« 2007 群馬チャレンジカップU-13 最終日 | トップページ | プリンスリーグU18関東2007日程 »

高校サッカー第28回浦和カップ

先日浦和カップに行って来ました。
浦和レッズユースは、順調に1位トーナメントへ進出しましたが、1位トーナメント2戦目
の市立浦和戦で引き分け(雷雨で前半のみ)てしまった為、最終日は3位決定戦へ
まわり大宮アルディージャユースと対戦しました。

第28回浦和カップ3位決定戦
浦和レッズユース 1-0 大宮アルディ2007_018ージャユース

【スタメン】
  19大野 25武富 24阪野
  12池西 17福島 11岡田
       29石沢
  23今野 04長谷川 30大里
       22中村

【交代】
ハーフタイム 11岡田 → 03利根川
ハーフタイム 19大野 → 07葺本
後半05分   17福島 → 02加瀬
後半24分   03利根川 → 08森田
後半30分   25武富 → 10小峰

【得点】
後半23分 1-0 (阪野) 右サイドFK石沢→混戦→阪野シュート

【雑感】 

控え選手主体の所謂Bチームで望んだレッズと、ほぼフルメンバーのアルディージャ。
試合は70分通して最初から最後までアルディージャ優位に進んだ。
アルディージャはトップチーム同様442のスタイルから両サイドを上手く使って
クロスを上げてくるが、中が合わなかったりシュートが枠を逸れたりと、攻め込む
割には得点にならない。
レッズは1年生中心の守備ながら、体を張った集中した守備で決定的な穴を作らない。
ただ攻めに関してはフィジカル的な問題と、チームとしてのコンビネーションの無さ
から中々効果的な攻撃には至らない。
それでも後半になるとフィジカル負けしない阪野や、トップ下にポジションを移した
石沢を中心として次第に形が出来てくる。
そんな中、右サイド深い位置からの石沢のFK。ストレートボールで放たれたキックは
一旦中央で弾かれるが、混戦からこぼれ球を阪野が蹴り込みレッズが先制に成功!

先制したとはいえ、依然としてアルディージャが攻め込む形は変わらず、
寧ろ焦ったアルディージャがパワープレー的にロングボールを放り込む展開となり
レッズはますます押し込まれていく。
その後アルディージャの決定機も数多くあったが、GK中村のファインセーブ連発で
得点を許さず、Bチームで見事にアルディージャAチームを完封してみせた。

この結果レッズは3位となり、好調を維持したまま週末のプリンスリーグへと
向かい、いよいよ2007シーズンが開幕する。

2007_023

2007_024 2007_047

 
 

 

 

 

 

 

 
おまけ(レッズユース対市立浦和戦写真)

2007_002_1 2007_005 2007_006

|

« 2007 群馬チャレンジカップU-13 最終日 | トップページ | プリンスリーグU18関東2007日程 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高校サッカー第28回浦和カップ:

« 2007 群馬チャレンジカップU-13 最終日 | トップページ | プリンスリーグU18関東2007日程 »