« 日本クラブユースサッカー選手権U-15 浦和 対 小倉南 | トップページ | 高円宮杯 第20回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 1次ラウンド第1戦 »

日本クラブユースサッカー選手権U-15 浦和 対 名古屋

クラ選ラウンド16は名古屋グランパスが相手です。
この日も朝から車を走らせJヴィレッジまで行ってきました。
いわきは日差しも無くすごし易い気候で選手たちもサッカーがやり易かったでしょう。

【浦和スタメン】                  【名古屋スタメン】

     10中村  09アシカン             09青山 10中根
        15小峯               11岩田       21曽雌

   02金野     07繁田             07真柄 08富田    
        06西袋                    
 11佐藤 04西澤 03斎藤 05新井      05樫尾 03社本 06大谷 02鈴木
        01細田                    16渕上

Img_1361_r

Img_1366_r

浦和、名古屋ともグループリーグ最終戦と同じ布陣で臨んできた。
風はやや強く、前半は名古屋が風上だ。

Img_1368_r

前半は名古屋ボールのキックオフ。

Img_1371_r

01分 浦和は左CKからチャンス。
15小峯の蹴ったボールに中央で09アシカンが頭を合わせるもゴール左外。

03分 浦和に最初の決定機。
GK細田の蹴ったボールを09アシカンが頭で後ろに逸らす。
ディフェンス裏に走り込んだ10中村が抜け出しGKと1対1。
中村はGKの頭越しにループを狙う。
しかし長身GK渕上が手を伸ばして抑えてしまいゴールならず。

15分 浦和に先制点(浦和1-0名古屋)
左CK、キッカーは15小峯。
右足で大きく蹴るとファーサイドでフリーになった05新井がヘッドを叩き込んだ!

Img_1376_r

前橋FC戦でもCKから失点していたように名古屋はCK時の守備に甘さがあるようだ。

ここまで名古屋は浦和のプレスに苦しみ裏に09青山と10中根を走らせる戦い方をしていたが、浦和も04西澤を中心に上手くカバーしてチャンスを作らせない。

Img_1373_r

17分 名古屋に最初の決定機。
21曽雌が右サイドからドリブルを仕掛ける。
11佐藤を交わしエリア内に侵入しマイナスの折り返し。
09青山がフリーだったが、シュートを空振りしてしまう。

22分 浦和02金野の頭に相手のスパイクが入って出血。
金野は頭にバンテージを巻いた状態で復帰。
このプレーで08富田に警告。

23分 名古屋は中盤右サイドから21曽雌が前線へスルーパス。
これに反応した10中根が走り込む。
しかしGK細田が飛び出し先にクリア。

Img_1379_r

28分 浦和に決定機。
左サイド11佐藤から中の10中村へパスが通る。
中村はドリブルで中へ持ち込み15小峯とワンツーから抜け出す。
エリア内に入りシュートを放つもGK渕上が足でブロック。

33分 浦和は09アシカンが右サイドでキープしながら06西袋へ。
西袋がアーリークロスを上げると左サイドの02金野がヘッドで合わせる。
しかしGKが正面でキャッチ。

35分 一瞬の隙を突き名古屋が同点(浦和1-1名古屋)
浦和ディフェンスラインに流れたルーズボール。
これを03斎藤が処理にもたつき09青山に奪われてしまう。
青山はそのまま持ち込みGKと1対1。
キックフェイントでGKを倒して落ち着いてゴールを決めた。

同点に追いつかれそのまま前半終了。
それまで完璧に守っていただけに、一つのミスが失点に繋がってしまったのは残念。
得点を決めた青山は結構感情を表に出す面白い選手ですね。
コントロールミスして奪われると「サイテー!」と叫んだり。
というか名古屋は全体的に感情的な選手が多い。
チームメイト同士で結構激しく指示を出しあっていた。

Img_1380_r

後半は浦和ボールで試合開始。

Img_1383_r

04分 浦和は右サイドからのFK。
これはクリアされるもこぼれ球を07繁田がミドルで狙う。
枠を捉えたシュートだったが、GK渕上が横っ飛びで好セーブ。

10分 浦和が突き放す(浦和2-1名古屋)
右サイド高い位置で名古屋のスローインをカットする。
02金野がそのままクロスを入れる。
これをファーから09アシカンがヘッドで叩き込んだ!

Img_1384_r

12分 名古屋は前線にロングボールを入れる。
これを10中根が受けてドリブルで持ち込む。
03斎藤のマークを振り切りエリア内に入り横パス。
これに09青山が飛び込みシュートチャンス。
しかし04西澤が何とか戻りシュートを打たせない。

20分 名古屋は02鈴木に代えて13河合を投入。

Img_1387_r

21分 名古屋が速攻から同点に追い付く(浦和2-2名古屋)
場面は右サイドからのカウンター。
05樫尾がドリブルで持ち上がりそのまま中へ折り返す。
中央の10中根がポストに入り落とす。
これを09青山がダイレクトで左足を振り抜きゴールに突き刺した。

後半も20分まで浦和ペースで、その中で何度かあった名古屋のカウンターもディフェンスが粘って対処してきたが、この場面では上手く嵌ってしまった。
敵ながらとてもキレイな得点シーンだった。

Img_1393_r

22分 名古屋は10中根に代えて北川を投入。
24分 名古屋は21曽雌に代えて12野崎を投入。

名古屋は前線の選手を入れ替え攻撃の活性化を図っているようだ。

その後30分ごろまでは両チーム疲れが出始め膠着状態が続く。

30分 浦和は15小峯に代えて13副島を投入。
副島は左サイドハーフに入り、金野がFWに、FWの中村がトップ下に下がった。

34分 名古屋のカウンターを止めた03斎藤に警告。

36分 名古屋がカウンターからチャンス。
右前方にボールが出て、09青山が追い付く。
そのままドリブルで持ち込み右45度からシュート。
しかしゴール枠を捉えられず。

39分 意外な形で名古屋に決勝ゴールが生まれる(浦和2-3名古屋)
名古屋は08富田がドリブルでエリア内に持ち込み、決定的なシュートを放つ。
これはGK細田がコースを狭めファインセーブを見せる。
しかしこぼれ球を左サイドから09青山が中へ折り返す。
これが浦和ディフェンス陣の脚に当たってそのままゴールに入ってしまった。

どっと崩れ落ちる浦和、歓喜の名古屋。
時間帯が時間帯だけにあまりにも痛い失点だ。

Img_1397_r

ロスタイムは2分。
浦和にFKのチャンスが生まれる。
04西澤の蹴ったボールはエリア内で名古屋の選手に当たりあわや、のシーンを作るもゴール左に外れる。
そのコーナーキック、06西袋がヘッドで合わせるもこれも枠を捉えることが出来ず、その瞬間試合終了のホイッスルが鳴り浦和レッズジュニアユースの夏が終わった。

日本クラブユースサッカー選手権U-15 ラウンド16
浦和レッズジュニアユース  - 3 名古屋グランパスU-15
得点者 浦和:新井、アシカン 名古屋:青山2、OG
2009.8.19 Jヴィレッジ ピッチ2

Img_1398_r

試合を70分まで支配していたのは浦和でした。
今日の浦和は名古屋の前線からの強力なプレッシャーを物ともせずパスを繋いではチャンスを作りだしていました。
守備でも良く守って相手にチャンスらしいチャンスを作らせてはいなかったのですが、それでも70分以降は疲れが出て足が止まったところでやられてしまいました。
浦和はいつもだと後半半ばで前線の選手を代えて活性化させるのですが、進や関根、立野といった前線の選手がケガで出せなかったのが結果的い響いた感じでしょうか。
このころになると中盤の運動量が落ちてディフェンスラインから前線のアシカンにロングボールを入れる回数が増えてしまい、攻撃が効果的では無くなってしまいました。
対する名古屋は70分まで浦和に抑えられながら、残り10分で突き放したのはやはり交代で出場した前線の選手たちの運動量が効いたからでしょう。

今年は実力的に見ても全国上位の力があると見ていたので、ラウンド16での敗退はとても残念ですが、それでも関東9位決定トーナメントから勝ち進んでここまで来れたのは、やはり実力の証明だと思います。

選手の皆さんはお疲れ様でした。
また秋の高円宮杯もあると思うのでそちらで雪辱を果たしてもらいたいですね。

Img_1404_r

|

« 日本クラブユースサッカー選手権U-15 浦和 対 小倉南 | トップページ | 高円宮杯 第20回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 1次ラウンド第1戦 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

ジュニアユース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本クラブユースサッカー選手権U-15 浦和 対 名古屋:

« 日本クラブユースサッカー選手権U-15 浦和 対 小倉南 | トップページ | 高円宮杯 第20回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 1次ラウンド第1戦 »