« プリンスリーグ関東2010 第5節 レッズユース 対 三菱養和サッカークラブ | トップページ | JCY関東大会 レッズ対横川武蔵野 »

プリンスリーグ関東2010 第7節 レッズユース 対 市立船橋高校

プリンス第7節。レッズユースの対戦相手は市立船橋高校。
レッズユースは3連勝のあとの3連敗でここまで第5位。
3連敗中だが市船に勝ってここから再スタートを切りたい。

実は前節のFC東京戦も見に行こうと思っていました。
ただユースの試合後に急いで帰って家でトップの試合をテレビ観戦したくて、いつもは車で行くのにこの日は電車で行こうとしたんです。
南越谷まで行って武蔵野線に乗って新小平に行こうとしたら・・・
武蔵野線が止まってました。
戻って車で行っても間に合わないので仕方なく家に引き返したという次第です。

さらにはこのブログも実は昨日一度打ったものが消えてしまい、、
一試合レポート打つのに2時間くらいかかるから、もう一度打つ気力がなくて。
とりあえず今日打ち直しています。
やっぱり下書き保存しとかないといかんね。

そんなこんなで先発です。

【レッズスタメン】                【市立船橋スタメン】

 07矢島倫  11鈴木大  10磯部             24岩渕   16和泉   
 
    14矢島慎    05藤野           09石原            06高橋

         15野崎                     28君塚   21今瀬

02西山  12皆川  04広瀬  08若井    13河崎  05平尾  04山野辺 03山中

         16小笠原                       17積田

市船は188センチの岩渕を筆頭に今瀬、平尾など大型選手が揃っている。
浦和は守備の要である03畑本が警告累積で出場停止。
代わりに12皆川がCBに入り、02西山が左SBに起用された。

試合は序盤から動きの多い展開となった。

まず開始1分で市船のCKが続き、高さの無い浦和は市船の高さを生かした攻撃の前に跳ね返すのが精いっぱい。

02分 市船は左サイドから09石原がドリブル突破。
抜群のスピードで08若井を振り切りエリア内に切れ込むとそのままシュート。
GK小笠原が何とか触れてCKに逃れる。

最初から攻め込まれたが、浦和がすぐ反撃に出る。

03分 浦和は中盤から守備ライン裏にパスが通る。
抜け出た14矢島慎が受けて中盤に落とす。
これを右サイドで受けた11鈴木大が中に切れ込みながらシュートチャンスをうかがう。
しかしコースが無いと判断しさらに後ろへ戻すと、走り込んだ05藤野がダイレクトでシュートを放つ。
これがループ気味にGK積田の頭上を越しゴールに吸い込まれた!
(浦和1-0市立船橋

浦和はファーストシュートが得点につながった。

18分 市船は右サイドで06高橋がキープしながらタメを作りながら守備ライン裏にスルーパス。
これに左サイドから09石原が快速を生かして抜け出す。
完全に浦和守備の裏を突いたシーンだったが、僅かにボールが長くGK小笠原が飛び出し一歩先にセーブ。

22分 市船は浦和のパスを奪ってカウンター。
左サイドを09石原がドリブルで持ち込みクロスを送る。
中央スルーしてファーから06高橋がダイレクトで狙うも枠を捉えられず。

市船は左サイドハーフの09石原の快速ぶりが目立つ。
浦和守備陣は後追いになるとちょっと追いつけない感じ。
また右サイドの06高橋はタメが作れて精度の高い左足を持つ選手。
フリーにさせてはいけない選手だ。

28分 浦和は右サイドから繋いで14矢島慎が前線の11鈴木大に送る。
鈴木大は10磯部とクロスしボールを離す。
磯部は右サイドから中に入りシュートを狙うがGKが横っ跳びでセーブ。

38分 浦和は右サイドからワンタッチのパス繋ぎで相手守備を崩す。
最後は08若井と05藤野のワンツーから若井が相手ライン裏に抜け出しエリア内で倒される。
しかし判定はノーファウル。PK獲得ならず。

41分 浦和は中盤で08若井が出足よく相手ボールを奪いそのまま持ち上がる。
カウンターからパスの出しどころを探しながら進むも、相手がズルズル下がるのを見て思い切ってシュートを放つ。
コースはGK積田の正面だったが、これをファンブルしてしまいそのままゴールイン。
(浦和2-0市立浦和)

若井は三菱養和戦でもミドルを決めているが、実はブレ球を蹴っているのだろうか。

ミス気味の失点で少し気落ちした市船をしり目に浦和は猛攻を仕掛ける。

43分 浦和は左サイドで02西山が前の07矢島倫に繋ぐ。
矢島倫は近くの14矢島慎を使ってワンツーで左サイドを崩しドリブルでエリア内に持ち込む。
そこからマイナスのクロスを送るとファーサイドに飛び込んだ10磯部が豪快に蹴り込んだ!
(浦和3-0市立船橋)

前半は浦和が効果的な攻撃で加点し3-0とリードして終了した。

後半開始から市船は13河崎に代えて14松野を投入。
松野は右サイドハーフに入り、06高橋が左サイドバックになった。

04分 市船は右奥からの直接FK。
06高橋が左足で入れたボールに04山野辺が飛び込み頭で合わせる。
ゴール枠を捉えたが、GK小笠原が体を目いっぱい伸ばしてライン上で何とかフィスティング。

11分 市船は右サイドのFK。21今瀬が直接狙うも壁に当たる。
こぼれ球を今瀬が再度狙うもゴールの上。

後半は市船ペース。
3点リードの浦和は少し引き気味に守備ブロックを作って隙を見せない少し守備的な入り方。
それでもひとたびボールを奪えば自在のパス回しで相手チェックを交わし、上手く時間を使っていく。

19分 市船は16和泉に代えて18菅野を投入。

20分 市船は左サイドを24岩渕が突破しマイナスのクロスを入れる。
ファーから18菅野が飛び込み超決定機。
しかし菅野はこのシュートをゴール左に外してしまう。

21分 市船は24岩渕に代えて10水谷を投入。

23分 市船はGK小笠原の処理するボールにプレスを掛けてボールを引っ掛ける。
こぼれ球を18菅野がフリーでGKのいないゴールに蹴り込む。
そのままゴールインかと思われたが、カバーに戻った浦和ディフェンスがゴール前でブロック。

25分 市船は中盤からワンツーで14松野が抜け出しシュート。
しかしゴールの枠を捉えられず。

27分 市船10水谷に警告。12皆川に対するアフタータックル。

29分 市船は10水谷が中央から左サイドへパス。
09石原が走り込んでシュートを放つもゴール右に外れる。

36分 市船はアフタータックルで10水谷に2枚目の警告。水谷はこれで退場。
水谷が入った時間帯、彼を起点に市船の攻撃が活性化されていただけに市船にとっては致命的だった。
交代出場時から大分気合いが入っていたようなので、どうやら気合いが裏目に出てしまったようだ。

37分 浦和は02西山に代えて25新井を投入。新井は右サイドバックに、若井が左へ回った。

39分 市船は14松野に代えて29??を投入。

40分 浦和は05藤野に代えて26中村駿介を投入。
中村は浦和期待の1年生フォワード。159センチと小さな体に最高級のテクニックとクイックネスを積んでいる。

42分 浦和はカウンターから左サイドを10磯部が掛け上がりクロスを入れる。
一旦はディフェンスに弾かれるが、こぼれ球を14矢島慎がヘディングシュート。
これがGK積田の股下を抜いてゴールイン!
(浦和4-0市立浦和)

45分 浦和は11鈴木大に代えて09高木を投入。

そのまま試合終了、浦和が4-0で快勝した。

プリンスリーグ関東2010 1部第7節 
浦和レッズユース 4 - 0 市立船橋高校
 得点者 : 藤野、若井、磯部、矢島慎 
(2010年5月9日 11:00キックオフ 埼玉スタジアム第4グラウンド)

連敗がストップしました。
市船も決して弱いチームでなく、点差ほどの差はなかったように思いますが
レッズユース的には内容的にもメリハリが効いた良い試合だったと思います。

市船は大型選手やスピードのある選手、パスの上手い選手などどの選手を取ってみても一芸に秀でた特徴のある選手が揃っている。
しかしチームとしてはパスミスが多く、折角チャンスになっても肝心なパスが合わないことが多い。
また最後のシュート精度も少し低い気がした。
ただポテンシャルは間違いなく高いチームで、市船と流経大柏の千葉県での争いも面白そうだ。

浦和は今日は前線のパスワークが良かった。
相手のプレスが少し弱いのもあるが、細かいパスが面白いように繋がりチャンスになっていた。
また畑本の代わりにセンターバックに入った皆川がロングフィードで特徴を出していた。
さらに一年生の中村駿介も見ることができた。
短い時間ながら彼のアジリティ、アイデアなどが垣間見られたので彼も特徴を出せたのではないだろうか。

次節の湘南ベルマーレ戦は自身の草サッカーと被って見られません。
(雨が降って草サッカーが中止になったら別ですが。。)

|

« プリンスリーグ関東2010 第5節 レッズユース 対 三菱養和サッカークラブ | トップページ | JCY関東大会 レッズ対横川武蔵野 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

ユース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プリンスリーグ関東2010 第7節 レッズユース 対 市立船橋高校:

« プリンスリーグ関東2010 第5節 レッズユース 対 三菱養和サッカークラブ | トップページ | JCY関東大会 レッズ対横川武蔵野 »