« 2006/05/29 | トップページ | 2006/06/07 »

JCY(U18)関東2次 対ヴァンフォーレ甲府ユース

草サッカーが終了したのが13時。
レッズユースの関東2次リーグを観たいのだが、レッズランド14時キックオフって
1時間しかないじゃん。
藤代から浦和までどう考えても1時間じゃ無理だよな。折れそうな心を奮い立たせ
後半だけでもいいやと思うことにして向かいましたよ、レッズランドへ。
結果として、始点と終点が高速インター近くにあるのが幸いしました。
13:10に藤代グラウンドを出て、13:30に谷和原IC着、13:40外環、13:50南浦和IC
14:10レッズランド着。なんとほぼ1時間で到着してしまいました。
300円払って南浦和ICまで乗った甲斐があったよ。

試合は始まって10分くらい経ってましたが0-0のようでした。

浦和レッズユース 4 - 0 ヴァンフォーレ甲府ユース

【先発】
   7蛯原  9鈴木竜
     10佐藤謙
 20矢部     13中山透
      8金生谷
19高橋大3金子23菅井4丸山
      1大谷

【交代】
後半 0分  23菅井  → 24山田直
後半18分  9鈴木竜  → 21原口
後半27分  7蛯原   → 30宮川
後半37分  20矢部  → 17三森

【得点】
前半44分 1-0 佐藤謙
後半15分 2-0 佐藤謙
後半19分 3-0 蛯原
後半24分 4-0 山田直

【感想】
あまりにも疲れていたので前半は何も考えずボケーっと観てました。
レッズは昨日今日連戦ということを考慮したのか中山透や矢部が出ていた。
中山は前半はまわりとあまり合っていない印象だったが後半は得意のドリブルが
冴えて右サイドを度々突破してチャンスを量産していた。
甲府は正直あまり印象に残らなかった。GKは良かったな。
前半はチャンス作っても後一歩でセーブされたりDFにクリアされたりで得点できず。
このまま終了かと思われた44分、右サイドを蛯原が突破してグラウンダーの折り返し
を佐藤が冷静にシュート。右ポストに当たって跳ね返りがそのままゴールイン。
この先制は大きかったね。

実は前半終了間際に菅井が相手と競ったあとに変な形で腕を突いてしまい交代
しました。ガチガチに固めて親御さんの車で病院へ直行。骨折レベルの怪我らしい。
そして代わりに入ったのがU16遠征帰りの山田直輝。
疲れ知らずの運動量で今日も魅せてくれました。
また後半途中で竜基に代わって原口が登場。なぜ原口がいるの?
U15の関クラまで時間があったからなのかな。ちょっとしたサプライズでした。
原口はそのままFWに入ったけど周りにちょっと遠慮してた感じ。
得意の左サイドから抉ってくるドリブルは2度ほど見られたけどシュートは2本とも
ゴールならず(1度目は蹴りそこないでGKセーブ、2度目はGK交わして打つも
ゴール内でDFにクリアされる)。
フィジカルはこの年代の中でも違和感無かったかな。

2点目は右を突破した中山から謙介へスルーパス、抜け出した謙介が右足で
左サイドネットへゴール。
2点目で集中力が切れかけた甲府相手に3分後、蛯原が左からDF二人をドリブルで
交わしゴール。3-0に突き放す。
4点目は右から中山、原口、謙介などが絡み最後山田へ繋がり右足で決めました。

U16遠征で怪我したと言われる高橋峻ですが、姿見えず。
まわりから聞こえた話だと松葉杖なしで帰ったとの情報もあるそうです。
これから川崎、FC東京と今までよりレベルの高い相手との試合が控えてますので
これ以上怪我人は増やしたくないですね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

新日本スポーツ連盟 東京都サッカー協議会 第3戦

協議会リーグ第3節が茨城県の藤代で行われました。
先週が雨天中止だったため2週ぶりの草サッカーです。
藤代のグラウンドは芝なのですが、ところどころが剥げていたり
デコボコしていたりとあまり良いコンディションじゃありませんが
芝で出来るだけありがたいと思ったほうがいいのかな。

FFFC 2 - 0 新橋

対戦相手は「新橋」さん。
試合開始1時間前から続々集まり15人以上集まってます。
うちなんて今日は11人ちょうどしか揃わなかったのに、うらやましいぜ。

今日はセンターバックで出場。というか最近センターバックでしか出てない。
たまにはFWで出たいっす。
前半は風下だったので相手の様子を見ながら裏を取られないように慎重に
ディフェンスしてみました。だけど相手は特にガンガン裏を狙ってくる感じも
なく、サイドを使ったり、押し込んでからバイタルを使う戦い方だったので
風の心配はあまりなかった。
相手は比較的プレスもゆるく1対1も抑えきれないほどではなかったので
点さえ取れれば勝てる試合だと思ってました。
うちは、左サイドに広大なスペースがあってそこをうちの快速FWに突かせる攻撃
が有効で、度々突破してはクロスからチャンスを作ります。
左を突破して右に展開してクロスからシュート。こぼれを木村さんがシュートして先制。
前半は1-0で折り返しました。

後半は風上なのでディフェンスは裏に出されても一発でやられることが無いので
安心です。
FWが何度もチャンスを作るのですが最後のところで相手GKに止められてしまい
追加点が奪えない。守備はラインを作るうえで連携におかしなところが少しあった
けど大きく崩されること無く集中してやれたので結構満足してます。
最後に野末さんがきっちり追加点を奪って2-0。快勝でした。

相手はうちと同じく高年齢のチームでうちと同じような問題点を抱えてるような
チームでした。いくつかの選手はテクニックもあり打開力もあるが、チーム全体
としてはそれほど機能していないところなど。
今日は結果2-0でしたが、多少相手にあわせて試合をしてしまったところがあった
気がします。決めるところ決めてけば4,5点はとれたと思いますし。
自分はセンターバックとして、もうちょっとプレー精度を上げていきたいですね。
ミスキックをなくすとか、ラインの上げ下げにメリハリをつけるとか。
もっとレベルの高い相手と対峙したときにも守備組織がしっかりしてれば
大抵の失点は防げるはずですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006/05/29 | トップページ | 2006/06/07 »