« プリンスリーグ写真(第5節) | トップページ | 関東ユース(U15)リーグ 写真 »

関東ユース(U15)リーグ レッズ対ヴェルディ

この日はプリンスリーグと草サッカーの時間が被ってしまったためプリンスは断念。
代わりに午前中レッズランドへ行ってきました。

レッズジュニアユース 0-1 ヴェルディジュニアユース

【レッズ】
    12鈴木大 11清水
09広瀬 08若井 10磯部 07矢島倫
05西山 06岡本 04町山 03石田
       01中島

【ヴェルディ】
  21 09 05
 13  08  10
 06 03 04 17
    16

今年から始まった関東U15リーグは、12チームを二つに分けそれぞれ上位3チーム
が上位リーグに、下位3チームが下位リーグに回る仕組みになっています。
ヴェルディはグループ1位ですでに上位リーグ進出を決めている。
対するレッズはこの試合前では2位だが、3,4位が真後ろにつけていて
負けると苦しい状況。

試合は立ち上がりからヴェルディが優勢に進めます。
こ気味良いパスワークと個人技、またサイドをうまく使い度々レッズの
ゴールを脅かします。
レッズは相手のプレスに中盤でパスがつなげずロングボールが多くなる
苦しい展開。
そんな中の前半11分、ヴェルディは中央から右サイドに揺さぶり
09番が上げたクロスおファーで21番がヘッドで押し込み先制します。

いきなり失点してしまったレッズはその後もなんとか守りながら
30分すぎからペースを掴みはじめ、磯部、鈴木大、磯部とシュートチャンス
を作るが得点は奪えず。そのまま0-1で前半終了。

後半に入るとヴェルディが次々に選手を代えたこともあり
レッズも互角にパスが回せるようになる。
いくつか惜しいチャンスはあったが、大きなチャンスは12分。
フリーキックからGKと競ったこぼれを清水が至近距離からシュート。
GKがなんとか弾くがボールはゴール方向へ。そのまま行けばゴール
だったがカバーに入ったディフェンダーにクリアされてしまった。
またセンターバックの岡本がパスカットから攻め上がり、パスリターンを
受けてシュートまで持ち込む場面もあったがこれは弱くGKがキャッチ。

レッズは矢島慎、宮野、皆川を投入するが結局1点が奪えずタイムアップ。
最終節は0-1の敗戦となりました。

結果としてレッズは勝ち点7得失点0、マリノス新子安が川崎を破って勝ち点9の2位、
ジェフ習志野はレッズと同じ勝ち点7としたが得失点差でレッズが1上回り
辛うじて3位で上位リーグに進むことができた。

今期のレッズジュニアユースU15チームを初めて見たわけですが
去年同様ロングボールが多い印象。
これは相手が全国トップレベルのヴェルディ相手だということも考えないといけないかな。
ただ前線にいくと磯部を中心に細かいパスワークで崩す意図が見られ
なかなか面白い攻撃も見られました。
1点負けている状況なので元FWの町山を前線に上げてパワープレーをするかなと
思っていたが結局上げることはなかった。
前線の高さ強さという面ではちょっと物足りなさが残ったかな。
ディフェンスラインからのビルドアップがもうちょっと上手くなっていけば
今年も面白いところまで行けるのではないでしょうか。

|

« プリンスリーグ写真(第5節) | トップページ | 関東ユース(U15)リーグ 写真 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関東ユース(U15)リーグ レッズ対ヴェルディ:

« プリンスリーグ写真(第5節) | トップページ | 関東ユース(U15)リーグ 写真 »