« 高円宮杯 第19回 写真 | トップページ | 高円宮杯 第19回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 第3日 »

高円宮杯 第19回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 第2日

高円宮杯全日本ユースサッカー選手権大会は本日グループリーグ第2日目が行われました。初戦で横浜Fマリノスユースに勝利した浦和レッズユース。今日の相手は青森山田高校。初戦は名古屋グランパスU-18と戦い、引き分けに終わっています。

今日は今まで手元になかったJFA審判証が手元に戻ってきたのでそれを使い無料で試合観戦♪ ただ今日は試合観戦後に私用で大事なイベントが控えていたので心ここにあらず状態。夜になって帰ってきたけど私用のイメージが強すぎてユースの試合が思い出せない!?今日も暑い一日でしたが、試合も気候同様熱い一戦(レッズが自滅して熱くさせちゃった感もあるけど)だったと思います。

【浦和スタメン】               【青森山田スタメン】
  14原口 09阪野 11武富              09見宝 11高屋
     08山田 10田仲             08高橋 10柴崎 14北嶋
       05浜田                      07椎名
 06永田 04菅井 03山地 25岡本      06中島 04菅原 03中山 02森下
       01柴田                      12櫛引

浦和はU-19代表に選ばれた高橋峻希の代わりに11武富が起用された。
タイプ的には高橋峻希に一番近いタイプかな。
青森山田はU-16代表で青森山田のコントロールタワーである柴崎をトップ下に置いた4-4-2です。

試合は序盤から動き出します。
03分 青森山田のGK櫛引がバックパスをキックミス。これを奪った08山田が10田仲とワンツーからエリア内に侵入。慌てた青森山田のディフェンダーが山田を倒しPKの判定。これを山田が落ち着いて決めて浦和があっさり先制。(浦和1-0青森山田)

08分 青森は右サイドからのボールを受けた09見宝が中央からフリーでシュートを狙う。しかし枠の右にそれる。

10分 浦和はこの日高橋に代わって起用された11武富が相手GKへのバックパスに猛然とアタック。GKのクリアが体に当たり14原口の元に。原口がコントロールからインサイドで枠に蹴り込むが、戻ってきたディフェンダーがブロックし追加点ならず。

18分 浦和14原口に警告。タックルが両足の危険なタックルと審判に取られてしまったようだ。

20分 浦和は中央の10田仲から14原口へ。ドリブルで一人交わして前方の09阪野へアウトサイドでパスを通す。受けた阪野がクロスを上げるとファーサイドに11武富が飛び込むがその前にDFがクリア。このこぼれを06永田が走り込みミドル。しかし枠に飛ばず。

23分 浦和右45度の直接FK。キッカーは14原口。右足で捲いたボールはGKがファインセーブ。

26分 青森はクリアボールのこぼれを10柴崎が低い弾道の弾丸ミドル。これはGK柴田がファインセーブ。

前半はほぼ浦和ペース。
早い時間に先制したこともあり、ディフェンスラインでボールを回しながらゆっくりと相手の隙を狙っていく。ただこの日はどこか気の抜けたパスミスも多く、攻め込みながらチャンスにならない。この日というより第1戦から同じような状態が続いているようだ。
特に原口はあまり調子が良くない。ドリブル成功率も低いし、味方とのコンビネーションも少しずつズレて相手ボールにしてしまうこともしばしば。

またこの日は主審が少しでも接触があるとすぐ笛を吹くタイプで、それが先制のPKシーンでは良い方向に出たのだが、それ以外では概ね浦和の選手たちはジャッジに苦しんでいたようだ。特に原口はイラついていたんじゃないかな。

前半の青森山田はGKまでプレスを掛けてくる浦和のやり方に戸惑っていた。
GKがプレッシャーからキックミスを連発し、それに連られてディフェンスラインも不安定に。攻撃では守から攻への切り替えがとても速く、ボールを奪ってから両サイドに2,3人追い越してくるのでカウンターには気をつける必要があった。

前半は浦和がボール支配しながらも追加点が奪えず1-0のまま終了。

後半開始。

06分 青森は右サイドでキープした14北嶋が中へ切り込み左足でシュート。しかしGKが正面でキャッチ。

08分 浦和は中央で10田仲がワンタッチスルーパス。走り込んだ11武富が間に合えばビッグチャンスだったが飛び出したGKが先にセーブ。

10分 青森がクロスを手で止めてしまい浦和がPK獲得。
キッカーは14原口。インサイドで右を狙ったが、、GKが読みきってファインセーブ。
ゴールならず。。

19分 青森は右サイドから02森下のクロスにニアで合わせた09見宝が頭で狙うが03山地も体を寄せて枠に飛ばさせない。

21分 青森山田は10柴崎の強烈ミドルで1-1の同点に追いついた。
この場面の前、青森山田に攻め込まれていて一旦クリアしかけたのだが、05浜田が味方とお見合いしていしまいルーズボールを柴崎にフリーで拾わせてしまった。しかし中盤にスペースを与えた一瞬の隙を突いた柴崎のミドルはさすがだった。

(浦和1-1青森山田)

23分 浦和06永田に警告。相手をあからさまに押してしまった。

28分 青森は浦和陣内で浦和のパスミスを奪い右サイドでドフリーの10柴崎に。柴崎はこれをダイレクトで合わせようとしたがコントロールミスでシュートは枠に飛ばず。助かった。

29分 浦和は右45度23m直接FK。10田仲が左足で狙う。シュートはGKがなんとか触ってクロスバーに当たり、こぼれを11武富が押し込むがオフサイドの判定でノーゴール。

32分 浦和は11武富に代えて24磯部を投入。

後半は一進一退の攻防。
浦和は左からの組み立てが多いが原口が止められチャンスが作れない。
もうちょっとチーム全体で裏を狙う動きがあっても良いのだが、足元ばかりでちょっと窮屈なサッカーになっていた。

36分 青森のCK。ゴールライン上に集まった青森の選手に04菅井が引っ張られマークに付くことができない。これに乗じてフリーでヘッドを合わせられるがGK柴田がなんとかはじき出す。菅井は納得いかない表情。

40分 一瞬のすきを突いた勝ち越し点。(浦和2-1青森山田)
左サイドでのスローイン。深い位置で09阪野が受ける。エリア内の為DFもガツガツ当たれないこともあり比較的楽に中へ折り返すと、ファーサイドに回り込んだ08山田がフリーで蹴り込み勝ち越し点を奪った!

42分 浦和は10田仲に代えて19石沢を投入。

43分 土壇場で青森山田が追い付く!(浦和2-2青森山田)
浦和のクリアボールが味方に当たり09見宝の前に。追い付けば大チャンスだが、GK柴田が飛び出しこれを何とかブロックしCKへ。このCK、ヘッドで合わせたボールをゴールライン上で19石沢が体を伸ばしてブロック!のはずが主審にハンドと取られPKを献上。そして石沢はレッドカードで退場。このPKを09見宝が決め手2-2の同点に追いついた。

44分 浦和08山田に警告。

その後両チームとも決勝点を奪うことができずそのまま2-2で試合終了。

第19回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会
浦和レッズユース 2 - 2 青森山田高校
(得点者 浦和:山田×2 青森山田:柴崎、見宝)
2008.9.13 11:00 NACK5スタジアム大宮

終始試合を有利に進めながら、結果は2-2の引き分け。
これをどう捉えるのか。勝ち点2を失ったのか、負けなくて良かったのか。
グループリーグ突破という観点から見れば引き分けで勝ち点を4まで伸ばしたのは意味があるし、内容面から見ればここ2戦ともペースを握った時間帯で崩し切れていないのは不満な点ではある。まあ2戦ともとても暑い日だったし、今後涼しい日の試合になってくればもうちょっと変わってくるのかな。。

第3戦は名古屋グランパスU-18が相手です。
今日のグランパスは横浜Fマリノス相手に2-1で勝利し、勝ち点を浦和と同じく4まで伸ばしてきたそうです(試合見れてません)。決して侮れないチームですが、ここ2試合での課題をどう修正してくるのか、注目してみたいと思います。

|

« 高円宮杯 第19回 写真 | トップページ | 高円宮杯 第19回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 第3日 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

ユース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高円宮杯 第19回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 第2日:

« 高円宮杯 第19回 写真 | トップページ | 高円宮杯 第19回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 第3日 »