« 2009/12/20 | トップページ | 2010/04/12 »

プリンスリーグ関東2010 第1節 レッズユース 対 流経大柏高

ずいぶんご無沙汰してました。

今日からプリンスリーグ開幕です。

レッズは去年1部7位で残留を果たし、今年も1部リーグに参戦。

今年は5位までに入ると来年から始まる全国リーグへの参加権利が得られるみたいなので、もちろん優勝を目指してほしいのだけど
当面5位以内に入ることを考えながらの戦いになるのでしょうか。

第1節は当初NACK5スタジアムで開催されるはずでしたが、会場確保に問題があり急遽東洋大学朝霞グラウンドに変更になったようです。

NACK5スタジアムと違い、客席が無いしネット越しになるしで観戦環境としてはあまり良くありません。
しかしグラウンドはキレイな芝が生え揃っていて、選手たちのプレーには良い環境のようでした。

第一試合は2部の試合で大宮アルディージャユース対前橋育英高校が対戦。

どちらも2部の中では一つ抜けた力を持った優勝候補同士。
試合は前半シンプルに前に蹴ってくる大宮の攻撃に不安定なところを見せた前橋育英の守備陣。快速FWの11番中村佑輔が左サイド角度の無い位置から逆サイドポストに当てるシュートを決めて先制。

その後もオフェンシブハーフとサイドバックの連動したサイドの崩しから両サイドを崩した大宮がチャンスを作るも追加点は奪えず。

前橋育英もチャンスは作るものの単発。
U17代表の小島も今ひとつチームにフィットしていない。
散らしに専念してるから怖さが無かった。

前橋育英の力はこんなモノじゃないだろうと見ていたが、後半になってエンジンがかかってきた。

前への圧力が強くなり次第に大宮陣内でのプレーが増えてきて、11分、左サイドから長身FW10番小牟田洋佑が右足で放ったシュートがゴール左ポストを叩いてゴール。同点に追いついた。

大宮は前半飛ばしすぎたのか、後半足が止まってしまった。
中盤でマークが掴めなくなり、前橋育英にパスを良いように回されてしまうシーンが多くなった。

その後も前橋育英にチャンスが訪れるが、大宮も守備陣が最後のところで体を張ってシュートを打たせない。大宮は途中からFWの9番清水道浩をボランチに下げて中盤を修正し、このまま1-1の同点でタイムアップ。両チームとも納得はできないものの、最低限の結果は得られたといったところだろうか。

さて第2試合。レッズユースの相手は流通経済大学柏高校だ。

続きを読む "プリンスリーグ関東2010 第1節 レッズユース 対 流経大柏高"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009/12/20 | トップページ | 2010/04/12 »