« 第85回全国高校サッカー選手権2回戦 武南 対 滝川第二 | トップページ | 第85回全国高校サッカー選手権3回戦 武南 対 盛岡商業 »

第85回全国高校サッカー選手権2回戦 境 対 帝京第三

第二試合。境 対 帝京第三。

3-4-3の境と4-5-1の帝京第三。

境は3トップに後方からロングボールを当てて、前3人の能力で勝負していく感じ。
ロングボールの質が低いのであまり有効な攻撃は見られないが、前3人は
力強いのでフィフティボールも結構キープしてチャンスまでもって行く。
特に10番の丸谷は2年生ながら体の使い方が上手く、両チーム合わせても
ひとりレベルが抜けていた。来年が楽しみな一人だ。

帝京第三は9番平井と10番吉川の縦2トップの能力が高く、そこを起点にして
攻撃をしたいのだが中盤の守備があまくボール奪取できないため低い位置
からの攻撃となり前線まで有効的にボールを運ぶことができない。
その中でも左サイドの8番木下はなかなかテクニックがあって気の効いたプレーを
見せていたのだが、いかんせんボールに絡む回数が少ないのでジレッタイ。
あとGKの12番金井も良い選手だった。173センチと小柄なGKながら
セービング、飛び出しとも基礎が良くできていて、2度ほどロングシュートを
ファインセーブで防いで見せるなど高さも苦にしていなかった。

1試合目と比べると両チームとも攻守の切り替えが遅く、可能性の低い攻撃に
終始していたためハーフタイムで帰ろうかと思っていました。
でも後半まで見ていて良かった。
唯一の得点である素晴らしいフリーキックを見ることができたから。
右45度で距離は25mほど。直接狙うのに丁度良い距離。
キッカーは境4番の濱田。3バックのセンターを守っている選手だ。
彼の左足から放たれたシュートは十分なスピードで壁を越し、バーを叩きつつ
ゴールに吸い込まれた。

このまま1対0で境が危なげなく勝利し、3回戦の広島皆実戦に進出したわけで
また明日駒場で境の試合を観戦することになるようだ。
境のようなチームは雑なんだけど、やることが選手間で決まっているから
はまると波に乗って良いとこまで行くかもしれない。

P1010017 P1010018

|

« 第85回全国高校サッカー選手権2回戦 武南 対 滝川第二 | トップページ | 第85回全国高校サッカー選手権3回戦 武南 対 盛岡商業 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第85回全国高校サッカー選手権2回戦 境 対 帝京第三:

« 第85回全国高校サッカー選手権2回戦 武南 対 滝川第二 | トップページ | 第85回全国高校サッカー選手権3回戦 武南 対 盛岡商業 »