« 2007/12/10 | トップページ | 2007/12/24 »

高円宮杯 第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会R16

『タカマド』を見にひたちなかへ行ってきました。

浦和レッズユースは予選グループFを首位で通過。この日のラウンド16はグループE2位通過の名古屋グランパスエイトU15と対戦です。

と、その前に第一試合の柏レイソルU15対FC東京U15深川の対戦を。

4-2-3-1の柏に対しボックス型4-4-2のFC東京
試合は序盤から動き出す。

開始1分。柏はカウンターからスルーパスに反応した07鳥山が右サイドを突破。
そこからシュート性のクロスを放つとファーサイドで09熊谷が詰めて柏が先制。

26分。柏は左サイドからの直接FKを19仲間が右足で直接決めて2-0。
ゴール前に合わせるようなボールだったが誰も触れず、GKも触れず。

30分。柏の3点目。中央から19仲間が左へスルーパス。反応した14山嵜が抜け出し、中へ切り込み右足シュートが決まった。3-0。

FC東京の反撃は前半34分。
左サイドを突破した04飯田がクロス。中央で跳ね返されるがこぼれに反応した07上杉が左足で決めた。3-1。

後半。

07分。FC東京の直接FK。30mくらいあったが、13武藤が右足を振りぬくとワンバンドしてゴールに突き刺さった。3-2。

試合がわからなくなってきた。

29分。ついに同点に追いつく。
FC東京は左からアーリークロス。中央飛び込んだ14長谷川が押し込んだ。

勢いの止まらないFC東京は後半ロスタイム。
左サイドを14長谷川が崩して中央へマイナス。これを13武藤が押し込んだ。

柏にとってはまさかの展開だったが、ジュニアユース年代はどのチームも守備が不安定な面がある為、勢い、流れといったもので短時間にいくらでも点が入ってしまう試合がある。この試合はそんな試合だった。とはいえ両チーム熱のこもったナイスゲームでした。

さあ、第二試合「浦和レッズユース 対 名古屋グランパスエイトU-15」です!

続きを読む "高円宮杯 第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会R16"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007/12/10 | トップページ | 2007/12/24 »