« サッカーU-21日本代表 対 U-21中国代表 | トップページ | Jユースカップ予選 レッズユース対FC東京U18 »

高円宮杯U15関東予選 対湘南ベルマーレJr.ユース

今日は草サッカーがないのでユースサッカー三昧計画。
日中は藤沢で高円宮関東予選、ベルマーレ戦。
夜は埼スタでJユースカップ予選のFC東京戦。

まず藤沢から。
第一試合の柏レイソル対フォルトゥナSC戦のハーフタイムに現地到着。
そのまま観戦。前半は1-1の同点の模様。
後半20分ごろにフォルトゥナがカウンターから見事なゴールで2-1と勝ち越し。
柏は押し込むものの全体的にミスが目立ち、チャンスをものにできない。
そのままフォルトゥナが勝つか、引き分けかと思われたが、終盤フォルトゥナの
足が止まったところを柏に突かれ、10番が2得点し逆転、さらに1点追加され4-2
でレイソルがフォルトゥナを突き放した。

そして第二試合。浦和レッズ対湘南ベルマーレ。

高円宮杯U15関東大会予選 
レッズJr.ユース 1-0 湘南ベルマーレJr.ユース
(2006/10/29 13:15 K.O. 神奈川県立体育センター球技場)
 P1010019_p1010002_1
 
 
 
 
 

【スタメン】 (浦和レッズ)                 (湘南ベルマーレ)
         14磯部  09葺本                03斉藤 09鶴見
     11池西  10石沢  12矢島         10桂川        18佐藤 
            18岡本                   06中沢 05新村
 05加瀬 04長谷川 03大里 02森田     07津田 04甲斐 02安藤 08岡崎
           01原                       01柳川

【交代】(レッズのみ)
後半12分 09葺本 → 07高瀬
【得点】
後半02分 1-0 葺本 右サイド石沢クロス→中央葺本ヘッド

【内容】
試合開始から浦和が攻め込む。
2分、矢島が突破からシュート。
8分、加瀬のパスから葺本がシュート。
14分、左サイド磯部の突破からサイドを抉りマイナスクロス。一旦クリアされるが
こぼれをミドルシュート。GKのファインセーブによりコーナーへ。
CKから葺本がシュートを狙うもGK正面。
15分、加瀬がミドルを狙うもGKがファインセーブでコーナーへ。
CKから大里がヘッドを狙うも枠外。
ここまでは一方的な浦和ペース。だが得点が奪えない。
18分湘南最初のチャンスは10番の意表を突いたミドルシュート。
風に乗ったシュートは枠ギリギリに飛ぶ。原が触ったか触らないか、ボールは
バーに当たって跳ね返り難を逃れた。
28分、岡本のスルーパスから池西が狙うも枠外。
32分湘南、ギャップから9番が抜け出し決定的なチャンス。しかしシュートは枠外。
36分さらに湘南。サイドからのクロスに中央フリーでヘッド。決定的だがこれも枠外。

後半。_p1010013
開始2分。矢島が中央に移動しながらドリブル突破開始。ペナ内で
潰され混戦になって一度はクリアされるが、拾いなおして右サイドへ
展開。石沢が一人抜いてクロス。
中央に待ち構えた葺本がヘッドで合わせ先制!
3分、CKから加瀬が抜け出しGKと1対1になるがシュートは角度がなく
GKに 防がれる。
4分、中央から池西のシュートは決定的だがGKがファインセーブ。
湘南は選手交代からシステムを3-5-2に変更。
13分、左サイド石沢が抜け出しシュートするもGKセーブ。
32分、岡本から磯部へフィード。GKと1対1でシュートを狙うがセーブされてしまう。
35分、矢島が右サイド突破。ゴールラインギリギリからマイナス、中央で合わせて
2点目かと思われたがその前にラインを割ったという判定でノーゴール。
36分湘南。右サイド突破からマイナスクロス。9番がシュート狙うも枠外。
37分、右サイド矢島のクロスから磯部がニアでヘッドを狙うがサイドネット。
40分以降、湘南がしゃにむに前に送り込んでくるボールを跳ね返しそのまま
1-0で試合終了。

試合は全体を通して70%くらいの支配率でレッズが優勢で、
決めるところを決めておけばもっと楽に勝てた試合だったが、結果として最後まで
気の抜けないゲームとなってしまった。
ただ今日負けたら予選敗退濃厚となっていただけに、勝利という結果が出て何よりか。
湘南はカウンター型というよりは比較的遅攻型のチームだっただけに、攻め込んだ
ときにカウンターの心配をあまりしなくて良いというのは楽だった。
今日の試合で目立った差は中盤や守備での競り合い、空中戦、攻から守への
切り替えといったところか。長谷川を筆頭に、大里、加瀬、岡本など、どの位置での
空中戦も全て勝っていた。また攻め込んで取られた後もファーストディフェンスが
早いために湘南に自由を与えなかった。

目に付いた選手。
長谷川・・・空中戦強すぎ。「オーライ」の掛け声とともに滞空時間の長いヘッドが飛んでくる。
石沢・・・トップ下ながら守備にも気を配る。攻めては持ち前の展開力と共に今日は
両サイドからの突破力も披露。原口、利根川といったところを欠いたなか攻撃を
リードしていた。
矢島・・・相変わらずの突破力。「矢島=ドリブル」という図式が成り立っているのか、
彼が持つと「ドリブル!」「突破しろ~!!」などの声が飛ぶ。しかしドリブルも凄いが
実はトラップも激ウマ。
葺本・・・夏より体が強くなってきた?高いボールを安易にヘッドせずに胸トラップで
キープできる回数が以前より増えてきた。独特のキープ力と得点力は流石。
池西・・・彼はプレー面よりもそのコーチングを褒めたい。味方を鼓舞するコーチング、
相手がシステムを変えたときに真っ先に周りに知らせたのも池西のコーチング
だった。審判のジャッジに不満が溜まる選手が多い中、彼は審判に対し紳士的な
対応で審判を味方につけようとしていた。実にクレバーな印象を受けた。

2試合を終え
・浦和レッズ    1勝1分 勝ち点4 得失点差+1
・柏レイソル    1勝1分 勝ち点4 得失点差+2
・湘南ベルマーレ 1勝1敗 勝ち点3 得失点差+1
・フォルトゥナSC    2敗 勝ち点0 得失点差-4
という結果P1010020になりました。

|

« サッカーU-21日本代表 対 U-21中国代表 | トップページ | Jユースカップ予選 レッズユース対FC東京U18 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高円宮杯U15関東予選 対湘南ベルマーレJr.ユース:

» サッカーの審判も大変だ^^; [どーでも動画【youtube】]
サッカーの審判の珍?プレー?ではないな^^; 審判さんも大変です。ガンバレ!審判!・・特に最後の倒れた人(涙 [続きを読む]

受信: 2006/11/14 19:34

« サッカーU-21日本代表 対 U-21中国代表 | トップページ | Jユースカップ予選 レッズユース対FC東京U18 »