« 2006/06/09 | トップページ | 2006/06/11 »

ワールドカップ(1日目)

メモ程度に簡単に雑感を書いておこう。

【ドイツ4-2コスタリカ】
典型的な欧州VS南米(じゃないけど)の試合。
442でピッチ全体にバランス良く選手を配置してサイドを大きく使って攻めるドイツ。
352というか5バック気味にリトリートしゴール前を固め、奪ったら中央から細かく
パス交換しながら攻めるコスタリカ。
ドイツは攻めは良いけど守りがショボイ。大柄なDFはスピードに対応できないから
ラインを高めに設定して裏への対応は全てオフサイドトラップで切る。
だけどオフサイドトラップで全て防ぎきれるほどコスタリカも甘くないし、
ましてや日本にさえやられるレベルのラインディフェンス。2失点は織り込み済みか。

コスタリカは狙い通りだろうけど、失点時間が早すぎたのと奪った後に速い攻撃
が見せられなかったので勝ちきるまでは至らなかった。あれで快速FWとかいたら
勝ち負けまで行ったかもしれないのに。
ただ2列目がバイタルで前向けたら勝負になる。アイデアと連携がある。

【ポーランド0-2エクアドル】
これまた典型的な欧州VS南米な試合。
眠くてボケーっと観てたけど、負けたポーランドも悪くない。
後半ポスト、バーに当てたシュートもあったし、オフサイドの判定も紙一重、
ポーランドのオフサイドは流してもおかしくなかったし、逆にエクアドルの2点目は
オフサイドでもおかしくなかったし。そういう意味ではポーランドは決して悲観する
必要は無いと思う。でも試合後のポーランドサポの落胆は凄かったな。
多分試合開始前は「エクアドル?何それ?」だったんだろうな。

エクアドルは正直カビエデス目当てだったけど後半途中出場。残念。しかも重い。
最後はアシストしたけど。抜群に重い!w
ペルージャ時代ってあんなんだったっけ?
テノリオ、デルガドと前線にはそこそこタレントがいる感じ。
しかも南米のチームはどこもそうだけどかなり試合巧者だよね。
一瞬の隙を突くのが上手い。
総合力ではヨーロッパの国の方が上っぽいんだけど、結果は南米が勝つ。みたいな。

さて、そろそろイングランド対パラグアイが始まる時間だ。
イングランドはパラグアイのしたたかさに打ち勝てるだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006/06/09 | トップページ | 2006/06/11 »