« 東京都社会人サッカー連盟4部リーグ第5節 | トップページ | 柏レイソルU-14交流戦 »

MUSEいいね!

Black Holes and Revelations Music Black Holes and Revelations

アーティスト:Muse
販売元:Wea
発売日:2006/07/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

MUSEの4th「BLACK HOLES AND Reverlations」 ★★★★★(5段階)
7月のmyヘビロテアルバムです。
MUSEのアルバムは1stから買っていますが、今作も期待を裏切らない出来
となっています。
デビュー当初はRADIOHEADの後継者みたいないわれ方をしていましたが、
2ndあたりから様変わりして、あまり周りに似たバンドがいないオリジナリティ
溢れる楽曲性を披露するようになってきました。
MUSEの特徴はその楽曲の仰々しさが挙げられます。
2ndが特に顕著でロックオペラと形容されることも多かった。
3rdは2ndの仰々しさを維持しつつ、よりギターを前面に出して1曲1曲の
パワーを増してキラートラックの多い、ファンの間で最高傑作の呼び声高い
アルバムでした。

今作は3rdという傑作の後に出してくるアルバムだけにファンの期待も高く、
それだけに意見が肯定、否定で二極化しているようです。
自分的には「3rdを超えた!」と思ってます。
今までのアルバムはどれも素晴らしいものですが、曲調が重いところがあり
アルバム1枚を通して聴くとちょっと疲れるところがありましたが
4thは1曲ごとのバリエーションが豊富で飽きが来ない。
1枚通して聴けるアルバムはMUSEでは珍しい。
中でも4曲目の「MAP OF THE PLOBLEMATIQUE」は1番のお気に入り。
根底に流れるリズムが頭にこびりついて離れません。

仰々しさに荒々しさ、多種多様の楽器を使用して音楽性の幅が広がった今作
ですが、あえてマイナス点を探すとすれば、ゲームサウンド的な音作りが
各所にみられ、それが安っぽく聴こえるところくらいでしょうか。
とはいえ安っぽいというのもMUSEの特徴かもしれませんけど。
後から考えると4thアルバムが彼らの転機になった。そんなことが将来
言われるかもしれません。そんなアルバムだと思います。
現代のQUEENになれる唯一のバンド。個人的にはそう思っています。

|

« 東京都社会人サッカー連盟4部リーグ第5節 | トップページ | 柏レイソルU-14交流戦 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MUSEいいね!:

« 東京都社会人サッカー連盟4部リーグ第5節 | トップページ | 柏レイソルU-14交流戦 »