« 第85回全国高校サッカー選手権1回戦 武南 対 四日市中央工業 | トップページ | 第85回全国高校サッカー選手権2回戦 境 対 帝京第三 »

第85回全国高校サッカー選手権2回戦 武南 対 滝川第二

武南高校、今日の相手は高円宮杯優勝チームの滝川第二高校。
10番の橘が骨折で欠場だが金崎、大塚の中盤は全国屈指のレベル。
武南の中盤がどれだけ頑張れるかが試合の鍵だと思って見ていました。

序盤は武南が得意のパスワークで中盤からチャンスを築いていくが
決定機をものにできず、18分にディフェンスの要の幸田が怪我の治療で
フィールドプレーヤーが9人になったところから滝二ペースに。
この危険な時間帯を集中して守り前半はスコアレスで終了。
後半は中盤の素早いチェックから松永がキープ、バイタルに侵入した
田中直がパスを受けてそのまま右45度から流し込んで先制!
さらにFKを苗代が巻いて蹴ったボールは大きな放物線を描いてそのまま
サイドネットに吸い込まれた!2-0。
終盤、CKから1点を返されたものの、逆にCKから松永がヘッドで取り返し3-1。

要所で得点を重ねた武南が充実の内容で3-1と快勝!
3回戦の明日は駒場スタジアムで盛岡商業と対戦します。

              

P1010002 P1010003_1 P1010007_1 P1010008 P1010011

 

 
 
 
 

  

 
 
 
 
 
滝二はさすがにチームとしての圧力がすばらしく、武南も押し込まれる時間が
長く、戦前の想像どおり厳しい戦いとなった。
ただ滝二の前線はあまり破壊力を感じなかった。
どこからでも打ってくるミドルと多田の左足に気をつけておけば大量失点はないなと見ていた。

武南は滝二相手でもパスを繋いでチャンスを作れることが自信になっただろう。
ただ連戦の疲労と、四中工、滝二を相手してきた後の盛岡商業に対する油断
が不安だ。
明日は駒場へ馳せ参じます。

|

« 第85回全国高校サッカー選手権1回戦 武南 対 四日市中央工業 | トップページ | 第85回全国高校サッカー選手権2回戦 境 対 帝京第三 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第85回全国高校サッカー選手権2回戦 武南 対 滝川第二:

« 第85回全国高校サッカー選手権1回戦 武南 対 四日市中央工業 | トップページ | 第85回全国高校サッカー選手権2回戦 境 対 帝京第三 »