« 2008/12/27 | トップページ | 2009/03/09 »

プーマカップ 浦和レッズユース 対 前橋育英高校

Jリーグが開幕し、レッズは昨季王者のアントラーズ相手に攻撃的姿勢で真っ向勝負を挑むも、試合巧者のアントラーズにいなされカウンターから2失点。チームとしての完成度の違いを見せられましたね。

しかしこの日のフィンケサッカーはまるで昨季のユースチームのサッカーを見ているようでワクワク感が違いました。昨日は前半しかそれを見ることは出来ませんでしたし、カウンターからの2失点という守備リスクをどう修正するかなど、チームの完成に向けてやることは多いですが、ここ数年間の閉塞感から比べれば希望の持てる敗戦といえると思います。

トップのサッカーがユースのサッカーと方向性が合うようになってきたことはユースチームにとっても良いことです。ユースチームは昨季期待された代が期待通りの結果を残し、4人+原口がトップ昇格、数年後この5人がチームの骨格を作っていく可能性は高いと思います。それはその後を追う今のユース選手たちのモチベーションにも影響を与えることになるでしょう。

さて今年のユースチームですが、結果を残してきた偉大な先輩チームと比較されることも多くかかるプレッシャーも大きいと思いますが、果たしてどのようなチームになっていくのか。そんなことを考えながら今日はプーマカップという前橋育英招待の大会を見てきました。

【浦和スタメン】                【前橋育英スタメン】
  08利根川 09葺本 07矢島倫            18  94
     11岡田    10石沢            55       56
         14池西                   62  93
 12鈴木大 04畑本 13広瀬 02森田        84 72  63 57
         01中村                     41

続きを読む "プーマカップ 浦和レッズユース 対 前橋育英高校"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008/12/27 | トップページ | 2009/03/09 »