« 2007/09/11 | トップページ | 2007/09/16 »

高円宮杯 第18回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会二日目

高円宮杯の二日目です。
初戦引き分けスタートの浦和レッズユース、グループリーグ突破するにはこの試合是が非でも勝ち点3が欲しい。
初戦を戦った先週もそうだったが、今日も残暑の残る厳しい暑さの中での試合となった。

(浦和ユース)                 (青森山田高校)
  14原口  11林  18高橋        
     14岩崎  10佐々木
     17田仲  10鈴木            08高橋        11森田
        06矢部                   05小竹  20柴崎
 13永田 20菅井 03山地 21池田     03三浦 04大久保 06鎌戸 02藤本
        01柴田                                           01吉田

浦和は主力の山田直輝、浜田水輝、宮川貴司が出ていない。負傷明けの菅井をセンターバックで先発起用してきた。

前半風上は青森山田高校。
その風に乗せて序盤から勢いよく浦和ユース陣内へ攻め込んでくる。

02分、中盤で10鈴木がボールロスト。青森山田のカウンターから左サイド08高橋へスルーパスが通りそのままシュート。これはゴール右へ外れる。

07分、青森山田はショートコーナーからワンタッチずらしたトリックプレーから11森田がシュート。ボールはサイドネットに。

浦和はいつも序盤ペースを握るまでに時間がかかる。しかしその時間帯を踏ん張りきると次第に盛り返していくのもいつもと同じ。

09分、浦和は中盤で相手ボールを奪ってカウンター。これを青森のセンターバック04大久保がファウルで潰しレフェリーから注意を受ける。

12分、ワンチャンスを浦和がものにする。
自陣ゴールキックを17田仲とディフェンダーが競り合う間に18高橋がディフェンスラインの裏に走りこむ。ディフェンダーに当たり裏に流れたボールを高橋が受けてそのまま持ち込み冷静に流し込み浦和が先制!

このシーン、ゴールキックから一気の流れで点が入ったが、ディフェンスと田仲の競り合いで田仲にボールが当たっていたら高橋はオフサイドだった。しかし結果はディフェンスだけが触ったためオフサイドにはならなかった。ゴールキックからのこぼれが裏に出ることを読んで先に動き出した高橋の読みの良さというかセンスが光ったシーンだった。

15分、青森山田は左FKのチャンス。中央での競り合いから流れたところを11森田に頭で狙われる。GK柴田も飛び出すが交錯しながらボールはゴールへ。あわや、のシーンだったがボールはゴール直撃。またキーパーチャージの判定で結局浦和のリスタートとなった。

18分、浦和は14原口が中央キープから右サイドへスルーパス。18高橋が走りこむが僅かに追いつかず。「峻希が追いつかないなら誰も追いつかねーな」試合を見ていた浦和ユースの選手からそんな言葉が聞こえてきた。

23分、浦和は中盤で相手ボールを奪った06矢部が攻め上がり、ワンツーで抜け出しエリア内へ侵入したところで倒されるがノーホイッスル。

25分、浦和は今度は10鈴木が中盤で相手ボールをカット。そのまま得意のミドルを放つがGKがキャッチ。

26分、青森山田は10佐々木が右サイドから中央へカットイン。そこから左サイドへ出たスルーパスに08高橋が走りこみ、切り返しで一人かわしシュート。ゴールへの軌道は見えていたはずだが、カバーに入った山地が体を投げ出してブロック。
ボールはこぼれ、再度青森山田がエリア内に持ち込もうとするところを浦和21池田がたまらずファウル。このプレーで池田に警告。

27分、先ほどのプレーで得た青森山田の左45度20mの直接FK。
10佐々木が右足で蹴ったボールは枠を捉えたがGK柴田が落ち着いてセーブ。

35分、浦和はカウンターから左サイド14原口が突破しCKを獲得。
そのコーナーキック、10鈴木が蹴ったボールをニアで合わせた03山地が叩き込み2対0とした。

このシーン、山地はボールが蹴られる前に一瞬引いて視界から消えて再度相手の前に飛び出してヘッドを合わせた。きれいなヘッドだった。

37分、青森山田は14岩崎が中央をドリブル突破。シュートモーションに入ったところに山地が飛び込みブロック。

40分、中央03山地からのフィードを一人スルーして裏に飛び出た11林がGKと1対1のチャンス。しかし最後のドリブルが長くなり相手GKにブロックされてしまう。

前半は浦和が2対0とリードして終了。
浦和の出来は決して良くなかったが、相手のやり方を見て慣れたころからは試合をコントロールし、少ないチャンスを(珍しく)モノにして効率よく得点を奪った。

後半、浦和は右サイドバック21池田に代えて02丸山を投入。
池田は前半から青森山田の08高橋の出入りを捉えきれず苦戦していて、丸山は前半からベンチ脇で用意していた。いつ交代してもおかしくない状況だった。

02分、浦和は右サイド交代出場の02丸山がオーバーラップ。クロスは惜しくも中と合わない。

07分、青森山田は浦和陣内右サイドからスローイン。エリア内でディフェンスを背負いながらキープした14岩崎が粘って反転シュートを狙う。これは03山地がブロック。

09分、浦和は右サイドの10鈴木からサイドチェンジ。左サイドで受けた14原口はドリブルで切り込みながら右足強シュートだがGK正面でセーブ。

10分、浦和は右サイドの02丸山がアーリークロス。これをエリア内で11林がGKと交錯し倒れてしまう。林はこのプレーの影響か17分に23岸と交代する。

12分、中盤で浦和18高橋が青森20柴崎に不用意にボールを奪われる。これを追いかけ柴崎を倒し、高橋に警告。

14分、青森山田は左サイドをオーバーラップした03三浦のクロスから中央で10佐々木がジャストヘッド。危ないシーンだったが浦和DF13永田が競り合いにいったこともあって枠に飛ばなかった。

18分、浦和はミスからピンチを招く。
ディフェンスライン左から右の03山地へのパスがずれる。自ゴールに向いた状態で受けた山地は08高橋にプレスを掛けられ無理な体勢からGKへバックパス。しかしこれが青森14岩崎に渡ってしまう。GKを十分引きつけた岩崎はフリーの高橋へ折り返す。高橋は無人のゴールに蹴り込むだけだったが、シュートはサイドネットにぶつけてしまった。
浦和としては助かったシーンだった。

25分、浦和は右サイドから02丸山が縦の10鈴木へスルーパス。抜け出た鈴木は一人交わしグラウンダーのクロス。合えば決定的だったが中と合わず。

27分、浦和は14原口が左から中へカットインしながら右足強シュート。しかしGK正面。

28分、浦和は右サイドから10鈴木が左前のスペースへ長い展開。これをエリア内で受けた18高橋がキープしながらクロスして中に入った14原口へ。原口の視界は開けていたが、シュートをゴール上にはずしてしまう。

30分、青森山田は右サイドを崩して中へクロス。中に二人、ファーに一人フリーな選手が。浦和は02丸山しかいなかったが、クロスはその丸山のところに来て助かった。

35分、浦和の3点目。
左サイドでのスローインからワンツーで抜け出した18高橋。エリア内へ侵入したところを青森ディフェンダーに倒されPK獲得。これを10鈴木が落ち着いて決めて3対0とした。

37分、浦和は右に出た原口が交代出場の阪野へスルーパス。通れば1点のシーンだったが惜しくもGKが先に飛び込みキャッチ。

44分、青森山田は右サイド22交代出場の天内がアーリークロス。中で14岩崎が詰めるもオフサイドの判定。

45分、浦和ディフェンスラインで03山地がミスからボールロスト。青森山田に右へ展開され10佐々木がGKと1対1のチャンス。しかしGK柴田が鋭い出足で飛び出しシュートコースを潰しこれをブロック。

このまま試合は3対0のまま終了し、浦和レッズユースは勝ち点を4に伸ばした。

高円宮杯全日本ユースサッカー選手権グループB
浦和レッズユース 3 - 0 青森山田高校

浦和は点差ほど楽な試合ではなかった。
中盤で山田直輝がいないのも大きかっただろう。
展開としては青森山田のチャンスも多く、浦和のディフェンダーが最終ラインで体を張ったディフェンスでなんとか凌いだ感じだった。
ただ、守るときはガッチリ守り、攻めるときはしっかり攻めきって点を取るというサッカーが出来てきたので、ここへ来て安定した試合運びが出来ているように思う。
またここ数試合4バックでシステムを固定しているのも相手のサイド攻撃を抑える一因になっている気がする。

対する青森山田だが、印象としては初戦見たときと同じく2トップと攻撃的MF2枚の4人がスピードを生かしてサイドから崩していくサッカーだった。
個々の個人技、スピードはレベルの高いものがあったが、対処不能な(例えばヴェルディの河野などの)スピードではなかったので、スピード系が苦手な浦和だが守り切ることができた。

これで勝ち点4とした浦和だが、第2試合で静岡学園が勝ったため、両チームが勝ち点4の得失点でも並び同率1位となった。ぜひグループ最終戦の星稜高校戦も勝って1位でグループ突破したいところだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007/09/11 | トップページ | 2007/09/16 »