« U-16日本代表候補トレーニングマッチ(写真) | トップページ | 第85回全国高校サッカー選手権2回戦 武南 対 滝川第二 »

第85回全国高校サッカー選手権1回戦 武南 対 四日市中央工業

埼玉県代表の武南高校の1回戦を観に行って来た。
1-0で武南が勝って2回戦に駒を進めた。
2回戦の相手は高円宮杯を制した滝川二高。またしても難敵だ。

_p1010001 _p1010007 _p1010009 _p1010013_2

 
 
 

 

 

 
 
 
 
 

試合は前半圧倒した武南が先制したが後半失速し四中工に攻め込まれるシーンが
増えたが最後まで集中した守備で失点を許さなかった武南が接戦を制した。

前半を見る限り武南と四中工には力の差があったように見えたが結果は1-0の接戦。
ちょっと展開が違えば同点、PK戦ということも大いに有り得た。

後半四中工に押し込まれた理由はいくつかあるだろう。
ひとつに前半の手応え。
あれだけ前半押し込んで先制すれば、選手達のどこかに「こんなものか」と
慢心が生まれるだろう。そこへ後半四中工が攻撃に比重をかけてきたことで
ギャップが生じ、「アレ?」と思ったころには修正が利かなくなった。
四中工側からしてみれば前評判の高い武南を相手に前半は守って同点、もしくは
最小失点に抑えて後半勝負に出ようというゲームプランであったなら、ある程度
ゲームプラン通りに試合を進めたことになる。
まあ1回戦は重圧から足が止まってしまうのも仕方がないことか。

もうひとつが決定力不足。
これは別に武南に限ったことではなくて、多くのチームが抱えている深刻な問題だ。
今日で言えば10番の苗代にその問題が顕著だった。
彼はスピードに乗ったドリブルで相手を切り裂くアタッカーだが、今日は3度の
決定機に決められなかった。またドリブルが上手いだけに、周りにフリーの味方が
いるにも関らずドリブルで突っかけてロストするシーンも目立った。
ドリブルとパス、シュートの判断、そして決定力。
2回戦以降は苗代の活躍が上位進出の鍵を握ると思っている。

|

« U-16日本代表候補トレーニングマッチ(写真) | トップページ | 第85回全国高校サッカー選手権2回戦 武南 対 滝川第二 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第85回全国高校サッカー選手権1回戦 武南 対 四日市中央工業:

» 本当に良かった・・・ 武南まずは難関突破! 〜全国高校サッカー選手権一回戦 [追っかけタイ!]
少し冷たい風が吹くが、快晴の埼玉スタジアム。 因縁の相手、四中工との一戦はサッカーファン注目のカード。 武南にとってホーム埼スタでは、絶対に負けられない大事な大事な初戦。 大晦日にかかわらず、たくさんの武南ファンが埼スタに足を運んでくれました。 主審は、今年のたかまど準決勝で笛を吹いた唐紙さんですか。 是非とも今日は、あなたがこの試合で主役にならない事を心よりお祈りします。 日時:平成18年12月31日... [続きを読む]

受信: 2006/12/31 23:13

» 高校サッカー 盛岡商が初優勝 [秘伝!夢のネット生活♪]
実はわたし、高校の時、サッカー部のマネージャーだったんです。なつかしいなぁ。それで毎年、高校サッカーは観ています。第85回全国高校サッカー選手権が東京・国立競技場で決勝戦が行われ、盛岡商(岩手)が作陽(岡山)を2-1で破り、初優勝を飾りました...... [続きを読む]

受信: 2007/01/08 19:04

» youtube中村俊輔 動画 [youtube動画WEB]
youtubeで中村俊輔の動画を紹介しています 中村 俊輔(なかむら しゅんすけ... [続きを読む]

受信: 2007/01/13 04:02

« U-16日本代表候補トレーニングマッチ(写真) | トップページ | 第85回全国高校サッカー選手権2回戦 武南 対 滝川第二 »