« 高円宮杯 第20回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 ベスト8 | トップページ | 高円宮杯第21回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会 関東大会 代表決定戦 »

高円宮杯第21回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会 関東大会 1回戦

ずいぶん久しぶりの更新です。

10月は新婚旅行でイタリアに行っていました。

まあこんな機会でないと海外サッカーなんて見れないだろうということで

ミラノでACミラン対ローマを観戦。

その頃のACミランは調子が悪かったため、開始3分でローマが先制したときは

暴動が起こって帰れなくなるんじゃないかというくらい雰囲気が悪くなってました。。

その後ミランが2点取って逆転勝ちしてくれたおかげで無事帰ってこれたわけですが。

とにかく貴重な思い出ができました。

さて、今日見に行ったのはジュニアユースの高円宮杯関東大会1回戦です。

この大会は全国に出る為にはトーナメント3試合を勝ちぬかなくてはならない

ちょっと他の大会と比べると予選突破が大変な大会です。

初戦でジェフ千葉、その後は鹿島アントラーズノルテ、それから同じ埼玉の強豪

クマガヤSCなどを相手に勝ち抜かなければなりません。

【レッズスタメン】              【ジェフスタメン】

    10中村 09アシカン                  14
       21??                 15   25   18
  15小峯     07繁田                02  13
       14副島        
 13水落 04西澤 03斉藤 05新井        12  05  20  07
       16吉野                      17

21番の子は初めて見ました。
あまり名前を呼ばれていなかったので誰だかわからず。

試合序盤は両チームつぶし合い。
浦和はアシカンにボールを当てるが、今日のアシカンは相手ディフェンスに苦戦。
中々ボールを収めることが出来ない。

浦和がポゼッションを重視した遅攻が多くなることで、逆に千葉はカウンターで攻める展開が増える。

09分 浦和は右サイドで21番が粘り折り返し。
07繁田が受けてミドルシュート。しかしGKが正面でキャッチ。

15分 千葉は左スローインを受けた13番がシュート。
しかしゴール左外。

17分 千葉にコーナーキックから最初の決定機。
右ショートCKから持ち出して左足で直接ゴールを狙う。
これがゴール左ポストを直撃。
こぼれ球を05番が蹴り込むもGK吉野がフィスティングで難を逃れる。

25分 千葉は右サイドを18番が抜け出しクロスを送る。
中央に14番が飛び込むも合わせることが出来ず。

千葉は球際が強くまた両サイドに突破が出来る選手を配置してワイドに展開してくる。
対する浦和も守備陣が出足よく相手ボールをカットするも攻撃が遅く千葉にブロックを作って守られている。

28分 千葉は左サイドからのアーリークロス。
右サイドで18番が受けて13水落を交わしGKと1対1のチャンス。
しかしコントロールが長くなってしまい、GK吉野が前に出てブロック。

30分 浦和は04西澤が中央を攻め上がる。
そのままシュートを放つとディフェンスに当たり左サイドオープンスペースに転がる。
これを07繁田が受けて中へ戻す。
10中村がシュート体勢、決定的だがディフェンスがコースに入りブロックされてしまう。

34分 千葉は左サイドを15番が浦和ディフェンス陣を突破しクロスを送る。
中央14番が飛び込むもGK吉野が抑える。

前半は千葉の両ウイングのスピードに苦戦しつつも0-0で折り返す。

後半。

02分 浦和は左サイドから15小峯がミドルシュート。しかしGKがキャッチ。

03分 浦和は中央を10中村がドリブルで持ち運びシュートに持ち込むも、ディフェンスに当たりGKがキャッチ。

後半開始から浦和はギアが一段上がって前掛かりになってきた。

09分 浦和はエースが待望の先制点を挙げる(浦和1-0千葉)
右サイドをオーバーラップした05新井がクロスを上げるが跳ね返される。
こぼれ球を14副島がディフェンスラインの裏へ浮玉のパスを通す。
これに反応した10中村が裏へ抜け出しGKより先にプッシュしゴール!

さらに攻める浦和。

11分 浦和はカウンターからチャンス。
中央から07繁田が持ち運び右サイドへ。
オーバーラップした05新井が受けてドリブルからシュート。
しかし僅かにゴール左に外れた。

13分 浦和はまたもカウンター。
中央15小峯から右サイドの05新井へ。
新井はダイレクトで左サイドへ展開。
受けた07繁田が落として09アシカンがシュート。
しかしゴール右へ外れた。

20分 浦和は21番に代えて24西袋を投入。

21分 交代直後に同点に追いつかれる(浦和1-1千葉)
左サイドを15番が突破からクロス。
中央に飛び込んだ25番が詰めてゴール。

千葉のサイド攻撃は驚異だ。
この1点で勢いづいた千葉が攻勢の度合を増していく。
逆に浦和は少しずつ脚が止まりつつあるか。

25分 千葉は左サイドからクロスを送る。
中へ3人が飛び込む混戦になるが、04西澤がなんとか掻き出す。
この際13水落が相手と交錯し痛むが大事には至らなかったようだ。

27分 千葉に決定機。
センターバックの05番がドリブルで持ち上がり、少し浮かした気の利いたパスをディフェンスラインの裏に通す。
これに18番が斜めに走り込みGKと1対1のチャンス。
出てきたGKの位置を確認しドリブルでGKを交わしシュート。
しかしキックミスでゴール左に外してしまう。

キックミスに浦和は助かった。
苦しい時間が続くが浦和は耐えて相手の隙を見出したい。

32分 浦和は右サイドから15小峯が中へ切り込み左足でミドルを放つ。
しかしGKが正面でキャッチ。

38分 浦和は右GKから04西澤が頭で合わせるもゴール上に外れる。

そのまま後半終了。
1-1の同点なので10分ハーフの延長戦で決着をつけることになった。

延長前半01分  浦和がPKを得て勝ち越し(浦和2-1千葉)
PKのシーンは、右サイドからのクロスをエリア内で胸トラップしようとした15小峯を、千葉のディフェンダーが後ろから突っ込んで倒したもの。
このPKを小峯が落ち着いて決めて勝ち越した!

延長前半05分 浦和は05新井がオーバーラップからGKと1対1。
シュートはGKがファインセーブでゴールならず。

延長後半01分 千葉は右からのクロスを中央の14番がキープから反転シュート。
しかし強くヒットせず、GK吉野がキャッチ。

07分 浦和が試合を決める3点目(浦和3-1千葉)
左サイドからのFK。
いったんは跳ね返されるが、こぼれ球を中央から15小峯がハーフボレーでGKの上を抜くシュートを突き刺した!

試合はこのままの点差を守りきり3-1で浦和が勝利した。

高円宮杯第21回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会 関東大会 1回戦
浦和レッズジュニアユース  3 - 1 ジェフユナイテッド市原・千葉U-15
得点者 浦和:10中村、15小峯×2  千葉:25番

今日は結構苦戦しました。
試合的にはどちらに勝利が転がってもおかしくない内容だったと思います。
どちらもジュニアユース年代のチームとしてはディフェンスの良いチーム同士。
内容的には渋い展開でしたが、白熱した好ゲームになったのではないでしょうか。

千葉はワントップの14番が巻のような泥臭いチェイシングを繰り返し、両ワイドの15番と18番のスピードで相手の裏を執拗に突いてくる。
1点取って勢いづいた時の攻撃は迫力があってヒヤヒヤしながら見ていました。

しかし浦和のディフェンス陣も04西澤を中心に良く粘っていたと思います。
左サイドの13水落もスピードと自ら仕掛ける、積極的なプレーが多く好印象でした。

攻撃に関していえば、今日は09アシカンが全体的にボールをキープできず、他の選手への落しもうまく回らなかった感じ。
また10中村がボール欲しさに下がってくるので前を狙う選手が少なかったかも。
中村を中盤に下げて大野あたりが入っても面白いかもしれないですね。

今日2得点の小峯は今年1番気に入ってる選手です。
1年生のころから試合に出ていますが、一時は試合の中で特徴が見えないときがありました。しかし今年は一回り成長したのか、キープしてまわりを生かすプレー、ドリブルで仕掛けるプレー、そして得点と中盤で獅子奮迅の働きでした。

2回戦の相手は鹿島アントラーズノルテのようです。
自分は見に行けませんが、あと二つ絶対勝って全国行きを決めてもらいたいですね。

|

« 高円宮杯 第20回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 ベスト8 | トップページ | 高円宮杯第21回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会 関東大会 代表決定戦 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

ジュニアユース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高円宮杯第21回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会 関東大会 1回戦:

« 高円宮杯 第20回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 ベスト8 | トップページ | 高円宮杯第21回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会 関東大会 代表決定戦 »