« 高円宮杯プレミアイースト第3節  | トップページ | 日本クラブユース選手権サッカー(U18) レッズ対ヴェルディ »

高円宮杯プレミアイースト第5節

今日はまたユースを見にサイスタへ。

今日の対戦相手は静岡学園です。

静岡学園とは去年までの高円宮杯で結構対戦する機会が多かったですが
あまり悪いイメージはなく、中盤のせめぎ合いを制して試合を優位に運ぶことが
多かったように思います。

今日のサイスタは3節のヴェルディユース戦よりも観客が多かったです。
トップチームが不甲斐ないことも影響しているのかな。

【レッズ】                   【静岡学園】
  11堀田  12高田  07鈴木               11鎌田
     10矢島    14繁田          14山本  08秋山  06木村
        06野崎                  10渡辺  20伊藤
 05佐藤 03寄特 04小出 02西山    12瀧崎 03望月大 04木本 22望月遥
        01三上                      01福島

Img_3625_r

レッズは守備時には両ウイングが引いて4-1-4-1になる4-1-2-3スタイル。
静岡学園は4-2-3-1システムでトップ下の08秋山がキープレイヤーだ。

Img_3635_r

Img_3637_r

コイントスで勝った静岡学園が陣地を入れ替え、風下のレッズボールでキックオフ。

Img_3638_r

03分 レッズは中盤で静学からボールを奪った10矢島がドリブルで持ち込みミドルシュートを打つも枠外。

序盤はお互いスタイルを出しながら探りを入れていく。
両ワイドが大きく張り出した形からサイドにボールを回して右ウイングの鈴木、左ウイングの堀田のスピードを生かすレッズ。
対する静学は中盤のスキルフルな選手を経由しタメを作りながら前線へボールを送り込んでくる。

Img_3641_r

しかし試合はいきなりレッズの先制で動く。

09分 レッズはディフェンスラインから03寄特が縦にグラウンダーのパスを当てる。
中央の10矢島が受けて14繁田とのワンツーで抜け出し、エリアに入ったあたりでシュート。
これが見事にゴールネットに突き刺さった!
(レッズ1-0静岡学園)

Img_3644_r

静学ベンチからは寄せの甘さが指摘されていたようだ。
ただ静学もすぐに反撃に出る。

11分 静学は左サイドを14山本と12瀧崎で崩してマイナスの折り返し。
中央から06木村がダイレクトシュートもレッズディフェンスがブロックしコーナーキックへ。

12分 静学はコーナーキックのこぼれ球を拾った08秋山が狙い澄ましたミドルシュートを放つ。
GK三上が何とか弾くもこぼれ球を11鎌田が押し込んだ。
(レッズ1-1静岡学園)

序盤から点の取り合いの様相を呈してきた。
特に静学の08秋山は要注意。
一人二人なら確実に交わすテクニックと広い視野があり、トリッキーなスタイルは静学の応援団を大いに沸かしていた。
逆に静学はこの秋山を経由した攻撃が多いので彼を止めることが出来れば守りやすくなるのではないか。

15分 静学はレッズのコーナーキックのクリアボールからカウンター。
10渡辺がフリーで持ち上がり、3-2の数的優位の状態。
一旦はスルーパスを狙うがディフェンスに当たり、こぼれを渡辺自ら拾いミドルシュート。
しかし枠を捉えられず。

21分 静学は中央の08秋山を経由して左サイドの12瀧崎へ。
瀧崎のクロスにファーサイドから06木村が合わせてシュートを狙うもレッズディフェンダーがブロック。

Img_3650_r

26分 レッズは静学のディフェンスラインに突っ掛けて14繁田がボールを奪う。
10矢島が07鈴木に通し、エリア内に入った鈴木が左足から右足に持ち替えて相手を交わしゴール!
(レッズ2-1静岡学園)

静学にとっては不用意な失点だった。
ただ繁田の献身的なプレスと鈴木のエリア内での冷静さが光ったシーンでした。

28分 静学は左サイド奥からのフリーキック。
08秋山が入れたボールに中央14山本が飛び込んで合わせるもボールは枠の外へ。

29分 静学はコーナーキックから決定機。
10渡辺のボールに中央の20伊藤がフリーで合わせるもゴールの上に外れる。

32分 静学は右サイドからフリーキック。これが壁にあたりレッズのカウンターに。
11堀田がドリブルで独走し一人交わせば決定機という場面だったが、対応した
12瀧崎もスピード負けせず付ききってコーナーキックに。

34分 レッズが突き放す。
静学ボールを突っ掛けて奪った14繁田がドリブルで中央を駆け上がり左サイドへ展開。
エリア内にフリーで走り込んだ11堀田がシュートを狙うもディフェンスが体に当てる。
こぼれ球を14繁田が押し込んでゴール!
(レッズ3-1静岡学園)

2点目に続き繁田のプレスから得点が生まれました。

36分 静学は20伊藤に代えて13鈴木が入りトップ下に。
トップ下にいた08秋山がボランチに下がった。
攻撃的交代でしょうか。
ただ秋山が一列下がったことでチームとしての脅威は逆に少なくなったような。

前半は3-1とレッズが2点をリードして終了。

後半開始、両チームとも選手交代は無し。

05分 静学は右サイドでボールを持った08秋山が少し強引にミドルシュート。
しかしボールは大きく左にそれた。

点を奪いたい静学だが攻め手が無く選手たちも焦れている感じがする。
焦って長いボールを入れては攻撃を終わらせることも多い。

Img_3651_r

そんな静学をしり目にレッズはダメ押しの1点。
07分 中央から左サイドの11堀田へ展開。
堀田はドリブルで少し持ち運んでからアーリークロスを上げる。
ファーまで流れたボールは10矢島のもとへ。
フリーの矢島がそのままシュートを打てたが冷静に横に流すと中央で受けた12高田が落ち着いて流し込みゴール!
(レッズ4-1静岡学園)

静学に一切手を出させない流れ的にとても美しいゴールでした。
高田はトータル4得点目で得点ランキングトップ。

09分 レッズは静学GKに突っ込んだ11堀田に警告。

10分 静学は14山本に代えて16竹谷を投入。

2トップにシステムを変更してきた。
     13鈴木  11鎌田
  08秋山  16竹谷  06木村
        10渡辺
 12瀧先 03望月 04木本 22望月
         01福島

16分 レッズは静学のバックパスがなぜかゴール前の12高田の足元に。
エリア内フリーの高田だが、決定的なシュートをGKに当ててしまいゴールならず。

19分 静学は左サイドでボールを持った08秋山が細かいステップでレッズディフェンスを交わしてシュート。
しかしゴールの上に外れる。

21分 レッズは右サイドへ展開し、受けた02西山がアーリークロス。
ニアに飛び込んだ10矢島の手前でGKが先にクリア。
こぼれ球を14繁田が拾ってシュートもディフェンスに当たり枠外へ。

23分 レッズは11堀田に代えて23岸を投入。
静学は16竹谷に代えて24番を投入。
途中投入された竹谷だがベンチの期待された動きが出来なかったのか、交代となってしまった。

24分 レッズは入ったばかりの23岸に警告。

28分 レッズは12高田に代えて08片を投入。

Img_3678_r

30分 レッズは05佐藤に警告。

32分 レッズは05佐藤に代えて18西袋を投入。

Img_3669_r

37分 静学は左サイドからクロスを入れてファーサイドに22望月遥が飛び込むもレッズディフェンダーが体を合わせてシュートを打たせず。

38分 レッズは14繁田に警告、また07鈴木に代えて09長坂を投入。

Img_3675_r_2

レッズの最終的な布陣は以下のとおり。

    10矢島  23岸  09長坂
      14繁田   08片
          06野崎
  03寄特 18西袋 04小出 02西山
          01三上

Img_3679_r

45分 レッズは左サイドを駆け上がった03寄特の折り返しに08片が中央フリーで合わせるもゴール上に外れる。

そのまま試合終了。

Img_3681_r

高円宮杯U-18サッカーリーグ2011プレミアリーグ第5節
浦和レッズユース 4-1 静岡学園高校
得点者 レッズ:矢島、鈴木、繁田、高田 静学:鎌田
(2011.5.8 埼玉スタジアム第2グラウンド)

Img_3684_r

レッズの快勝ですが思ったより得点差がつきました。
両チームとも攻撃力のあるチームですが、守備力の差がそのまま点差に表れた気がしました。
静学はディフェンダーもテクニックがあってセンターバックの選手が平気で股抜きや華麗なターンを見せたりするのですが、時にはそれが仇となって高い位置でボールを失い、結果失点に繋がっていました。
もちろんレッズの前線からのプレッシャーが良かったことは言うまでもありませんが。

レッズは後半4点目を決めてからは試合を落ち着かせて上手く試合終了までやり過ごした感じでした。
もっと点を取りに行けば取れたかも知れませんが、バランスを崩して失点することが無いように今日は万全な戦い方をしたと思います。
守備ラインでパスを回しながら、時折前線まで繋いでまた戻して逆サイドへ展開する。。
最終ラインで回すだけだとすぐにプレスを受けて限界がきたり、ミスして大ピンチになるけど、前に繋いでまた戻す動きを入れることで自分たちの時間を長く作ることが出来ていました。

勝てる試合を当然のように勝つ。
当たり前のことですが、難しいことです。
やるべきことをやりきるのが大事なのでしょう。

今日のレッズは全員がそれを出来ていたと思います。

Img_3687_r

|

« 高円宮杯プレミアイースト第3節  | トップページ | 日本クラブユース選手権サッカー(U18) レッズ対ヴェルディ »

ユース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高円宮杯プレミアイースト第5節:

« 高円宮杯プレミアイースト第3節  | トップページ | 日本クラブユース選手権サッカー(U18) レッズ対ヴェルディ »