« 2008/07/30 | トップページ | 2008/08/14 »

日本クラブユースサッカー選手権U-15 浦和 対 神戸

U-15クラブユース選手権を観にJヴィレッジまでやってきました。

レッズはグループDを2勝1分の1位で突破。
今日は決勝トーナメント一回戦、ベスト16の戦いです。
相手はグループC2位のヴィッセル神戸。
レッズはこの前の関西遠征で対戦し、その時は2-2の引き分けでした。
今日の試合は14時開始の第二試合。
お盆帰省の渋滞を考慮して午前7時に出発。
これならいくら渋滞しても14時には着くだろう。
第一試合も見れるかな?と思っていたら常磐道は案の定渋滞。
ギリギリの11時着でした。

第一試合はガンバ大阪対コンサドーレ札幌を観戦。

【ガンバ大阪】                  【コンサドーレ札幌】
      08徳永 09小谷                  22下田 09近藤
   14島田      19岸谷             14神田      12小山内
      05山千代 10三根                  23堀米 06高木
06西野拓 04山田 03西野貴 02花木       03和田 05永井 04松浦 02坂本
                    01田尻                       01伊藤

試合は個々の技量に勝るガンバがポゼッションで攻めるのに対し、札幌はカウンターで応戦。開始10分でショートコーナーから札幌14神田が先制するとその傾向はさらに顕著になっていく。

ガンバは前半24分、ショートカウンターから右サイドを抜け出し中央へ折り返す。
戻りきれないDFを尻目に09小谷が難なく押し込み1-1の同点。

しかし札幌も今日抜群の決定力を発揮した14神田が左サイドで粘ってキープした22下田の折り返しを蹴り込んで2-1と勝ち越し。

後半に入ってガンバは交代出場の07岡本からリズムが生まれ出す。
そして11分、ガンバは同じく交代出場の11西田がスルーパスを受けてゴールを決めて同点に追いつくと、さらに27分、自陣からの浮き玉のスルーパスに抜け出た09小谷が中途半端に出たGKの上を抜くループシュートで3-2と勝ち越し。

結局3-2でガンバ大阪がコンサドーレ札幌に勝利した。
ガンバはジュニアユースの王道のようなサッカーだった。
組織的な動きはほどほどに、個を活かしてサイドからの仕掛け、中央からのワンツーなど多彩な崩しを見せたが、攻めが狭くなるため潰されることも多い。

対してコンサドーレ札幌はカウンター主体ながらも良い戦いをしていた。
チーム全体を通してパスコースを作る動き、追い越す動きなどが徹底されていて、プレスを受けても慌てずに繋いでゴール前までボールを運び、得点シーン以外にも何度か決定的なチャンスを作り出していた。これを決めていたら試合は分らなかった。ただ、動き方が徹底されていた為か、負けていて残り5分なのに同じように繋ごうとして時間を食っていたのは残念。試合状況に応じて戦い方を変えても良いのでは?と思った。

さあ、第二試合です。

続きを読む "日本クラブユースサッカー選手権U-15 浦和 対 神戸"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008/07/30 | トップページ | 2008/08/14 »