« U-15クラセン浦和-神戸(写真) | トップページ | U-15クラセン浦和-FC東京むさし(写真) »

日本クラブユースサッカー選手権U-15 浦和 対 FC東京U-15むさし

さて、昨日はヴィッセル神戸相手に苦戦しながらも何とか勝ち上がった浦和レッズ。
今日はベスト4(Jヴィレッジスタジアム)をかけてFC東京U-15むさしと対戦します。

昨晩はいわきのビジネスホテル、アルファー○ンいわきに泊まりました。毎回このホテルに泊まっているのでもういわきの道を覚えてしまいました。そしてやって来ましたJヴィレッジ!今日は昨日と打って変って朝からフィールド一面に霧が広がる天候でこの時期としてはかなり過ごし易い。選手たちにとっても、見る人たちにとっても助かる天候だ。

第一試合は前半を横浜Fマリノス追浜対前橋FCを、後半はガンバ大阪対FCライオスをそれぞれ観戦。

前橋FC、FCライオスともそれぞれ0-4で負けてしまったが、居並ぶJクラブを倒しベスト8まで勝ち進んだのは街クラブとして素直に素晴らしいと感じました。
それに両チームともチームとしての特徴がハッキリしているのが良いですよね。

前橋FCはディフェンスラインから丁寧に繋ぐ意識が高いチーム。
時にはGKもパス回しに参加する。今日はそれがミスに繋がって失点するシーンもあったが、そういったことも含めて経験が成長に繋がるのでしょう。

FCライオスは、組織重視を叫ばれる現代サッカーの中にあって、パス回しよりもドリブルを重要視する珍しいスタイルのチーム。どの選手もボールを持ったらパスコースを探すのではなく、まずドリブルで突っ掛ける。ベスト16の大宮戦では延長で足が止まった大宮相手にこれでもかとドリブルを仕掛けていたのが印象的でした。それは今日のガンバ戦でも変わらずで、とても好感を持ちました。

そして勝ったマリノス追浜とガンバ大阪。
両チームとも現代ユース事情を代表するような王道ユースサッカー。
タレント、組織力とも互角の激しい戦いが見られることでしょう。
気になったのはガンバ9番の小谷。
小柄なFWだが何か動きに雰囲気がある。まるで佐藤寿人のようだ。
ガンバは毎年次々良い選手が出てきますね。

そして第二試合です。

Img_2033

【浦和レッズ】                  【FC東京むさし】
      10矢島 09関口                  09白崎
   15野崎      07鈴木          12湯浅 21武井 11岩木
      06西澤  08片                18岩田 10小山
21新井 03皆川 05西山 02小出       17浅野 05小林 02下川 03新地
                  01大石                     01谷

試合開始。天候は曇り、微風。気温27度だが湿度が高い。

試合序盤はつぶしあい。
むさしはポゼッション重視。
丁寧に繋いでは両サイドに開いてオープン攻撃を仕掛けてくる。
対する浦和は今日も序盤は落ち着きがない。
足元のおさまりが悪いので無闇なドカ蹴りが多い。

11分、浦和はセンターサークルからのFK。03皆川の左足から放たれたキックに09関口が飛び込む。頭で合わせたシュートはゴール右外へ。浦和のファーストシュートは関口。

13分、浦和は中盤でパスカットから10矢島がスルーパス。これを09関口が受けて左足でシュート。これはGKが正面でキャッチ。

15分、浦和は右スローインから07鈴木が受けてエリア内に進入しクロス。DFの跳ね返しを02小出がフォローしもう一度中へ。エリア内で10矢島が受けてフェイクを入れてシュートを狙う。だがDFも対応しブロック。

18分、むさしは左サイドからのFK。これを03新地が直接狙うがGK大石がキャッチ。

22分、飲水タイム。てか今日は飲水するほどの気候じゃ無いでしょ。

浦和はここまでパスはあまり繋がらないものの、カウンター中心にチャンスが作れている。内容的には昨日より良い。むさしのオープン攻撃も中央で05西山と03皆川が上手く跳ね返している。

27分、浦和03皆川に警告。ミスから相手を引っ張り倒してしまった。
早い時間でのセンターバックの警告は後を考えるとちょっと怖い。

28分、むさしは右サイドからのFK。中央ヘッドを合わせるもゴール左外へ。

30分、浦和は右サイドからのFK。10矢島が蹴ったボールに09関口が飛び込み合わせるもゴール枠を捕えられず。

35分、浦和前半最大の決定機。左サイドから21新井がオーバーラップ、あれよあれよという間に相手陣内に進入し、前方の15野崎へ。野崎から10矢島と繋ぎ、矢島は右へサイドチェンジ。これを受けた07鈴木がエリア内でフリーのシュートチャンス。狙い澄まして放ったシュートはGKも届かない所を狙ったが。。戻ってきたDFが素晴らしいブロック。観客はもう入ったと半分喜んでいた。(自分も)

40分、むさしは左サイドからのオープン攻撃。11岩木のクロスに中央09白崎が飛び込むも僅かに触れず。流れたボールがもう一度左サイドへ展開されもう一回岩木がクロス。今度は12湯浅と18岩田が飛び込むもまたも触れず。

ともに無得点のまま前半終了。
この頃から空では雷がゴロゴロと嫌な音を立て始める。
試合終了まで降ってくれるなよ。

Img_2066

そして後半開始。両チームとも交代なし。

後半直後に試合が動き出す。

03分、むさし右サイドのスローイン。これを受けた11岩木がスルスルっと中に入ると、浦和は誰もマークに行かない。そのまま岩木にミドルシュートを打たれるとGK大石がは横っ飛びでこれをキャッチ。と思ったら着地時にボールをこぼしてしまい09白崎に詰められてしまった。(浦和0-1むさし)

岩木のシュートは大石の腰から胸あたりの高さのシュート。当然「取れる」と思ったのだろうが、ああいうシュートはよっぽど柔らかく横っ飛びをしないと着地時の衝撃でボールを落としてしまう。(GK出身なので身を持って知ってます。)はじき出すのが妥当だったとは思うけど、それにしてもフリーでシュートを打たせたのはいかん。後半開始すぐで集中が切れていた?

先制を許した浦和。この後10分間は勢いに乗るむさしの攻勢を耐える時間が続く。

04分、むさしは右CK。ファーサイドで頭を合されるが、GK大石が正面でキャッチ。

05分、むさしは左サイドから突破しそのままシュート。GK大石がフィスティング。

08分、浦和は06西澤に代えて11堀田を左サイドハーフに投入。
片のワンボランチ、野崎を中央移した攻撃的布陣に代えてきた。

09分、浦和はエリア外から10矢島が強烈なミドルシュート。入ってもおかしくないシュートだったが、むさしGK谷がファインセーブ。

この谷というGK。面白い。我が強くてコーチングも頼もしく、キックも距離が出る。このファインセーブで当たってくるとちょっと厄介だ。

16分、むさしは左サイドからFK。ファーサイドで09白崎がフリーのシュートチャンス。これはDFがなんとかブロックしCKへ。

17分、むさしのCKは中央の18岩田にピタリ。危ない!と思ったがヘッドは枠を逸れてくれた。。

18分、浦和は07鈴木に代えて20繁田を投入。

20分、むさしは右サイドを12湯浅が崩して中央へ折り返し。これをFW陣が2度3度とシュートを放つが全て浦和DF陣が体を張ってブロック。シュートを打たせない。

21分、むさしは浦和GKのキックミスを奪いワンツーでエリア内に進入。決定的なチャンスになりかけたが、GK大石がタイミングよく飛び出し体でブロック。両選手とも倒れるが問題は無かったようだ。

23分、むさしは右サイドから中央を経由し左サイドへ展開。18岩田がフリーで受けてシュートチャンス。これも決定的だったがシュートは枠のはるか上に。

27分、ついに浦和が同点に追いつく。(浦和1-1むさし)
浦和は左サイド深い位置で11堀田がキープ。勝負せずにフォローに入った23関根に落とす。関根がクロスを送ると中央で10矢島が相手と競り合い、被って後ろに流れたところを飛び込んできた15野崎がスライディング気味に右足を合わせゴールネットを揺らした!

さて気付かなかったのだが23関根はいつ入ったのだ?
公式記録を見ると22分に09関口と交代していた。気付かなかった。汗
あれ?公式は同点ゴールも22分になってる。おかしいな、まあいっか!

同点に追いついて勢いづく浦和、首を垂れるむさし。
この流れを生かしたい。

29分、浦和は11堀田が左からクロスを入れる。中央で相手DFがもたつくとボールが15野崎の足元に。おいしいチャンスかと思われたが、シュートはDFにブロックされてしまった。

30分、浦和は10矢島が中央から相手DFと競り合いながらドリブルで持ち運びそのままシュート。これはゴール左に外れる。

32分、むさしはカウンターの流れからチャンス。スルーパスに反応した10小山がシュートするもゴール枠を捕えられず。

35分、浦和は23関根が左から中へ斜めに入り込む動き。これに合わせて右サイドからボールが入るがコントロールに手間取りシュートまで持ち込めず。だが自分から動きだしてチャンスを呼び込む動きは良い。

36分、むさしは中央からシュート。これはDFがブロックするが、こぼれを18岩田がミドルシュート。ゴール左良いコースに飛ぶがGK大石がナイスセーブでこれをはじき出す。

37分、むさしは右サイド12湯浅のクロスに09白崎が頭で合わせる。危ないシーンだが大石がなんとかキャッチ。

38分、一瞬の隙を突き浦和が勝ち越し!(浦和2-1むさし)
むさし陣内での浮き玉の競り合い。10矢島がコントロールし落とすとボールは15野崎の元へ。ゴールを背にしていた野崎だったが、野崎は振り向きざまにシュートを選択。バウンドしていたボールにドライブが掛かりGK谷の頭上を襲う。谷の伸ばした手が僅かに触れるもはじき出せずそのままゴールネットに突き刺さった!

Img_2072

39分、むさしは10小山に代えて22森田、21武井に代えて07庄司を投入。
パワープレーに出てきた。

ロスタイム。左45度からのFKこのラストプレイ全てを賭けるむさし。ファーサイドに飛びこむも僅かに合わずボールはそのままゴールラインを割り試合終了。

日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 ラウンド8
浦和レッズジュニアユース 2 - 1 FC東京U-15むさし
得点者 浦和:野崎×2  むさし:白崎
(2008.8.14 14:00~ Jヴィレッジ ピッチ3)

Img_2086

両チームとも力のこもった好ゲームでした。
浦和、むさしともに力の差は無かったように思います。
勝負を分けたのは野崎の一瞬の判断(センス)でした。

試合終了するのを我慢していかのように雨が降り始めました。
まるで敗退したチームたちの涙雨のよう。

これで次はJヴィレッジスタジアムで準決勝です。
相手は名古屋グランパス。現場のあちこちで、「強い」という声を聞きます。
残念ながら土曜日は仕事のため行けませんが、速報を確認しながら吉報を待ちます。
もし勝てば日曜は、、行きたいですね。

帰りの常磐道はヒドイものでした。
いわきから柏まで雷鳴りっぱなし。
運転中のフロントガラスに稲妻が見える(それも10本以上も)のはあまり精神衛生上良くないですね。。
まるで戦争でも起こってるのかと思うほどの光景。
通常なら2時間強で帰れるところが結局4時間かかってしまった。。

|

« U-15クラセン浦和-神戸(写真) | トップページ | U-15クラセン浦和-FC東京むさし(写真) »

浦和レッズ」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

ジュニアユース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本クラブユースサッカー選手権U-15 浦和 対 FC東京U-15むさし:

« U-15クラセン浦和-神戸(写真) | トップページ | U-15クラセン浦和-FC東京むさし(写真) »