« プリンスリーグU-18関東2009 第5節 | トップページ | プリンスリーグU-18関東2009 第7節 »

プリンスリーグU-18関東2009 第6節

プリンスリーグ第6節、今日は前橋育英高校が相手です。
会場は前橋育英高校のホーム、前橋育英高崎グラウンド。
うちからは約100キロ強の距離。
高速を使えば1時間半で着きます。
このくらいのアウェイなら行きやすくて良いのだが、ゴールデンウィークということも考えて少し早めに出発しました。

特に渋滞もなく会場には10時すぎに到着。
小雨がぱらつく中、既に結構な観戦客が。
観戦スタンドの端に腰を下ろし試合開始を待っていると、開始前から雨脚が強くなってきた。
おかげで今日の試合はメモがあまり取れなければ、写真を撮ることも出来ませんでした。

【レッズスタメン】              【前橋育英スタメン】

    11磯部  09葺本  21若井        13西澤 15小牟田
      13岡田   10石沢         09上星         08三浦
          08池西                14小島  07中美
 18鈴木大 06岡本 20広瀬 02森田     03田中 22細萱 04代田 06木村
          16小笠原                 12志村

浦和のスタメンは前節と変わらず。このメンバーが現状のベストということか。
前橋育英(以下前育)は前線に188センチの長身FWの小牟田を起用してきた。

01分 浦和のパスを奪った前育のカウンターから13西澤が抜け出しかけるも20広瀬がカバーしシュートを打たせない。

05分 浦和は右サイドをオーバーラップした06岡本からのスルーパスを中央で09葺本がスルーし裏の10石沢がシュート。しかしヒットせず。

序盤は前育ペース。
浦和ディフェンスラインの球回しにジックリ網を張って、縦パスが入ったところでさっと寄せてボール奪取しカウンターでチャンスを築いていく。

浦和はコンパクトな中盤にスペースを見出せずディフェンスラインから縦に入るボールが極端に少ない。

09分 前育は04代田がディフェンスラインからロングフィード。これに反応した13西澤が抜け出し決定的なシュート。しかしGK小笠原が好反応で弾き出す。

11分 思わぬところから失点(浦和0-1前橋育英)
浦和自陣右サイドで浮玉を体で処理しようとしたところをハンドと取られFKを与えてしまう。ペナルティエリア右角あたりからの直接FK。狙うのは14小島。右足で蹴られたボールは大きく弧を描きながらファーサイドネットを揺らした。GK小笠原も見送るしかない素晴らしいシュートだった。

FKになったシーンは決してハンドには見えなかったのだが、前育の『ハンド!』のアピールに主審がつられて笛を吹いてしまった感じ。ハンドに関してはこの後も取ったり流したりと基準が定まらず、両チームともストレスを抱える要因となっていた。
とはいえ、このひとつの笛が結果として試合を左右する笛となってしまったのは残念だ。

失点後も相変わらずディフェンスラインからのビルドアップが上手くいかない浦和。
中盤に入ったときのフリックが合わないのはそれだけ前育の中盤での守備バランスが良いのだろう。

16分 浦和は13岡田が右サイドを突破して前線の21若井へスルーパス。
若井がドリブルで持ち込んでエリア内入ったところでシュート。
しかしゴール右に外してしまう。

18分 前育は右前線で14小島のキープからヒールパス。
これを後ろから15小牟田が駆け上がりシュート。
決定的なシュートだったがゴールポスト直撃で難を逃れた。

29分 浦和は右スローインが相手に当たり流れたところを中央の13岡田がそのままダイレクトシュート。しかしGK志村の正面。

40分 前育は左クロスから右サイド07中美受けて切り返しから左足で決定的なシュートを放つ。しかしGK小笠原がファインセーブ。

41分 前育は中央突破からスルーパス。
15小牟田が飛び込むもGK小笠原が飛び出し先にセーブ。

43分 前育は中盤14小島からの浮玉に13西澤が反応。
先ほどと同じシーンだがここもGK小笠原が飛び出しエリア外で何とかクリア。

前半は0-1で折り返し。

後半は雨がいっそう強くなりますますメモが取れなくなり記憶だけが頼りに。

03分 浦和の右FK。18鈴木大の左足は跳ね返されるも、こぼれを10石沢が拾いキープし中へ。これに反応した06岡本がシュート、ゴール!かと思われたが岡本がオフサイドでノーゴールの判定。

05分 浦和は再度FKのチャンス。これを18鈴木大が直接狙う。
ボールは弧を描いてゴール右を襲うが、GK志村がキャッチ。

07分 前育は15小牟田に代えて18清野を投入。

08分 前育は浦和のパスミスをカットしてスルーパス。
13西澤が飛び出し危険なシーンを作るも20広瀬が戻ってシュートを打たせない。

12分 前育は左サイドからのクロスに13西澤がフリーでヘッド。
決定的だったがゴール枠の僅か左に外れ助かる。

13分 浦和に超決定機。左サイドを11磯部が単独突破からシュートに持ち込む。
これをGK志村がブロックするもこぼれが09葺本の前に。
葺本のシュートはディフェンスにブロックされるも、さらにこぼれが10石沢の前に。
石沢はゴールに背を向けている状態から反転しながら浮玉を押し込もうとするが僅かに浮いてしまいゴール上に外してしまった。
これが今日最大の決定機だっただろうか。

14分 浦和は09葺本に代えて29堀田を投入。
堀田はプリンスリーグ初出場?
20分 浦和は21若井に代えて24矢島慎を投入。
22分 浦和は13岡田に代えて17矢島倫を投入。

こう着状態を何とか打破したい浦和は次々と交代カードを切っていく。

対する前育も
24分 09上星に代えて11粕川を投入。

25分 前育は右サイドからのクロスにニアで13西澤がヘッド。
しかしディフェンスがブロック。
こぼれ球を再度西澤が押し込もうとするがこれもブロック。

・・・

その後は雨がいっそう強くなりメモ取れず。

浦和は02森田に代えて05大里を投入し、18鈴木大を1列上げて3バックにして1点を取りに行く。

終盤、前掛かりになって攻める浦和に対しカウンターで対抗する前育。
前育は13西澤が再三決定機を作るものの決めきれず。
対する浦和も決定的なチャンスといえば、17矢島倫がエリア右から浮玉で前に出して、これに10石沢が抜け出しシュートしたシーンくらい。
これは入ってもおかしくないシーンだったが、相手ディフェンスが僅かに触りゴール左に逸れてしまった。

前育は25番一年生の松井聖也が交代出場。
最後は浦和も05大里を前線に上げてロングボールを放り込むが、高さ勝負では勝ち目もなくゴールが遠いまま試合が終わってしまった。

プリンスリーグU-18関東2009第6節
浦和レッズユース  - 1 前橋育英高校
得点者 前育:14小島
(2009.5.6 前橋育英高崎グラウンド)

この日の敗戦で2勝2敗の五分の星となりました。
前橋育英戦はいつ見ても上手くいかない試合が多い。
今日も浦和の命綱である中盤が思うように機能せず、最後まで有効的な崩しを見せられなかった。
前橋育英の中盤では07中美が良かったですね。
フィジカルが強く中盤で潰しまくってました。
チーム全体としても中美以外に小島、上星、代田など背が高くフィジカルの強い選手が揃っていて、中盤で岡田や石沢がキープしようとしても長いリーチでボールを突っかけられてしまう。

今年の浦和は高さがない分平面勝負を封じられると攻めてが無い。
今日のように中盤で潰されてしまう場合、他の攻めてを用意する必要があるだろう。
例えばFWがサイドに流れてそこにシンプルにロングボールを入れるとか、あとは一気の裏狙いをもっと多用しても良い気がする。

個人的に今期主力と思っていた17矢島倫だが、最近は途中出場が続いている。
今日も後半途中からの出場だったが、以前より単独の仕掛けが激減しているのが気になる。以前はボールを持ったら必ず縦に仕掛けていたのに。チームのやり方と合っていないのかな。ちょっと気になるところです。

|

« プリンスリーグU-18関東2009 第5節 | トップページ | プリンスリーグU-18関東2009 第7節 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

ユース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プリンスリーグU-18関東2009 第6節:

« プリンスリーグU-18関東2009 第5節 | トップページ | プリンスリーグU-18関東2009 第7節 »