« 高円宮杯 第19回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 第2日 | トップページ | 高円宮杯 第19回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 ラウンド16 »

高円宮杯 第19回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 第3日

高円宮杯3日目の今日は駒場スタジアムで名古屋グランパスU-18と対戦しました。

前2試合よりは気温も涼しく、だいぶ動きやすくなってきた。
ただし1戦目同様、駒場の芝はボコボコだ。

浦和ユース、名古屋ユースとも2戦を終えて1勝1分けの勝ち点4同士。
浦和としては(というかサポとしては)勝って1位抜けして決勝トーナメントを西が丘で戦ってほしい。2位抜けで会場が藤枝となると見に行くのがツライ。

【浦和スタメン】               【青森山田スタメン】
  14原口 09阪野 24磯部             09アルベス 07奥村
     08山田 10田仲             08矢田        04磯村
       05浜田                   21小幡  10岸寛
 06永田 04菅井 03山地 25岡本      05本多 03西部 20岸光 02金編
       01柴田                      01岩田

今日は高橋峻希の位置に1年生の磯部を起用してきた。
名古屋はオーソドックスな4-4-2ダブルボランチ。去年見て良い選手だなと気になっていた04磯村は右オフェンシブハーフでの起用。

名古屋ボールのキックオフで試合開始。

序盤から浦和のボール回しが名古屋を上回る。

07分 いきなり浦和の先制弾!
コーナーキックのクリアボールの流れから、24磯部の落しを08山田が狙い澄ましたミドルシュートをゴール左に突き刺した!(浦和1-0名古屋)

ちょっと距離のあるシュートだったけど糸を引くような見事なシュートでした。
試合開始直後の得点は一昨日の青森山田戦と同じ。一昨日はその後追加点が奪えず後半苦戦につながり結局引き分けてしまったので、今日は早めに2点目が欲しいところだ。

15分 名古屋は左サイドのクロスに09アルベスがキープ。
落したボールに21小幡が走り込みシュート。しかしゴール右に外れた。

浦和はポゼッションで名古屋を上回るも名古屋も攻撃への意識は高いようで、時間帯によっては名古屋が浦和を押し込む場面も見られた。ただ浦和としては引いて守りを重視してきた青森山田よりは戦いやすいかも知れない。

21分 浦和に絶好のチャンス。
中央14原口が得意のドリブルで09阪野とのワンツーからエリア内に入ったところで相手DFに倒されPKを獲得。
キッカーは原口。青森山田戦ではPKを右に蹴って止められている。
だからかな?今度は左を狙って蹴ったが、、、枠を外してしまった。。。

会場は『まぁしょうがねーなー』みたいな楽観的な雰囲気だったが、個人的には青森山田戦と同じような展開になりやしないかとヒヤヒヤしていた。

23分 浦和は中央の05浜田から右サイドの24磯部へ。磯部が相手を一人交わしクロス。中と合わず跳ね返されるが、こぼれを14原口が拾いミドルシュート。しかしゴールの上へ。

25分 浦和はCKからチャンス。10田仲の蹴ったボールに中央14原口がフリーで飛び込みボレーで合わせた。決定的だったが至近距離のこのシュートをGK岩田が見事ブロック。こぼれたボールに浦和の選手が詰めるが押し込むことが出来ず。

30分以降は名古屋の時間帯。
特に名古屋は左サイドに多く人数をかけてくる為右サイドバックの25岡本が守備に追われるシーンが目立つ。突破力のある08矢田とそこを必ず追い越してくる05本多のコンビに対し、24磯部もよく岡本のフォローに戻ってきていたが守備面では劣勢を強いられていた。

結局前半は追加点を奪えないまま1-0で折り返した。

後半開始。名古屋は21岸光に代えて19加藤を投入。
加藤はFWへ。07矢田が右ハーフに下がり、04磯村がボランチへ移動した。

03分 名古屋は左サイドを突破し浦和エリア内に侵入し大チャンス。しかしその前に浦和にファウルがあったとしてエリア外からフリーキックの判定。流せば絶好のチャンスだっただけに名古屋側は不満。浦和はあれ?って感じ。横に流してシュートを狙ったFKはDFがブロックし名古屋のチャンスは潰えた。

05分 浦和は09阪野の突破から得たFK。10田仲が得意の左足で蹴ったボールは惜しくもクロスバー直撃でゴールならず。

07分 浦和はCKのチャンス。14原口の蹴ったボールはDFに当たり原口の元に戻ってきた。タイミングを見計らい再度クロスを入れると中に飛び込んできた03山地が頭を合わせるが、惜しくもゴール上に外れてしまう。

前2試合とも後半になると足が止まっていた浦和だが、この日の浦和は違った。
パス回しが速く、名古屋にペースを握らせない。

17分 浦和は25岡本に代えて21森田を投入。森田はそのまま右SBへ。

20分 攻め続ける浦和に待望の追加点。
自陣で06永田が持つと14原口と08山田が前線へ走り出す。
永田が名古屋ディフェンス陣の裏へボールを蹴ると、受けた原口が相手ディフェンスをフェイントで外して中へクロス。ニアへ走り込んできた山田がタイミング良くヘッドを合わせゴールに突き刺した!(浦和2-0名古屋)

永田がボールもった時に既に走り出していた山田。これで今大会3点目と好調をキープしている。この日も得点シーン以外にも守備で相手ボールを再三カットするなど、らしさを発揮していた。

21分 浦和10田仲に警告。

22分 浦和は06永田に代えて15池西を投入。池西はボランチ05浜田の位置へ。浜田が左サイドバックへ移動。永田の警告累積をケアしたのかな。

24分 浦和はダイレクトパスの交換から右サイドの10田仲へパスが通る。マイナスの折り返しに24磯部がゴール目前フリーのシュートチャンスだったが、、ゴール上に外してしまった。

27分 試合を決定付ける3点目が決まる。
浦和自陣のカウンターから08山田が左サイドの14原口に開く。原口は再度山田とワンツーで相手エリア内に侵入すると、相手ディフェンダーをあざ笑うかのように一人、二人と交わしそのまま飛び出してきたGKの脇を抜くシュートでネットを揺らした!(浦和3-0名古屋)

久々に見ました。原口のスーパードリブルゴール。今大会PKを2度外すなど、いまいち調子に乗れていなかったが、このゴールをきっかけに調子を取り戻してほしい。

31分 名古屋が一矢報いる。
07奥村がドリブルからワンツーで05浜田を振り切りそのまま右45度から逆サイドネットに豪快シュートを突き刺した。(浦和3-1名古屋)

34分 浦和は14原口に代えて13岸を投入。

38分 名古屋は07奥村に代えて13大西を、02金編に代えて24三浦俊を投入。

42分 浦和の連続攻撃。24磯部とのワンツーから抜け出した08山田がエリア内絶好のシュートチャンス。これを決めたらハットトリック達成だったが、、相手GKのファインセーブにあいゴールならず。

試合終了。3-1で浦和の勝利!

第19回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会
浦和レッズユース  - 1 名古屋グランパスU-18
(得点者 浦和:山田×2、原口 名古屋:奥村)
2008.9.15 11:00 駒場スタジアム

この勝利でグループA1位となり、決勝トーナメント1回戦は西が丘サッカー場でグループC3位のセレッソ大阪U-18と対戦することになりました。

今日は後半になっても足が止まることもなく、90分通して良いサッカーが見られました。特に良い動きを見せていたのは山田と磯部でしょうか。山田については語る必要もないかな、この好調をキープして決勝トーナメントでもチームを引っ張って行ってほしいです。磯部は今年見た中で最高のパフォーマンスだったように思います。運動量も多く、スピードもあって、且つスピードに乗った状態で技術がブレないのが良い。以前はちょっと淡白なところも見られたけど、今日は一つ一つのプレーをやり切ることが出来ていた。このまま一皮むけてほしいね。

来週は西が丘です。去年市立船橋高校を延長の末破った激戦も記憶に新しいところですが、今年もあのような熱い試合が見られると良いですね。

|

« 高円宮杯 第19回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 第2日 | トップページ | 高円宮杯 第19回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 ラウンド16 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

ユース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高円宮杯 第19回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 第3日:

« 高円宮杯 第19回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 第2日 | トップページ | 高円宮杯 第19回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 ラウンド16 »