« 関東クラブユース選手権 レッズ対フロンターレ | トップページ | 関東クラブユースサッカーU-15関東大会9位決定戦 »

プリンスリーグU-18関東2009第11節

プリンスリーグとジュニアユースの9位決定トーナメントのどちらに行くか迷いましたが、今まで見てきたプリンスリーグの最終節ということで矢板へプリンスを見に行ってきました。ジュニアユースはこの日勝ってもあと2試合あるし。

昨日は今年結婚したうちの嫁さんの誕生日ということもあったので、嫁さんを連れて観戦。観戦後には那須まで繰り出し一泊してきました。
宿が無線LAN付きのペンションということだったのでパソコンを持って行ったのですが、上手く接続ができず結局観戦記の更新ができなかった。。。

【レッズスタメン】              【矢板中央高校スタメン】

 11磯部  19高木 17矢島倫            11中田    
     10石沢
  13岡田         09益子直 07渡辺健 21??
        08池西                19島野 06渡辺裕
 05大里 06岡本 20広瀬 02森田    08阿部 02須藤 14柴田 05益子義
        01中村                   01三浦

矢板中央はホームユニフォームが赤だったと思うが、この日は青のユニを選択。
なので浦和は赤-黒-黒のユニで試合に臨んだ。

浦和は前線に2年生の19高木凛が入り、サイドバックには右に3年生の02森田、左に同じく3年生の05大里がスタメン出場となった。
対する矢板中央高校は前線に187センチの長身FW11中田を据えた4-2-3-1の布陣で臨んできた。

試合はいつもどおりディフェンスラインから丁寧にビルドアップしていく浦和に対し、ロングボールをワントップの中田に当ててこぼれ球を拾って攻める矢板中央。

05分 浦和は左サイド深い位置で17矢島倫がキープ。
中盤が上がってくるタメを作って中へパスを送る。
前線へ飛び出した10石沢が受けてエリア内に突っ込むもシュートは左サイドネット。

13分 浦和は左サイドで受けた11磯部がドリブルで中へ入りシュート。
しかしゴール枠を捉えず。

15分 攻め込んでいた浦和が先制(浦和1-0矢板中央)
右サイドから17矢島倫が19高木をポストに使いワンツーで抜け出す。
エリア内から放ったシュートはGK三浦に止められてしまう。
しかしこのこぼれ球が左に流れたところを11磯部がダイレクトで強烈なシュートを突き刺した!

20分 矢板中央は左サイド深い位置からゴール前にクロス。
ゴール前で弾んだボールをGK中村がキャッチミス。
こぼれ球に矢板中央の選手と浦和08池西が交錯し矢板中央の選手が倒れる。
矢板中央は浦和のファウルを主張するも笛は鳴らない。
逆にカウンターから浦和にチャンス。
前線の13岡田にパスが通り、エリア内の17矢島倫に渡す。
矢島倫はステップワークで一人交わしシュート体勢に入ったところでDFに倒される。
しかしこちらもノーファウルの判定で両チームともチャンスをモノにできず。

26分 浦和はディフェンスライン20広瀬からロングフィードが左奥の10石沢に通る。
石沢の折り返しに13岡田が飛び込み抜け出すもシュートまでは持ち込めない。

38分 浦和は中央で08池西が粘ってキープから前線の10石沢へ。
石沢が右サイドにパスを通すと11磯部が受けてエリア内右45度からシュート。
しかしGK三浦が横っ飛びで弾き出す。

前半は浦和ペースも1点どまり。
1-0で後半へ。

後半は両チームとも交代なし。

02分 浦和は中央からFK。
素早いリスタートから19高木が受けてそのままミドルシュート。
良い弾道だが惜しくもゴール上に外れる。

08分 矢板中央が同点に追い付く。(浦和1-1矢板中央)
中央07渡辺健が抜け出し右サイドの05益子義へ。
益子がそのまま持ち込み右45度からシュートが決まった。

後半は矢板中央の出足が良い。
前半は様子を見ていたのかな。
矢板中央の圧力に浦和ディフェンス陣の耐える時間が続く。

13分 浦和は19高木に代えて18鈴木大を投入。

14分 矢板中央はカウンターから11中田にボールが渡る。
フリーでエリア内に持ち込むもシュートが弱い。ループ失敗か?
GK中村がキャッチ。

矢板中央のワントップ中田は187センチの長身だが、ボールの落下点の予測が悪いのかヘディングの競り合いにはそれほど強くない。その為クロスボールが入ってきても養和の木村のような怖さが無い。むしろ体の強さを生かした潰れ役に徹してこぼれ球を2列目の選手が拾っていくサッカーのようだ。

20分 矢板中央は中央から09益子直のシュートがクロスバーを叩く。
こぼれ球に11中田が突っ込むもオフサイド。

同点に追いついた矢板中央の勢いを受けとめた浦和が20分以降はペースを盛り返していく。

23分 浦和が勝ち越し(浦和2-1矢板中央)
左サイドでボールを受けた11磯部がドリブルでエリア内に侵入。
ダブルタッチで相手ディフェンスを外し中へクロス。
ニアに入ったボールに13岡田が飛び込み頭で合わせた!

貴重な勝ち越し点で勢いに乗る浦和。

27分 浦和は06岡本からロングフィードが右サイドの11磯部に通る。
エリア内からドリブルで一人交わし角度の無い位置からシュート。
しかしGKにブロックされゴールならず。

この試合、磯部の調子が良い。
人工芝でドリブルし易かったのだろうか。
キレがあって得意の足に吸いつくドリブルで相手を翻弄しまくっていた。

36分 浦和は13岡田から右サイドの17矢島倫へ。
矢島がドリブルで中へ入りミドルシュートを放つも惜しくもゴール左に外れる。

矢島倫も相変わらずキレが良い。
ドリブルはちょっとやちょっとじゃ止められない。
左サイドから中に入ってシュートというパターンを何度も見せていた。

37分 浦和は左サイドをドリブルで持ち上がった17矢島倫から中の10石沢へ。
石沢が右サイドの11磯部に渡しそのままシュート。
しかしGK三浦がファインセーブで弾き出す。

38分 浦和は左サイドで斜めに走り込んだ13岡田にボールが入る。
岡田がフリックでボールの角度を変えると18鈴木大が受けてシュート。
しかしGK三浦が飛び出してブロック。

43分 浦和は13岡田に代えて24矢島慎を投入。
45分 浦和は17矢島倫に代えて15新井を投入。

ロスタイム3分、矢板中央の放り込みを凌ぎ切った浦和が2-1で勝利した。

プリンスリーグ関東2009第11節
浦和レッズユース 2 - 1 矢板中央高校
得点者 浦和:磯部、岡田 矢板中央:益子義
(2009.7.12 矢板中央高校グラウンド)

矢板中央は前半しのいで後半勝負だったのかな。
後半開始から20分くらいまではかなり勢いがあった。
同点に追いつかれてしまったけど、その時間帯で逆転を許さなかったのがその後ペースを握り返し、勝ち越し点につながったのだと思う。

浦和は最終節の勝利で勝ち点を17に伸ばし7位でリーグ戦全日程を終了した。
これで秋に行われる高円宮杯の出場権を確保できた。
夏の全クラに出れない分、秋の高円宮杯での活躍を期待しています。

|

« 関東クラブユース選手権 レッズ対フロンターレ | トップページ | 関東クラブユースサッカーU-15関東大会9位決定戦 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

ユース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プリンスリーグU-18関東2009第11節:

« 関東クラブユース選手権 レッズ対フロンターレ | トップページ | 関東クラブユースサッカーU-15関東大会9位決定戦 »