« 2006/06/11 | トップページ | 2006/06/17 »

オーストラリア戦に思う

緒戦、負けちゃいましたね~。

試合内容についてはいろんな所でいろんな方がいろんな事を書いている
ことでしょう。そんな流れに乗ってオレも書いちゃおっかな。

試合は総じてオーストラリアの方が優勢で、展開を無視して内容と結果だけを
見ればオーストラリアの勝利は、ギド風に言えば「妥当」だったと思います。
日本は前半からオーストラリアの圧力、特にビドゥカのパワーに押され
受身にまわっていました。ビドゥカはワシントンに似た良い選手ですね。

中村俊輔のラッキーな得点は後半の両チームの戦い方に微妙な影を落としました。
1点を守りきるには長すぎる残り時間。よく1点リードしているチームが前半を終えて
後半に入る際に「0-0だと思って戦え」と指示されることがあります。
しかしこの試合、ジーコ監督は「1点リードしているチームの戦い方をしろ」という
指示を出しています。
実際の指示がこれと全く同じニュアンスで発しられたかは分かりませんが、
もしこういう指示がホントに出ていたのなら、あまりにも中途半端な指示だった
といわざるを得ません。
一方、オーストラリアは1点ビハインドな状況なわけで、当然指示は
「点を取りに行け」です。
ヒディンク監督の指示は的確で、選手交代もその指示を意識したとおり攻撃選手
を投入し、自然とチームには一貫した方向性が生まれます。

ところでこの試合、気温が30度を超え、後半スタミナが切れたほうが負ける、
で、スタミナ面では日本がオーストラリアを上回っているから勝てる。といった
論調がテレビなどのマスコミでは盛んに発しられていました。
確かに単純に持久力だけを切り取って見ればオーストラリアより日本の方が
上回っているかもしれません。
しかし、チームとしてのスタミナは単純に選手の持っているスタミナの総和
ではないのです。
スタミナは試合展開、選手の意識、精神力といった下地の上にあるもの
ということをわかっていないマスコミが多いことにビックリしました。

後半、攻めるしかないオーストラリアに対し、守るとも攻めるともつかない日本。
選手の意識に統一性があるチームと無いチームでは意識レベルが違います。
また、後半39分に同点に追いつかれた日本は精神的にもスタミナが切れました。
果たして戦前に、スタミナに勝る日本が有利だという論理はなんだったのでしょう。

こうした試合のあらゆる状況に対し、常に自チームを相手チームより有利な
状況(肉体的にも、精神的にも)に作り上げる、または誘導するのが監督の
仕事だと、個人的には思っています。
その為の戦術があり、交代があり、指示があり、システムがあるのではないでしょうか。
後半~分で同点の場合は?1点勝っている場合は?負けている場合は?
それぞれの場面において的確な采配ができること、それを実践できるだけの
指導を練習の時から行うこと。これができる人が良い監督ではないでしょうか。

戦術的交代の1枚をなぜか小野に費やし、(決して小野が悪いわけではありません)
逆転されてから慌てて大黒を投入したジーコ監督
後半早い時間から攻撃的選手を次々投入してきたヒディンク監督。
どちらが流れを引き寄せたかは素人にも一目瞭然の試合でした。
たとえ違う試合展開になっていたとしても結果は違いは無かったようにも思えます。

ジーコの責任、監督として選んだ、そして代えなかった協会の責任はとてつもなく重い。
いや、まだ2試合残っているのですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006/06/11 | トップページ | 2006/06/17 »