« 高円宮杯 第19回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 ラウンド16 | トップページ | 高円宮杯 第19回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 準決勝 »

高円宮杯 第19回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会R8

高円宮杯準々決勝の相手は九州地域代表の鹿児島城西高校です。
決勝トーナメント1回戦では強豪ガンバ大阪ユースを延長の末に下して勢いに乗っているチームです。注目はやはりレッズが獲得に乗り出して失敗したFWの大迫勇也でしょうか。この選手をどう抑えるかがこの試合のポイントであるのは間違いないでしょう。

決勝トーナメント1回戦の西が丘は雨中の戦いでしたが、今日は予選グループのときを思い出すかのような気温30度を超す暑さの中での戦いとなりました。予選グループのときは前半圧倒的に押し込みながら暑さから後半失速して苦戦したので、今日はそんな試合にならないように戦ってほしいと思いながら見ていました。

【浦和スタメン】               【鹿児島城西スタメン】
  14原口 09阪野 07高橋              11野村 09大迫勇
     08山田 10田仲             12室屋      07大迫希
       05浜田                    06河野 08横道
 06永田 04菅井 03山地 25岡本      04松井 03蔵薗 05成元 13前田
       01柴田                      01神園

浦和はセレッソ戦と同じくベストメンバーを組んできた。
鹿児島城西は4-4-2ボックス。
大迫勇は「待ち」系のFW。
中央から動かずジッとパワーをためて、ここぞという場面で力を発揮する。

浦和のキックオフで試合開始。
序盤から浦和が中盤を支配する。
05分 浦和は左サイドの14原口がドリブルで中に入り10田仲へ。田仲の左足シュートはゴール上へ。まずは浦和がファーストシュートを放った。

06分 浦和は14原口が左サイドから逆サイドへサイドチェンジ。これを受けた25岡本がミドルを狙うもゴール枠を捉えず。

08分 浦和はゴールキックを09阪野が落として08山田が左の14原口へ展開。原口が中に切り込みミドルを放つがこれも枠外。

連続シュートで試合のリズムをつかんだ浦和。
対する鹿児島城西(以下城西)はカウンターからチャンスを見据える。

14分 城西は右スローインから09大迫勇が受けて背中に03山地を背負いながら強引にドリブルで持ち込み振り向きざまにシュートを狙う。ニアを突く良いシュートだったがGK柴田が弾き出しCKへ。

14分 そのCKのクリアから浦和の先制点が生れた(浦和1-0鹿児島城西)
コーナーキックのクリアボールをつなぎ08山田が前線へフィードを送ると城西のディフェンダーが芝に足を取られバランスを崩してしまう。これを見逃さなかった07高橋がボールをかっさらいGKと1対1。ドリブルでGKを振り切りそのままゴールに突き刺した!

攻め込んでいた時間で(カウンターとはいえ)先制点が取れたということで浦和が試合を優位に進める形になった。

先制点後は浦和のパス回しが加速していき、城西は何も出来ない時間が続く。
また城西のゴールキーパーのキックが8割がたラインを割るため自分たちでリズムを崩している面もあった。

19分 城西のカウンター。ロングボールが浦和ディフェンスラインの裏に落ちる。09大迫勇が走り込んで抜け出しかけるが浦和も03山地、04菅井が戻って二人掛かりで何とか対応。こういう一本で裏を抜ける形が浦和にとっては一番危険かもしれない。

20分 浦和は中央05浜田から左サイドの07高橋へスルーパスが通る。高橋がそのまま左足でシュートを狙うもGKが正面でキャッチ。

21分 浦和は14原口が左サイドから中に入る。ドリブルで突っかけるかと思わせて右サイドの25岡本へスルーパス。フリーで走り込んだ岡本にピタリだったが僅かにオフサイドの判定。

23分 城西は09大迫勇がペナルティエリア左角でキープ。03山地を引き連れながらドリブルで突き進み、エリアギリギリのところで倒されFKを獲得。しかしこのFKは誰にも合わずファーに流れてしまいチャンスにならず。

大迫勇はU-17合宿で見たときより大分力強くなってますね。
城西は早い段階から大迫勇に向けた放り込みが多いのだけど、大迫勇は浦和ディフェンダーが一人ついても平気で引きずりながらドリブルで持っていけるのはやはり凄い。ただ浦和が山地+菅井or浜田と複数で対応するとさすがの大迫勇でも厳しいか。

26分 浦和は右スローインから09阪野の落しを07高橋が受けてそのまま横へドリブルで持ち込みシュート。しかしこのシュートはゴール左に外れる。

29分 城西のCK。中央で05成元がヘッドで合わせたボールはゴール左角に飛ぶ。あわや失点かというシーンだったが、10田仲がジャンプ一番、なんとか掻き出した。

35分 浦和らしいパス回しから追加点!(浦和2-0鹿児島城西)
浦和は左サイドで07高橋から08山田へ。山田の落しに06永田がダイレクトで裏へ送ると走り込んだ10田仲が得意の左足で豪快にゴールへ突き刺した!

39分 城西前半最大のチャンス。パス一本でディフェンスラインの裏に抜けた11野村が右サイドからドリブルで持ち込む。ディフェンスが後追いになる形で持ち込まれるが、GK柴田がタイミングよく飛び出しシュートコースを狭めると、野村の放ったシュートはゴール左に外れた。

GKの柴田は以前は飛び出しのタイミングが悪かったり、ディフェンスラインとのコンビが悪かったりといったところがあったのですが、今大会では飛び出しも良いしキャッチングもしっかりしているし、大分成長しているというか、調子が良いですね。

40分以降は城西の圧力が強くなり蹴り合うシーンが多くなる。浦和もセーフティを意識したプレーでそのまま前半終了。

後半開始。鹿児島城西は12室屋に代えて14平原を投入。

後半も開始から浦和ペース。

02分 浦和は中盤で相手ボールを奪った08山田が14原口へ送り原口から右サイドの25岡本へ。オーバーラップした岡本のクロスにファーに飛び込んだのは06永田。得意の左足でのボレーだったが、惜しくもゴールならず。このシーンは両サイドバックが上がってチャンスを生み出す攻撃的な浦和を象徴するプレーだった。

04分 城西は右サイドから07大迫希のクロスに中央09大迫勇が飛び込んでヘッドを合わせるがゴール左に外れる。

06分 浦和は14原口がドリブルでキープし中の07高橋へ。高橋のスルーパスに09阪野が反応しフリーで抜け出すもシュート時にディフェンスが戻りブロックされてしまう。

07分 浦和は左サイドからサイドチェンジで右の25岡本へ。岡本のシュートは弱くGKが正面でキャッチ。

09分 浦和は中盤で09阪野と14原口のワンツーから阪野が抜け出し左足でシュート。しかしディフェンダーが戻ってブロック。

10分 浦和はスローインから中央で受けた05浜田が意表を突いたミドルシュート。しかしGKがはじき出す。

12分 浦和は中央でワンツーで抜け出した09阪野がフリーでシュート。これもGKのファインセーブにあいゴールならず。

城西は06河野に代えて19鮫島を投入。

16分 城西は左25mの直接FK。07大迫希が狙うもGK正面。

17分 浦和は右サイドを25岡本がドリブルで突破。ニアへ低いクロスを送ると走り込んだ09阪野が飛び込みコースを変えるがGKが触り惜しくもゴールならず。

後半開始から浦和がギアを上げて攻め込みチャンスを量産するものの、なかなか決めきれない。どこかで見たような展開か?

21分 城西は左からのクロスに09大迫勇がキープしマークに付いた04菅井を振り切ってシュート。GK柴田がコースを消してブロック。

23分 城西は左奥からの直接FK。07大迫希が狙うもGK柴田が直接キャッチ。

24分 城西は左サイドに07大迫希が飛び出しクロス。スピードのある危険なクロスだったが飛び込む11野村にディフェンダーもよく付いていきシュートを打たせず。

浦和は中盤の足が止まり始めてきた。

26分 浦和は動きの落ちてきた09阪野に代えて11武富を投入。

30分 浦和05浜田に警告。

31分 城西は正面直接FKのチャンスに04松井が左足で強烈なシュートを放つがゴール上に外れる。

31分 城西は11野村に代えて20林を投入する。

32分 浦和は左サイドのロングボールから14原口が相手と入れ替わって前を向くと、中へ切れ込み一人かわしてシュートチャンス。しかしパスを選択してしまい相手に奪われてしまった。

このプレーで原口と交錯した城西13前田が足を痛めピッチを出る。どうやら続行不可らしい。城西はすでに3人交代しているため前田が抜けて以降10分以上を10人で戦うことになってしまった。

城西は08横道を右サイドバックにした4-3-2システムに変更。

      20林 09大迫勇
  19鮫島 07大迫希 14平原
04松井 03蔵薗 05成元 08横道
        01神園

な感じです。

40分 城西の30mFK。07大迫希が蹴ったチップキックに05成元が合わせるも枠外。

41分 浦和は縦に送ったボールを11武富が落とし、08山田が右の07高橋へ。高橋はドリブルから切り返しで一人交わしシュート。しかしGK正面。

42分 カウンターから城西のチャンス。09大迫勇が抜け出しシュートまで持ち込みかけるが浦和ディフェンダーが戻りなんとかブロック。

44分 この試合のハイライト。原口のスーパーゴールが決まる。(浦和3-0城西)
中央で10田仲からボールを受けた14原口がドリブル開始。エリア付近まで持ち込むとそこから足裏を使った切り返しを多発し二人交わすとエリア内に入り今度はルーレットでさらに二人をぶち抜いた。もう残りはGKだけ。飛び出してきたGKを冷静に見ながらゴールに叩き込んだ!

語彙の少ないオレが言葉にするとなんか大したゴールに見えないけど、実際のプレーはこの文章の何十倍も凄いモノでした。これだけで元が取れた(いやチケ代払ってないけど・・)。原口はジュニアユース時代から数々のスーパーゴールを見てきたけど今日のゴールはその中でも1,2を争うほどのゴールでした。

その後浦和は08山田に代えて19石沢を、25岡本に代えて12和田を投入。

そのまま3-0という今大会初完封で試合を終えた。

第19回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会
浦和レッズユース  - 0 鹿児島城西高校
(得点者 浦和:高橋、田仲、原口)
2008.9.23 11:00 西が丘サッカー場

今日は前半から得点を重ね楽勝ペースだったものの、やはり後半運動量が落ちたところで鹿児島城西に押し込まれてしまいました。鹿児島城西は高校サッカーらしく、早めに前線に送り込んでくるスタイルなので浦和がボールをキープしている時間帯はなにも怖くないのだけれど、足が止まってくると次から次にボールが入ってくるので落ち着けない展開になってしまい、ペースに巻き込まれてしまう。それでも最後は原口のスーパーゴールで締めくくったし結果的には完勝ということになるのでしょう。

浦和は前半は後ろでボールを回しながらポゼッションを重視しつつチャンスをうかがい、後半は前からのハイプレスで相手の自由を奪った。90分は続かなかったけど、今年評価の高かったポゼッション型の柏と、ハイプレス型のFC東京を合わせたようなハイブリッドなサッカーが展開できていたと思います。

準決勝の相手は東京ヴェルディを下した岡山作陽高校と対戦します。
いろんな地域の高校と対戦できるという意味ではヴェルディより面白そうです。
とはいえサイスタで決勝を戦うためには何が何でも勝ちぬいてほしいわけですが。
そして今日警告を貰った浜田を含め警告累積も気をつけてもらいたいところです。

|

« 高円宮杯 第19回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 ラウンド16 | トップページ | 高円宮杯 第19回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 準決勝 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

ユース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高円宮杯 第19回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会R8:

« 高円宮杯 第19回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 ラウンド16 | トップページ | 高円宮杯 第19回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 準決勝 »