« 高円宮杯U-15 2回戦 レッズ対神戸FC  | トップページ | 高円宮杯プレミアイースト第5節 »

高円宮杯プレミアイースト第3節 

ご無沙汰してます。
我が子が生まれて半年、休日はほぼ子育てに時間を割いているため
なかなか観戦時間が取れません。
今日は今年に入ってから初めてのユース観戦です。

今年からプリンスリーグの上にプレミアリーグが発足し、年間を通じたリーグ戦
になったことで、どういう変化があるかわかりませんがプリンスよりレベルの高い
チームの集まるリーグということで観戦する方も楽しみですね。

私自身今年のユースチームは生で見たことが無かったのでどんなチームになっているのか
とても興味深く今日の試合を見ることが出来ました。

レッズユースはこれまで2戦して1勝1敗。
初戦の清水戦は4-0と快勝したものの、続く第2戦で強豪のFC東京に1-3と敗戦。
今日はこれまた強豪の東京ヴェルディユースです。

【レッズ】                   【ヴェルディ】
  10矢島  12高田  07鈴木              09高橋
     08片    14繁田          08杉本  18金子  12前田
        06野崎                  34山口  03吉野
 05佐藤 03寄特 04小出 02西山    05舘野 27畠中 02長田 17安西
        01三上                    01中村

Img_3581_r

            

Img_3594_r

前半キックオフ。

03分 ヴェルディは右サイドに流れた08杉本がドリブルで突っかけ浦和ディフェンス2人を
交わしそのままシュートまで持ち込むがボールは枠の上へ。

05分 レッズは右サイドを07鈴木が突破しグラウンダーのクロスを入れる。
ニアに10矢島が走り込んで合わせるもオフサイド。

08分 レッズは03寄特のロングフィードから14繁田がディフェンス裏に抜け出す。
しかしもう一歩のところでGKが前に出て先にキャッチ。

Img_3595_r

10分 レッズは06野崎が中央からスルーパス。
07鈴木が走り込むもこれまたGKが飛び出し先にキャッチ。

レッズは序盤ヴェルディの守備ライン裏にボールを入れて相手の高い守備ラインを揺さぶっていた。

12分 レッズは野崎のミドルで先制!(レッズ1-0ヴェルディ)
左サイドから入れた12高田がクロスがファーに流れ、07鈴木が中央に落としたボールを
野崎がダイレクトでミドルを叩きこんだ!

野崎は初戦でも清水相手にミドルを決めているけど同じようなインに掛けて狙い澄ました
ミドルシュートでした。

Img_3600_r

14分 ヴェルディは中央25mの位置から直接フリーキック。
05舘野が左足で直接狙うが枠を捉えず。

19分 ヴェルディは中盤で08杉本がドリブルで仕掛け右サイドへスルーパス。
09高橋が抜け出して受け、シュート体勢に持ち込もうとするも05佐藤がカバーしブロック。

ヴェルディはキャプテンの杉本のドリブルが効いている。
小柄ながら反転が異常に速いので、トラップ際を潰そうとしてもそれよりもワンテンポ早く
回転して前を向いてしまう。
前を向いたら一人二人は余裕で交わす能力があるので相手守備陣を十分引きつけてから
パスを出すことができる。
ヴェルディのチャンスはほとんど杉本から出来ていた。

Img_3602_r

24分 ヴェルディは08杉本に警告。12高田に対するアフタータックル。

27分 ヴェルディは右サイド奥の位置からフリーキック。
中に入れたボールにレッズ守備陣がクリアミス。
ボールがゴール前にこぼれ混戦になるがGK三上が足で蹴りだす。

32分 レッズは相手パスをカットした14繁田が右へスルーパス。
走り込んだ12高田がシュートを狙うも飛び出したGKと交錯。
こぼれ球をレッズも蹴り込もうとするが、ヴェルディディフェンダーが倒れ込みながら
体でボールを抑え込んでしまいファウルを取られ間接フリーキック。
この間接FK、横に出したボールを12高田がシュートを狙うがヴェルディディフェンダーが
ゴールライン上で体でブロックしゴールならず。

前半25分~35分あたりは1点ビハインドのヴェルディがギアを一つ上げてきたため
レッズは少し劣勢の展開でした。
しかし次第にパスの集まる杉本へのケアが効いてきたのか、ヴェルディの攻撃を
しっかり受けて、そこからカウンターというシーンも多くなってきました。

41分 レッズはカウンターからチャンス。
08片が左サイドでボールをダイレクトで右オープンスペースへ展開。
07鈴木が受けてドリブル、右スペースにはレッズの選手が3人フリー。
鈴木は中に切れ込みシュートを窺いながら横へパス。
受けた10矢島はワンタッチでシュートコースを開けてシュート。
しかしコースが甘くGKがキャッチ。

もう少し早く鈴木が逆サイドへ展開出来ていればもっとビッグチャンスになっていただろう。
惜しいシーンだった。

Img_3603_r

前半はレッズが1点をリードして終了。

後半キックオフ。
ヴェルディは17安西に代えて13山本を投入。

01分 ヴェルディは左サイドから裏へのフィードに09高橋が走り込む。
04小出が被ってしまい一瞬ピンチになりかけるも03寄特がカバーし事なきを得る。

04分 ヴェルディ03吉野に警告。

05分 ヴェルディは中盤でボールカットから18金子が持ち上がり、意表を突いたロングシュートを放つ。
GK三上は前に出ていて戻りきれず、枠を捉えていたら決まっていたであろうシュートは
僅かにゴール左にそれてゴールならず。

06分 レッズは右サイド02西山が縦にフィード。
裏に抜け出した07鈴木がマイナスの折り返しを送るとファーサイドの14繁田がフリー。
しかしシュートはGK中村の攻守で防がれてしまう。
こぼれ球を押しこむチャンスもあったのだが上手くヒット出来ずチャンスをモノに出来ない。

08分 ヴェルディは12前田がミドルを放つがGK三上がキャッチ。

10分 レッズは右サイドを抜け出した07鈴木がクロスを入れる。
ファーサイドで受けた08片がシュートかと思いきや浮き球をファーサイドへ送る。
これに14繁田が飛び込むがオフサイドの判定。
片は思い切ってシュートでも良かったんじゃないかな。

後半10分間でレッズにいくつか決定機があったものの、追加点を取ってヴェルディを
突き放すことが出来ず、この後苦しい時間帯に。

Img_3604_r

13分 レッズは杉本を止めた08片に警告。

14分 レッズは02西山に代えて23岸を投入。ポジションはそのまま右サイドバック。

西山は主に守備面で貢献していました。
ひとつ警告はもらいましたが相変わらず安定した守備を見せてくれます。

Img_3608_r

15分 ヴェルディは左サイドから08杉本がドリブルで中へ入りながら右サイドへ展開。
12前田がトラップ際で05佐藤を交わしそのままシュート。
このシュートは枠を外れますが、前田はパンチの効いたシュートを何本も放っていたので
要注意だと思っていましたがやられてしまいました。

16分 ヴェルディは09高橋に代えて25菅嶋を投入。

18分 ヴェルディが前田の一発で同点に追いつく。(レッズ1-1ヴェルディ)
中盤からドリブルで突っかける12前田。
一度はパスを狙ってレッズディフェンスに引っかかるが、こぼれ球を拾い直して今度はシュート。
これが決まって1-1の同点に。

前田のシュートは威力、コースともに文句なしでした。
その前に何度か同じようにミドルシュートを打たれていたのでレッズ守備陣はもう少し
コースを切るなどケアをしていても良かったかも知れません。

22分 ヴェルディは08杉本が左サイドからエリア内に入る。
ライン際で切り返した際に03寄特が倒してしまう(に見えた)。
あーPK与えてしまったかと思ったが、主審の判定は杉本のシミュレーションの判定。
杉本には2枚目の警告が与えられ、これで退場になってしまった。

杉本はこれに猛抗議。
ヴェルディベンチも盛り上がり、監督?も退席処分になってしまった。

確かに遠目にはPKを取っても良いように見えたかな。
ただ杉本は一枚目の警告を貰ったあとにも警告受けてもよさそうなファウルをしていたし
審判の印象も悪かったのかも知れない。

残り時間はまだ十分にある。
レッズにとっては確実に勝ち点3を取って終えたいゲームとなった。
しかしヴェルディがここから想像以上の力を発揮する。

23分 レッズは14繁田に代えて11堀田を投入。
堀田が左ウイングに入り、矢島が一列下がった。

28分 レッズは07鈴木が中央からドリブルで仕掛けそのままエリア内に。
相手ディフェンス二人に挟まれ倒されるがノーホイッスル。

この試合、これ以降はちょっとやそっとのプレーではもうPKは取ってもらうことは出来ないだろう。

30分 ヴェルディは34山口に警告。異議?

31分 レッズは07鈴木に代えて18西袋。
西袋がCBに入り小出が右SBへ。岸が一列前に出た。

交代した鈴木は抜群のスピードとドリブルで右サイドを制圧。
特に後半は度々ドリブルで深い位置へ切れ込みクロスからチャンスを量産していた。

33分 レッズは西袋がディフェンスラインからロングボールを左サイドへ通す。
受けた11堀田が中へ送り、08片が左足で狙い澄ましたシュートを放つがポスト直撃。
こぼれ球を12高田が押し込むもオフサイドの判定でノーゴール。

34分 ヴェルディはパス回しからエリア内に入り込んだところで25菅嶋が倒されるもノーホイッスル。
エリア内では何をやってもファウルは取れない雰囲気。

35分 レッズは12高田に代えて24中村を投入。
矢島がFWに上がり、中村が1.5列目に入る。

Img_3611_r

35分以降、ヴェルディの猛チャージが始まる。
一人少ないはずのヴェルディがレッズ守備陣のパス回しを追いかけまわす。
どちらが数的不利なのか分からないくらいヴェルディがパスを回すシーンもありました。
レッズはもう少し大きく展開しても良かったのだけど、不用意なパスと動きが落ちたところを
ヴェルディに突かれる展開になってしまいました。

43分 ヴェルディはレッズの守備ラインでのパス回しを引っ掛け12前田が05佐藤からボールを奪う。
奪い際にファウルを受け、右サイド絶好の位置からフリーキックを獲得。
狙うのは05舘野。
左足で壁のない方を狙った低いシュートは、何とかGK三上が反応して外へかき出す。

その後中村のドリブルなどでレッズも仕掛けるもチャンスは作れず試合終了。

Img_3612_r

高円宮杯 U-18サッカーリーグ2011プレミアリーグ第3節
浦和レッズユース 1-1 東京ヴェルディユース
得点者 レッズ:野崎 ヴェルディ:前田
(2011/4/30 埼玉スタジアム第2グラウンド)

Img_3614_r

90分通してみると両チームに勝つチャンスがあったが引き分けは妥当な結果でした。
もしヴェルディに退場者が出ていなかったら、あるいは結果はもっと厳しかったでしょうか。
今年初めて見たレッズユースですが、今年もパス回しの上手い、全体としてまとまりのある
チームになっているようです。

個人で見ていきます。
まずはディフェンスの寄特。
彼の左足は去年も見ていて知っているのですが、この日も得意の左足で正確なロングボールを
前線に送り込んでいました。
彼と後半出てきた西袋は本当にロングキックが良いですね。
ディフェンスラインから躊躇しないで正確に一つ飛ばして当てることが出来るのは
トップでも中々見れないですから。

また野崎はさすが去年からレギュラーだっただけあり、いつも落ち着いていて球捌きも見ていて安心できます。
また去年はあまり見られなかったミドルシュートが今年はレッズの新たな武器になったようです。

片は今日の試合とても良かったと思います。
彼もキックの正確性が特徴の選手ですが、今日はダイレクトで2,3本逆サイドへ正確なパスを送っていました。
常に遠くを意識している選手は個人的に好きですね。
惜しいシュートが決まっていればなお良かったのですが。

矢島はウイング→ハーフ→トップと試合の中で二度ポジションを変えていました。
スタートポジションのウイングは彼の適正からするとどうなんでしょう。
サイドでよりも中央で仕事をした方が良いような気もします。
今日は最後トップに入ったけど大分疲れていました。
チームとして彼に負う部分が大きすぎるのでしょうか。

高田はトップの位置から良く動いてボールに絡んでいました。
特別スピードがあったりドリブルが切れたりという選手ではないので
動きの質で勝負する選手ですが、今日はヴェルディのラインが高いこともあって
ゴールまでの距離が長くボックス内に入る動きで勝負する選手にとっては厳しい試合でした。

他にも繁田や岸や中村など見ていて見どころの多い試合でした。

次はまたいつ見に行けるかわからないけど、また行ったら細々とブログに綴っていきます。

Img_3618_r

Img_3619_r

|

« 高円宮杯U-15 2回戦 レッズ対神戸FC  | トップページ | 高円宮杯プレミアイースト第5節 »

ユース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高円宮杯プレミアイースト第3節 :

« 高円宮杯U-15 2回戦 レッズ対神戸FC  | トップページ | 高円宮杯プレミアイースト第5節 »