« プリンスリーグ第1節(写真) | トップページ | プリンスリーグ関東2010 第3節 レッズユース 対 桐光学園高校 »

プリンスリーグ関東2010 第2節 レッズユース 対 東京ヴェルディユース

今日はプリンスリーグ第2節、東京ヴェルディユース戦を見によみうりランドへ。

トップチームの試合が16時からあってどちらを優先するか迷ったがユースを見ることにした。

トップとユースが重なった場合はテレビ録画できればユースを優先するようにしている。

今はナビスコでない限りテレビ放送するから被ればほとんどユースということになるが。

よみうりランドは何面かコートがあるが、今日はネットで囲われたサブグラウンド。

なぜ(いつもやってる)よみうりランド側のコートを使わなかったんだろう。

おかげで写真が取りにくい。ビデオ録画している人たちも大変そうだった。

【レッズスタメン】                【東京ヴェルディスタメン】

 07矢島倫  11鈴木大  10磯部               09相馬
 
     05藤野  14矢島慎            17杉本   30前田   11南部

         15野崎                     06渋谷  29楠美

12皆川  04広瀬  03畑山  08若井    19舘野  28モービー  04木鈴 05牧野

         16小笠原                      01菜入

ともに第1節で勝利したチーム。
浦和は前節と同じメンバーで臨んだが、ヴェルディは1年生を複数使っているようだ。
浦和は岡本拓也、ヴェルディは小林祐希と高木善朗がトップ帯同している。
ヴェルディはさらに怪我人がいるのか選手構成に苦労がうかがえる。

試合はヴェルディボールでキックオフ。

05分 浦和はハーフウェー付近からのFK。
12皆川が蹴りこんだボールはディフェンスが弾くが、こぼれを拾った07矢島倫がシュート。
GKの頭上を越えて枠を捉えるが、クロスバーに弾かれてしまう。

14分 ヴェルディは右サイドから11南部が浦和12皆川を交わしてシュート。
危険な位置だったがディフェンスが体を張ってブロック。

17分 浦和は右サイドから攻撃。15野崎が前線の07矢島倫を走らせる。
矢島倫のクロスにファーから14矢島慎が飛び込み、こぼれたところを10磯部が押し込む。
至近距離だったがGK菜入が体を投げ出し決めさせない。

前半の序盤はやや浦和ペース。
ヴェルディはエンジンがかかるのが遅いのか中盤のパスミスでリズムが出ない。
そんなペースの中から先制点が生まれた。

27分 浦和のカウンター。
左サイドをドリブルで持ち運んだ07矢島倫から11鈴木大へ短い縦パスが通る。
ゴールに背を向けた状態で相手に体を寄せられるが、上手く反転し前を向くと前にスペースが空いている。
ペナルティエリア左角から左足で放ったミドルシュートはGK菜入の頭上を越しゴール右サイドネットに吸い込まれた!
(浦和1-0ヴェルディ)

29分 浦和は03畑本に警告。09相馬に対するチャージ。

32分 ヴェルディのCK。ファーサイドから28モービーがヘッドで合わせるも枠外。

33分 浦和は左サイドから縦パスが入り、07矢島倫が抜け出す。
そのままドリブルで04木鈴を引きずりながらエリア内に侵入。
シュートに持ち込むも、GK菜入が前に出てコースを消しナイスブロック。

浦和が勢いのまま追加点を奪う。

35分 浦和は右サイドで07矢島倫がキープ。
中の05藤野に預けて自身は斜めに入る動きでエリア内に侵入。
ワンツーの形で藤野から走りこんだ矢島倫にパスが通る。
ディフェンスライン裏を獲った矢島倫は冷静にGK菜入の右を抜くシュートを突き刺した。
(浦和2-0ヴェルディ)

アタッキングサードの両サイドから中→縦のワンツーはプロでよく見る典型的な仕掛けだ。
第1節の2点目もそうだが、この位置からワンツーが決まると得点の確率がグッと高くなる。

41分 浦和は12皆川に警告。遅れてタックルに入ってしまった。

2点を失ったヴェルディは前半中に1点を返そうとその後攻勢に転じ、FKやCKなどからチャンスを作るも、決定的なシーンを生み出すには至らなかった。

44分 浦和は07矢島倫に警告。ヴェルディ17杉本のドリブルを体で止めた。

前半はそのまま2対0で終了。
浦和は最高の形で2点を奪うことができた。
しかし警告が3枚出るなど守備面では後半に向けて不安な面も。
特に皆川の左サイドを破られることが多く、後半は警告を貰わないよう守備に気を使うシーンが増えるだろう。

ヴェルディは前半ややチグハグだったか。
守備陣は高さはあるものの人を離すところがあって、そこを浦和に突かれて2失点した。
攻撃では右サイドの11南部、左サイド17杉本の突破力を生かしたサイド攻撃をメインに攻めていたが、やや中が迫力不足。

後半開始。
ヴェルディは11南部、05牧野に代えて18南、24長田を投入。
右サイドを2枚代えることでテコ入れしてきた。

01分 浦和は中央スルーパスから11鈴木大が抜け出しエリア内に侵入。
飛び出してきたGK菜入を交わし無人のゴールにシュート。
しかしボールはクロスバー直撃でゴールならず。
試合を決める1点にはならなかった。

02分 ヴェルディは09相馬が中央で起点を作り、落としたところを30前田がシュート。
ゴール右に外れる。

05分 浦和は05藤野に警告。異議だろうか?

06分 ヴェルディは左サイド35mのFK。
これを17杉本が直接狙うもゴール左に外れた。

08分 ヴェルディは細かいパスが繋がりだし中盤から押し込む展開。
09相馬が落としたところを06渋谷が巻いたシュートはゴール左に外れた。危ない。

09分 ヴェルディ04木鈴に警告。足裏タックル。

10分 浦和08若井に警告。17杉本の突破に対するチャージで。

ハーフタイムで激を入れられたのか、後半開始からヴェルディの動きが良い。
パス&ムーブにヴェルディらしいフェイクの動きが加わり浦和守備陣をかく乱し始めた。

14分 ヴェルディは縦パス1本に09相馬が抜け出す。
やや右サイドに流れたところから中に折り返すと、走りこんだ19舘野が詰める。
超決定機だったが、GK小笠原が上手いポジション取りからコースを消しスーパーブロック!

15分 ヴェルディはCKから09相馬がヘッドを合わせるもゴールの上。

この時間帯は完全にヴェルディペース。
浦和もカウンターから応戦するも、息のつけない展開が続く。

19分 浦和は左サイドで11鈴木大がキープ。
中に折り返し15野崎がダイレクトでミドルを放つもGKが正面でキャッチ。

21分 浦和は12皆川に代えて13片を投入。
警告を一枚貰っていることを警戒したか。

24分 浦和は17杉本の斜めの動きにたまらず後ろから倒してしまった08若井に警告。
若井は2枚目の警告で退場処分となってしまった。
皆川とともに若井も代えておくべきだったが、守備ラインで2枚同時交代は難しいか。
浦和は05藤野を右サイドバックにして急場をしのぐ。

25分 ヴェルディは中央25mのFKを09相馬が直接狙うもGKがキャッチ。

27分 浦和は05藤野に代えて02西山を投入。そのまま右サイドバックへ。

浦和の布陣                  ヴェルディの布陣
      11                          09
    07   10                    17  18  13
     14 15                       06  29
  13 04  03 02                  27 28 04 24
      16                          01

浦和は我慢の時間が続く。
布陣を4-4-1にし守備ブロックを厚くしてボールを奪ったら両サイドの磯部と矢島倫のドリブルで時間を使う作戦だ。

30分 ヴェルディ28モービーに警告。異議のようだ。

34分 浦和13片に警告。ヴェルディ右サイドの突破を止め切れなかった。

37分 ヴェルディはFKから早いリスタート。
右サイドに浮き球を送ると、フリーで待ち構えていた04木鈴がダイレクトで狙う。
ゴール前をシュートが横切りわずかに左に外れた。

39分 浦和は右サイドで11鈴木大がキープ。
中央に落としたところを10磯部がシュートを放つもGKが正面でキャッチ。

41分 ヴェルディは右サイドに出た06渋谷にパスが通る。
渋谷の高速クロスにファーサイドから09相馬が飛び込むも触ることができない。

ヴェルディは04木鈴を前線に上げてパワープレー体制に入る。

44分 浦和は11鈴木大に代えて09高木を投入。

45分 ヴェルディは右サイドから09相馬がシュート、GK小笠原が横っ跳びで弾く。
こぼれ球を18南が拾い切り返しからシュートを狙う。
ゴール左スミを突いたシュートだが、カバーに入った浦和ディフェンスがライン上でクリア。

49分 ヴェルディは中央からシュート性のボールがディフェンスに当たりゴール前の04木鈴に渡る。
これを木鈴が落ち着いて流し込んでヴェルディが1点を返した。
(浦和2-1ヴェルディ)

時間はほぼ無い状態なので追いつかれる心配はなかったが、それでも1失点は気持ちのよいものではない。
そんな気持ちを汲み取ったわけではないだろうが、矢島倫が試合を締める点を決めてくれた。

51分 浦和はカウンターから07矢島倫がドリブルで持ち込む。
ヴェルディ守備陣を次々と交わしエリア内に入ると、GK菜入に倒されPK獲得。
これを矢島倫自身が決めて3-1とダメを押した!
(浦和3-1ヴェルディ)

PKを決めた瞬間に試合終了のホイッスル。
後半の厳しい時間を耐えた浦和がヴェルディを3-1で下し、開幕2連勝を飾った!

プリンスリーグ関東2010 1部第2節 
浦和レッズユース 3 - 1 東京ヴェルディユース
 得点者 : 鈴木大、矢島倫2
(2010年4月18日 13:30キックオフ ヴェルディグラウンド)

試合は前半と後半でまったく異なる展開になりました。
今日のレフェリーはわかりやすいファウル(掴んだり、足裏見せたり、遅れて倒したり)すると注意なしで簡単にカードを出す人でした。
前半から結構出す人だなと思っていたけど後半やはり退場者を出すことになり、試合としは厳しいものになってしまった。
とはいえ、一人少ないことで浦和としてはやることがはっきりしたといえるかも知れません。
見るほうにとっては11対11でやったほうが見どころが多くて楽しいのだけど。

今日は矢島倫太郎が特に目立っていた。
前線でキープし味方が上がる時間を作り、得意のドリブルで相手を翻弄し、最後は自身の仕掛けでダメ押し点を取るなどこの試合のMVPは彼ではないだろうか。

来週は埼玉スタジアムで桐光学園と対戦します。
連戦ですがこの勢いをもって3連勝と行きたいところですね。

今日はトップの試合を諦めて見に行った甲斐がありました。

|

« プリンスリーグ第1節(写真) | トップページ | プリンスリーグ関東2010 第3節 レッズユース 対 桐光学園高校 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

ユース」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してます。
レッズ強いですね。
ヴェルディの舘野が左SBとは驚きました。

投稿: 党首 | 2010/04/23 18:40

党首さんご無沙汰してます。
レッズは今日も勝って3連勝しちゃいました。
次節のマリノスユース戦は前半戦のキーポイントになりそうです。

投稿: GoN(管理者) | 2010/04/25 23:31

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プリンスリーグ関東2010 第2節 レッズユース 対 東京ヴェルディユース:

« プリンスリーグ第1節(写真) | トップページ | プリンスリーグ関東2010 第3節 レッズユース 対 桐光学園高校 »