« 日本クラブユースサッカー選手権U-18 浦和 対 愛媛 | トップページ | 日本クラブユースサッカー選手権U-15 浦和 対 清水 »

日本クラブユースサッカー選手権U-15 浦和 対 ガンバ大阪門真

今年のクラ選U-15、浦和レッズジュニアユースはHグループでヴィッセル神戸に1-1のドロー、FCひがしに2-0、FCみやぎバルセロナに2-1、通算2勝1分けの勝ち点7で1位通過となりました。

そして決勝トーナメント。1回戦の相手はガンバ大阪門真です。
グループリーグは2勝1敗の勝ち点6、グループ2位で勝ち抜け。
もんま?もんしん?どう読むのだろうと思っていたらどうやら『かどま』らしい。

休みが取れてようやく日帰りで見に行くことができました。
グループリーグ中は猛暑やら雷雨やらで大変な気候の中での開催だったようですが、今日は昨日までと比べるととても涼しい気候でのゲームとなりました。

浦和の試合は第二試合で、ちなみに第一試合はグランパス対アントラーズの試合を観戦。
U-18の大会にも出ていたグランパスの北川に注目していたが、この日はアントラーズの徹底マークに合い不発。
進路が注目されている中京大中京の宮市の弟、宮市剛はプレースタイルが兄とほぼ同じだが、この日は兄ほどの輝きを見せることはできなかった。
試合は延長後半に直接フリーキックを突き刺したアントラーズがグランパスを下した。
縦に速いアントラーズとパスで組み立てるグランパス。一進一退の好ゲームでした。

そして第二試合。

【レッズスタメン】                 【G大阪門真スタメン】
         10関根                     11横貝 07守安
   18広瀬   11進  07細田             17鷲田       08下田
      13條  08須藤                    06田嶋 10東
 02森 05斉藤 04副島 03武藤         05大江 20佐藤 03竹腰 02阿部
        01関口                        01兼光

Img_3194_r Img_3201_r 

Img_3212_r

Img_3210_r

浦和は関根と進がほぼ2トップのような形。
この快速2トップをいかに生かすかがチーム出来を左右するだろう。
門真は4-4-2のスタンダードなフォーメーション。
ガンバ大阪を名乗るだけあって全体のスキルは高い。
さらにその中でも10東や11横貝などは注目に値する選手だった。

試合開始から浦和が猛チャージをかける。

01分 浦和がセットプレーから先制。
左コーナーキックを13條が入れるとニアで18広瀬がヘッドで合わせた!
(浦和1-0門真)

ファーストチャンスで得点した浦和、失点した門真。
試合序盤の流れは自然と浦和が掴む。

02分 浦和は右CKを13條が入れ、中央10関根がフリーでヘッドを合わせるも枠外。

03分 浦和は右サイドから10関根が大きめのクロスを入れる。
ファーサイドで18広瀬がダイレクトボレーで合わせるも、GK兼光が良く反応してセーブ。

04分 浦和は相手ボールを11進が奪いドリブル。
エリア内に持ち込みGKと1対1のチャンスを迎えるが、シュートはGKにぶつけてしまう。

浦和の関根、進を中心とした前線のスピードに門真の守備陣がついていけない。
次々とチャンスを作られちょっとしたパニック状態になっていた。

11分 浦和は右サイド08須藤が中へ入れる。
中央11進がダイレクトでループ気味に狙うもゴール左に外れる。

Img_3216_r

14分 浦和は相手ボールを奪って18広瀬から10関根へパスを通す。
関根はドリブルで左サイドを突破しゴール至近距離からシュート。しかしGK兼光が好セーブ。

16分 浦和は中央でボールキープした10関根から左サイドの18広瀬を走らせる。
抜け出た広瀬が中に折り返すと、11進が飛び込みスライディングで合わせるもジャストヒットせず。

17分 浦和は右サイドから10関根がディフェンス2人を交わしマイナスに折り返す。
中央08須藤がシュートを狙うもゴール上に外れる。

ここまでずっと浦和ペースだが、門真も15分すぎくらいから隙を見てはロングボールをディフェンスライン裏に入れてFWを走らせるシーンが出てきた。

20分 浦和は右サイドの07細田から前線へフィード。
10関根が追いついてディフェンダーを交わしてシュート。しかしゴールの上。

Img_3220_r

Img_3221_r

スタートから飛ばしすぎたのか、20分を過ぎて関根と進のスピードも落ちてきた。
それほど前半20分間の関根と進の前線からの追い込みは気合いが入っていた。

29分 門真はフリーキックからのこぼれ球を10東がダイレクトで狙うもゴール上。

32分 浦和は右サイドを駆け上がった03武藤がクロスを入れる。
ファーサイドから飛び込んだ18広瀬がダイレクトで合わせたシュートは惜しくもクロスバーを叩く。

34分 門真は右コーナーキックから20佐藤が中央で頭を合わせるがゴール上。

Img_3228_r 

Img_3227_r

前半押しに押した浦和だが、得点は1点どまり。
もう1点入っていれば大量点もありえたのだが、ちょっと攻め急ぎすぎて雑になってしまった気がした。

Img_3232_r

後半、浦和は07細田に代えて12中林を投入。
門真は08下田に代えて09荒木を投入。

Img_3240_r

02分 浦和は11進が左サイドから切れ込みシュート。
ディフェンスに当たりこぼれたボールを自ら拾い再度強引にシュートまで持ち込むがGKがセーブ。

03分 浦和は左サイドの18広瀬が中に入れる。
受けた11進がミドルで狙う。良いコースに飛んだシュートだったがGK兼光がファインセーブ。

04分 浦和は左CKを13條が入れ、ファーに10関根が突っ込むが惜しくもゴールならず。

09分 逆に門真は左CKから09荒木が飛び込むが僅かに合わず。

10分 門真はゴールキックが浦和ディフェンスラインの裏に抜け、追いついた11横貝がシュート。
これはゴール上に外れる。

15分 門真は17鷲田に代えて15横山を入れる。

18分 浦和は13條が粘って相手ボールを取り返し前線へフィード。
10関根が受けて切り返しから左足でシュートを狙うもゴールの上。

Img_3239_r

後半の浦和は縦に急ぎすぎ(これは前半からだが)で攻めが雑になっていた。
2トップが協力なので皆がどうしても関根と進ばかりを見てしまう。
もっと落ち着いてサイドへ回して時間を使ってもいいんじゃないかな。

27分 門真は中盤の選手から裏へロビングが通る。
10東が走り込むが、飛び出したGK関口が東より先にナイスクリア。

29分 門真は02阿部に代えて04中林を投入。

25分過ぎから浦和の脚が止まり気味になってきた。
相変わらずプレスは厳しくいっているんだけど、行ける選手とそうでない選手にバラつきが出来てしまっている。

30分 浦和は中央の13條から前線の10関根へパスが通る。
前を向いた関根はそのままシュートまで持ち込むが、惜しくもゴールの上に外れる。

31分 浦和に待望の追加点。
中央でキープした08須藤が冷静に前線にスルーパスを通す。
走り込んだ関根が飛び出したGKを寸前で交わし左足でゴールに流し込んだ!
(浦和2-0門真)

ずっと追加点が取れなくて嫌な雰囲気が流れていたけど、ようやくエースが決めてくれた。

33分 門真はGKを兼光から16藤原に交代。

34分 門真は09荒木に代えて18金井を投入。
浦和は10関根に代えて17木所を投入。

35分 浦和は決定的な3点目を決める。
左サイドでキープした18広瀬が中央の11進へ渡す。
進が右サイドにスルーパスを出すと、走り込んだ12中林が左足でシュート。
代わったばかりのGK藤原の足元を抜いてゴールネットを揺らした!
(浦和3-0門真)

中林は左利きの選手なので右サイドから中に入って左足でシュートというシーンはこの試合で何度も見せていたが、最後に結果を出すことができた。

37分 門真は左サイドから18金井がシュートを放つがGK関口の正面。

38分 門真は右サイドから07守安が強烈なミドルシュートを放つ。
GK関口は一回ファンブルするも落ち着いて捕球。

39分 浦和は13條に代えて14都築を投入。

40分 門真は15横山が左サイドから右隅へ狙い澄ましたシュートを放つ。
しかしGK関口が横っ跳びでこれを弾きだした。ナイスセーブ!

40分 浦和は中盤の競り合いを制した08須藤が左45度から強烈なシュート。
角度的に決まったかに見えたが、、僅かにポストの右に外れた。

試合はそのまま3-0で終了。

Img_3249_r

日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 ラウンド16
浦和レッズジュニアユース 3 - 0 ガンバ大阪門真ジュニアユース
得点者 : 広瀬、関根、中林
(2010.8.19 14:00 J-ヴィレッジ ピッチ5)

Img_3251_r

チーム力としては差がありましたので、3-0という結果は妥当なものでした。
しかし試合としては1-0の時間が長く、ズルズル行ってそのうち追いつかれるんじゃないか、そういう空気感がある試合でした。
選手としてはやはり関根と進の2トップは出色。
彼らはどんなに厳しいボールでも後ろから追いかけて自分のモノにしてしまいます。
関根なんかは見ていてちょっとエメルソンに見えた。。

しかしそんな2トップにチームとして頼りすぎる面があるのか、常に縦パスばかり入れるのでちょっと単調になりがちでした。
もっとディフェンスラインで回しながら時間を作っても良いのかな、と。

ガンバ大阪門真は全体のスキルは高いチームでしたが、浦和のハイテンションサッカーに付いていけず、攻撃面ではあまり意図ある形を多く作ることは出来ませんでした。

ベスト8の対戦相手は横浜Fマリノスジュニアユースとなりました。
今日は塩釜FC相手に粘り強く逆転勝ちしたようです。
今日ほど楽な試合にはならないかも知れないし、夏場の連戦で体力的にも厳しい試合になると思いますが、あと3つ勝って全国の頂点を目指してほしいですね。

Img_3256_r

|

« 日本クラブユースサッカー選手権U-18 浦和 対 愛媛 | トップページ | 日本クラブユースサッカー選手権U-15 浦和 対 清水 »

ジュニアユース」カテゴリの記事

コメント

詳細な試合レポートありがとうございます。

投稿: kenmamimami | 2010/08/21 00:27

kenmamimamiさんコメント有難うございます。
レッズジュニアユースは準決勝まで勝ち進み全国3位となることが出来ました。
拙い観戦記ですが、これからも読んでいただけると幸いです。

投稿: GoN(管理者) | 2010/08/24 00:17

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本クラブユースサッカー選手権U-15 浦和 対 ガンバ大阪門真:

« 日本クラブユースサッカー選手権U-18 浦和 対 愛媛 | トップページ | 日本クラブユースサッカー選手権U-15 浦和 対 清水 »