることにしました。

胃腸科で処方された薬を飲んで、若干胃痛を押さえつけてるな、っていう感じは
受けるけどあまり効果テキメンって感じじゃない。
昔はマーロックスを飲むと劇的に調子が良くなったんだけど、今ってマーロックス
売ってないの?薬局いっても取り扱ってないって言われる。

この時期はほんとやっかいだ。家で引き篭りたいよ。ホント。
とか言いつつ明後日はゴルフなんだけど。自殺行為かな。
こんな症状ある人ってほかにもいるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッズ対ジュビロほか

最近胃の調子が悪くて、この日行われたJリーグ第2節レッズ対ジュビロも
本当だったら現地へ行きたかったのですが、具合が悪く病院へ行った為テレビ観戦。

結果は3-1でレッズの快勝でしたね。前節のガンバ戦よりも全体の運動量が増え
特に攻から守への切り替えの部分で相手を圧倒していました。
守備ラインの3枚(トゥーリオ、坪井、堀之内)はいずれも相手楔パスへの寄せが
早くジュビロの攻めを効果的に分断することに成功し、前半途中から小野伸二と
長谷部のポジションを入れ替えることにより前線を活性化し、両サイドも三都主と
山田が完全に制圧し、ほぼ完勝といえる内容ではなかったでしょうか。

まあジュビロが内容的にほぼ見るものがなかった点は差し引かなければなりませんが
前節より良化していることは確かでしょう。
あと、展開が楽になったこともあって、早い時間から平川、相馬、黒部を起用できた
ことも今後につながるという面では良かったと思います。
今日はギドに対する注文は何もありませんが、今後より強い相手、もしくはより重要な
試合になったときにも今日のような交代策を積極的にとってくれることを望みます。

試合を見終った後、彼女と会って鳥料理屋でメシ食ってきた。
ホワイトデーのお返しも兼ねて。
一時期彼女から別れたいなんて言われていたけど、今日は少し気持ちも変わってきた
様子。ただまだ100%彼氏彼女の気持ちになれていないらしい。
もうちょっと時間がかかりそうかなあ。ジックリ行かねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

U2来日延期すか。。

U2のチケット手に入れたんですよ。苦労して。友達の分と4枚。
復習しようと思ってベスト2枚を中心に新しいのも友達に借りて
僕の頭の中はアイルランドだったんです。イヤほんと。

3/8に第一報を聞いたときはまだ半信半疑でしたが、昨日ユニバーサルの
日本オフィシャルにもアップされて確定しましたね。
メンバーの親族のご病気ということなのでショウガナイッチャショウガナイのですが
延期というのはいつまで延期なんでしょうね。
あまり親日家でないU2さん達だから2年くらいは待つのかなあ。
チケットは払い戻しですか。1枚くらいは記念でとっておこうかな。

同時期開催のBONJOVIさん達は親日家だから大丈夫だね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花粉がぁ~!

わたくし花粉症歴=年齢の大ベテランです。
小学生の頃は花粉症なんて言葉は無かったかもしれませんが。
昨年はひどかった。毎日毎日鼻はグジュグジュ、目はショボショボ。
今日は花粉がひどいので会社休みます。って毎日言いたかった。
うちの黒い車は花粉でなぜか黄色いし。。
思い出すだけでもぞっとするのですが、今年もそんな時期なんですね。
でも今年は去年の10分の1の飛散量なんて言われています。どうなんでしょう。
私の花粉アンテナも今日から反応し始めました。計ったように3月1日ですね。
鼻、ヤバイっす。目、かゆいです。頭、ボーっとしてます(いつもか?)。
いくら飛散量が例年に比べ少ないからって関係ないです。

問題は飛散量ではなくて「そこに花粉が有るか無いか」なんですから!

幸いにして私、自宅の隣に耳鼻科があるんで1月から2週に1回通って薬処方して
もらっています。(アレジオンとピロラール)
例年結構効き目があるのですが、今年は薬の効き目が感じられません。
毎年飲んでると効かなくなっちゃうのかなあ。
しょうがないのでもっと強い薬を処方してもらうか思案中っす。

しかし私は普通のサラリーマンですが、職業によっては花粉症だとつらい人って
いるでしょうね。例えばアナウンサーの方とか。
ニュース読んでるときに「はっくしょん!!」なんて出来ないもんね。
実はうちの会社にもアナウンサーの人がいるから今度聞いてみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生日!

今日はオレの31回目の誕生日でした。
誕生だからといって特に何かがあるわけじゃないんだけど。
なんとなく記録に残したいなと。

日曜日だけど仕事があったので会社へ。
お祝いは友達からメールで数件、
最近距離を置いている(置かれている?)彼女は仕事があって会えないので
メールでやりとり。
ちょっと残業して帰宅。

うーん。いつもと変わらないじゃないか。。

つまらないのでスカパーで「リバプール対マンチェスターシティ」を見る。
さすがにJとは迫力が違う。別にオレ、海外厨ではないけれど。
海外の選手とJの選手ってフィジカルはかなり差があるけど、技術ではそんなに
違わないと思うんだよね。
だけど被プレス時のプレーは違う。Jでは引っかかるプレスも海外ではかわされる。
そりゃあ引っかかることもあるけれど。
例えば10回のプレスでJが3回かいくぐれたとしたら海外は6回くらいのイメージかな。
これが90分で積み重なってくると試合自体の印象がかなり違ってくる。
そのプレスをかわす技術で目立つのがトラップでの方向転換。
この試合ではジェラードやキューウェル、モリエンテスなどがよくやってたけど
味方のパスをトラップ一つで相手のプレスが届かない位置に置いたり、
場合によってはトラップ一つで相手をかわすこともある。
海外では当たり前のこのプレーもJではあまり見ることが出来ない。
それでも伸二や長谷部はこのプレーをよくやる方かな。

あとJと海外での違いについて思ったのは個人戦術の意識。
海外ではどのポジションの選手であってもボールを持ったら自発的に且つ
意識的にボールを「動かそう」とする。Jはボールを「動かされて」いる感じ。
これはFWであってもDFであっても同じ。ボールを持ったら自分がチームを
動かそうという意図が海外の選手には見て取れる。
Jの選手にこの意識が低いのは組織プレーの間違った方向性というか、
求められるタスクのみをただこなすのみというJ発足後10余年の育成の産物なのか。
これによりゲームのダイナミズムが失われていると思うのは早計だろうか。

果たして今期の浦和レッズは小野伸二が復帰し、ワシントンが加入し、
チームとして世界基準のプレーを見せる環境が整ったわけだ。
今期は上の2点に重点を置いてJを観ていこうと思った誕生日のオレでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧