« 2009/11/15 | トップページ | 2010/04/11 »

第21回U-15高円宮杯 浦和対京都

昨日に引き続き今日も仙台にいます。

高円宮杯グループ第2戦は京都サンガが相手。
京都は初日にアンフィニMAKI.FCに0-3で完敗。
浦和もベガルタ仙台を押し込むものの点が奪えず引き分け。
両チームともどうしても勝ち点3が欲しい一戦となった。

その前に第一試合。
ベガルタ仙台対アンフィニMAKI.FCの対戦。

昨日降っていた雪も上がり、除雪作業のおかげで多少滑るもののピッチコンディションは大分改善されていた。

ベガルタ仙台                 アンフィニMAKI
     09内海 13阿部                   43吉田 27長屋
   11小林      08道渕            16濱下        22谷津                    
     06佐藤文 10青沼                 10蛭田 42佐々木
 05久光 03藤澤 04佐藤久 07菊池        48菅井 24笠原 41近藤 08原田
        01堀田                        01山本

試合は終始仙台ペース。
14分 仙台は楔が13阿部に入る。
入れ替わりで裏に抜けた09内海にパスが通る。
内海はエリア内右45度からシュートをゴール左サイドネットに突き刺した。
(仙台1-0アンフィニ)

33分 仙台はアンフィニディフェンスラインからボールを奪った09内海が左サイドからドリブルで持ち込みシュートをニアに決めた。
(仙台2-0アンフィニ)

後半05分 仙台は左サイドからのクロスを09内海が落とす。
これを10青沼が落ち着いてゴール左に蹴り込んだ。
(仙台3-0アンフィニ)

21分 仙台は左サイドからクロスを入れると、途中交代で入った19天引がヘッドで決めた。(仙台4-0アンフィニ)

終始中盤を制した仙台が、効果的に加点し4-0でアンフィニに勝利した。
中盤の構成力に大きく差があって、仙台の10青沼や11小林が効果的なパスでチャンスを生み出したのに対し、アンフィニはボランチからの配球が上手くいかず、単発でのカウンターでしかチャンスはなかった。

これで仙台が勝ち点4、アンフィニが勝ち点3となった。

続きを読む "第21回U-15高円宮杯 浦和対京都"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第21回U-15高円宮杯 浦和対仙台

仙台へ来ています。
(クラブワールドカップ決勝をみながら打ってます)

雪が降っています。寒い、寒すぎる。

U-15高円宮杯全国大会は毎年全国各地の地方都市で試合が開催されます。
名古屋であったり、四国であったり、東北であったり。
なかなか見に行くほうも大変です。

今年の浦和のグループリーグは仙台から電車で20分ほどの利府という場所にある
宮城県サッカー場で行われます。
利府駅からはタクシーで10分弱、歩いて30分くらいかな。
近くに2002W杯が行われた宮城スタジアムがあり、タクシーに乗るとき行き先をきちっと伝えないと間違って宮城スタジアムに連れて行かれることも。
ここはグラウンドがA、B二つあり、二つのグラウンドの中央にスタンドがあるタイプ。
水戸ツインフィールドみたいな感じだけど、あそこよりもっとスタンドがしっかりしている。
水戸は少し振り向けば前後両方の試合が見られるけど、ここは中央が廊下で仕切られてるのでそうもいかないのはちょっと残念だ。
Aの方がBより屋根がしっかりしていて、その点では雪中観戦する身としては助かったのだが。

今日は第一試合で京都サンガ対アンフィニMAKI.FC、第二試合で浦和レッズ対ベガルタ仙台が行われます。

会場に着いたときは雪が本降りでピッチは白銀の世界。
普通はピッチが緑で、ラインが白なわけだけど、今日はピッチが白でラインの部分だけ雪かきされて緑という状態。
ボールは雪で紛れないようにオレンジのカラーボールを使用。
ピッチ状態が試合に影響するのはどうやら不可避のようだ。

第一試合はさらっと。

京都サンガ                 アンフィニMAKI
        15森口                        43吉田
   13植田    08吉川                16濱下     22谷津
     18清水 20樋口                     27長屋
       09上田侑                    10蛭田 42佐々木
 03高林 19松川 11天田 04西浦         48菅井 24笠原 41近藤 08原田
        21上田智                       01山本

試合は両チームとも雪の上での戦いを意識してセーフティ重視。
京都は両サイドに配置した選手にボールを回し、クロスからシュートを狙う。
対するアンフィニはディフェンスラインからロングボールで京都守備陣の裏を突く。

15分過ぎから京都ペースになりシュートチャンスを量産するも、アンフィニ守備陣の体を張った守りにゴールを割ることができない。
アンフィニの前半のチャンスは1回。
裏に抜けた43吉田が決定的なシュートを放つが京都GKが好セーブ。
前半は両チーム無得点で折り返し。

後半。
06分 アンフィニが先制する。
左サイドから48菅井がアーリークロス、これがエリア内中央の43吉田に通る。
シュートはGKに弾かれるが、こぼれ球を22谷津が押し込んだ。

15分 京都は13植田がポスト直撃のシュートを放つがゴールならず。

26分 逆にアンフィニはロングボールから43吉田が抜け出て右サイドからゴール。

36分 さらに43吉田がカウンターから抜け出し、ディフェンスを交わしゴール。勝負あり。

このまま3-0で試合終了。
夏のクラ選準優勝の京都サンガをアンフィニMAKIが下す波乱となった。
京都はアンフィニの執拗な裏狙いにセンターバックが少しバタついてしまった。
攻撃もGKの攻守連発があったとはいえアンフィニの固い守備を最後まで崩せず。
北海道代表のアンフィニMAIKI.FC、さすがに雪の戦いを熟知していた。
選手では二得点の43吉田がいい選手だった。
身長もあってキープ力があるし、前を向けばドリブルで仕掛けられる。
周りも生かせるしゴールも奪える、オールラウンドなフォワードだ。

さて第二試合。
お昼になると雪が止んでピッチもだいぶ芝が見えてきた。
浦和関係者は第二試合でラッキーだと言っていたけど。。。
アシカンがスタンドにやってきた。どうやら怪我らしい。

続きを読む "第21回U-15高円宮杯 浦和対仙台"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009/11/15 | トップページ | 2010/04/11 »