« 2006/12/19 | トップページ | 2007/01/02 »

第85回全国高校サッカー選手権1回戦 武南 対 四日市中央工業

埼玉県代表の武南高校の1回戦を観に行って来た。
1-0で武南が勝って2回戦に駒を進めた。
2回戦の相手は高円宮杯を制した滝川二高。またしても難敵だ。

_p1010001 _p1010007 _p1010009 _p1010013_2

 
 
 

 

 

 
 
 
 
 

試合は前半圧倒した武南が先制したが後半失速し四中工に攻め込まれるシーンが
増えたが最後まで集中した守備で失点を許さなかった武南が接戦を制した。

前半を見る限り武南と四中工には力の差があったように見えたが結果は1-0の接戦。
ちょっと展開が違えば同点、PK戦ということも大いに有り得た。

後半四中工に押し込まれた理由はいくつかあるだろう。
ひとつに前半の手応え。
あれだけ前半押し込んで先制すれば、選手達のどこかに「こんなものか」と
慢心が生まれるだろう。そこへ後半四中工が攻撃に比重をかけてきたことで
ギャップが生じ、「アレ?」と思ったころには修正が利かなくなった。
四中工側からしてみれば前評判の高い武南を相手に前半は守って同点、もしくは
最小失点に抑えて後半勝負に出ようというゲームプランであったなら、ある程度
ゲームプラン通りに試合を進めたことになる。
まあ1回戦は重圧から足が止まってしまうのも仕方がないことか。

もうひとつが決定力不足。
これは別に武南に限ったことではなくて、多くのチームが抱えている深刻な問題だ。
今日で言えば10番の苗代にその問題が顕著だった。
彼はスピードに乗ったドリブルで相手を切り裂くアタッカーだが、今日は3度の
決定機に決められなかった。またドリブルが上手いだけに、周りにフリーの味方が
いるにも関らずドリブルで突っかけてロストするシーンも目立った。
ドリブルとパス、シュートの判断、そして決定力。
2回戦以降は苗代の活躍が上位進出の鍵を握ると思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2006/12/19 | トップページ | 2007/01/02 »