« 高円宮杯第21回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会 関東大会 1回戦 | トップページ | 第21回U-15高円宮杯 浦和対仙台 »

高円宮杯第21回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会 関東大会 代表決定戦

今日はユースがJユースカップを川崎で、ジュニアユースが前橋で高円宮杯代表決定戦が、そして高校サッカーの県決勝がサイスタであり、どれを見に行こうか迷いました。

結局勝てば全国が決まるジュニアユースを見に前橋へ行くことにしました。

今日の対戦相手は県内のライバル、クマガヤSCです。
Jリーグで言えばレッズは大宮アルディージャが相手だとダービーとして負けたくない意識が強いですが、ことジュニアユースになるとアルディージャよりクマガヤSCの方がいつも県トップを争うライバルチームとして意識してしまうのは自分だけでしょうか。

クマガヤSCとは直近では全日本ユースの関東9位決定トーナメントで対戦しており、その時はレッズが勝っています。レッズはそのまま9位トーナメントを勝ち抜き、全国へコマを進めました。全国を賭けたトーナメントの闘いとしてはその時と同じ感じでしょうか。

Img_2432_r

【レッズスタメン】              【クマガヤSCスタメン】

    10中村 09アシカン                 09 07
       11佐藤                  14       10
  06金野     07繁田                08  17
       24西袋        
 13水落 04西澤 03斉藤 05新井        05  04  16  03
       16吉野                      01

前橋はいつも風が強いですね。
今日は舞っている感じでどちらが風上ということは無いけれど、この風をいかに味方につけるかが試合を優位に進めるポイントになるかな。

Img_2434_r

さて試合開始。

01分 クマガヤは左サイドからロングFK。一旦こぼれたところに09番が突っ込む。
しかしGK吉野が飛び出し先にセーブ。

Img_2445_r

クマガヤSCは全体的にフィジカルが強そう。
2トップの07と09はともに180センチ近くあるFWで、彼らにボールを当ててゴリゴリ前へ突っ込んでいく。特に07番は縦だけでなく横幅もあり、中学生には見えない。。
またセンターバックの04番もロボ池田学並みのフィジカルで浦和の誇るハイタワー、アシカンに空中戦で互角の勝負を挑む。

Img_2435_r

12分 クマガヤは右サイドを10番が突破しクロスを送る。
ボールはファーに流れ、浦和ディフェンス陣が目測を誤り14番がフリー。
シュートに持ち込もうとするが、05新井がカバーに入りシュートを打たせない。

13分 クマガヤはCKから中央に大型FW07番が飛び込む。
ヘッドを合わせるも枠の外。

16分 さらにクマガヤは右CKからこれまた大型04番が頭で合わせる。
これもわずかにゴールの枠を外れた。危ない。

Img_2436_r

20分まではボールポゼッション的には互角の展開。
しかし浦和がチャンスまで至らないのとは逆にクマガヤはシュートで終わっている。

22分 クマガヤはロングボールを前線で収めた09番がそのままミドルシュート。
しかしゴールの上に外れた。

30分 浦和がワンチャンスをモノにした!(浦和1-0クマガヤ)
左サイド裏にロングフィードが通り10中村がキープする。
独特のフェイントからタメを作り中へクロス。
これに中央から09アシカンがヘッドを合わせゴール右に流し込んだ!

Img_2437_r

縦のハイボールには強いクマガヤのセンターバックだったが、横からのクロスにアシカンを捕らえきれなかった。

34分 浦和はクリアボールがクマガヤディフェンス裏に流れたところを09アシカンが追い付き、出てきたGKを交わして角度の無いところからシュートを放つ。
決まったかと思われたが惜しくも左サイドネット。

前半は浦和が1点をリードして終了。

後半開始。

クマガヤは17番に代えて11番を投入。

Img_2438_r

03分 浦和は良い時間帯に追加点をゲット(浦和2-0クマガヤ)
左サイドで組み立てる浦和。
10中村からの落しを受けた11佐藤が左サイドからループシュートを狙う。
これが風で流されクロスバーに当たり、跳ね返りが09アシカンの前に。
アシカンはこれを落ち着いて押し込んだ!

06分 クマガヤは08番に代えて13番を投入。

10分 クマガヤは左サイドからのクロスの跳ね返りを03番がミドルシュート。
しかしGK吉野がセービング。

Img_2439_r

11分 クマガヤは浦和ディフェンス陣のバックパスをかっさらいチャンス。
左サイドから14番がクロスを送ると中央で09番が受け落とす。
これに10番が走り込み決定的なシュート。
しかしボールはゴールの角に当たりゴールならず。

なるべく早い時間に1点を返したいクマガヤは前線に人数を掛けやや強引な仕掛けからペースを奪っていく。

16分 クマガヤは左サイドから14番が右前スペースにスルーパス。
これに10番が抜け出しシュートチャンスだが、GK吉野が飛び出し先にセーブ。

18分 浦和は流れから左サイドにいた05新井からスルーパスが10中村に通る。
エリア内で受けた中村が華麗なステップで相手ディフェンスを外しシュートに持ち込む。
決定機になりかけたがクマガヤも体を張ってシュートをブロック。

Img_2442_r

20分 浦和は左サイドから10中村がクロスを入れる。
ニアに入った09アシカンがヘッドで合わせるもゴール枠を捉えず。

22分 クマガヤは左サイドから09番がクロス。中で10番がフリー。
ゴール右サイドを狙ったシュート決定的なシュートは、、わずかに外れてしまった。

浦和としては決められてもおかしくないシーンだった。

20分以降は両チームとも中盤にスペースが広がり攻め合いの様相になってきた。

Img_2443_r

24分 浦和は05新井が左サイドに開いてクロスを入れる。
ファーに流れたボールに07繁田がフリーで走り込みシュート。
狙い澄ましたシュートだったがボールはクロスバーに当たってゴールならず。

後半の新井は本職の右サイドだけでなく何度も左サイドに顔を出していた。
しかも右サイドでもオーバーラップを繰り返していた。なんというスタミナだ!

Img_2444_r

28分 クマガヤは右サイドの03番がクロスを送る。
中に長身CB04番が飛び込みGK吉野と交錯する。
迫力ある飛び込みだったが吉野は落ち着いてキャッチ。
逆に04番が頭を切ってしまった。

吉野は身長が伸びてますね。175越えてるんじゃないかな。
GKとしての基本技術があってハイボールのキャッチも上手いのでこのまま伸びていってほしい選手の一人です。

その後クマガヤの攻撃を安定したディフェンスでしのぎ切った浦和が2-0で快勝!
高円宮杯全国大会の切符をつかみ取った!!

高円宮杯第21回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会 関東大会 代表決定戦
浦和レッズジュニアユース   - 0 クマガヤサッカークラブ
得点者 浦和:09アシカン×2
(2009.11.15 12:00~ 前橋総合運動公園サッカー場)

Img_2447_r Img_2446_r_2

浦和はアシカンの2得点で見事に勝利を勝ち取りました。
アシカンはこないだ見たジェフ戦に比べると動きにキレがありました。
2得点はともにストライカーとしてのポジション取りの良さが光っていたし、それ以外にも体躯を生かしたポストプレーも良く、単純な走り合いでもクマガヤのディフェンスに走り勝っていました。

中村も良かったですね。
一瞬の切れ味と、独創的なステップは見ている観客も驚かされます。
あとは連続的なプレーをしたときにスタミナ切れを起こしていたので、もうちょっとスタミナが付いてくると良いですね。

ディフェンスではやはり西澤の守備の安定感が群を抜いて良かったです。
クマガヤの高さのあるツートップに対して空中戦でも負けなかったし、走り合いでも体を張っていたし、もちろん足元の繋ぎも上手く、穴のないCBになってきました。

これで全国行きが決まったわけですが、レッズのほかには

柏レイソル、東京ヴェルディ、帝京FC、横浜Fマリノス追浜が全国出場となりました。

この中では帝京FCがちょっと異色ですね。
横浜Fマリノス、ジェフ習志野といったところを破っての出場ですからやはり力のあるチームなのでしょう。

次は全国で優勝出来るように一戦一戦集中して戦ってほしいですね。

高円宮杯全国大会出場おめでとうございます!

Img_2450_r

|

« 高円宮杯第21回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会 関東大会 1回戦 | トップページ | 第21回U-15高円宮杯 浦和対仙台 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

ジュニアユース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高円宮杯第21回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会 関東大会 代表決定戦:

« 高円宮杯第21回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会 関東大会 1回戦 | トップページ | 第21回U-15高円宮杯 浦和対仙台 »