« 浦和対清水 | トップページ | ブルーノート東京 »

プリンスリーグU-18関東2006 レッズ対高経大付

プリンス関東の第3節です。
レッズランドで11時キックオフ。相手は高崎経済大付属高校です。

Photo

 

 

 

【スタメン】
   7蛯原  9鈴木竜
      6広瀬
  23矢部    11田中
      8金生谷
19高橋大15金子21鈴木秀2一ノ瀬
      22大谷
【交代】
前半37分 蛯原→18林 
後半20分 田中→25田仲、25分 竜基→24宮川、秀→27山地 42分 広瀬→13中山
【得点】
前半6分  0-1 高崎左サイドからクロスを19がニアでヘッド。
後半2分  1-1 田中から広瀬に渡り中央に流したところを林が右隅へ流し込む。
後半8分  2-1 田中が突破からシュート。こぼれを竜基が押し込む。
後半9分  3-1 右から田中がクロス、中央で竜基がヘディングシュート。
後半29分 3-2 高崎CKから19がファーでヘッドを合わせる。

【感想】
レッズランドは芝が通常より深く(多分芝は今が成長期)、なぜか高経付より
いつも使い慣れてるはずのレッズの選手の方が芝に苦戦してます。
足元のコントロールがままならないのでロングボールが主体でいまいちリズム
がつかめない。そうこうしている内に警戒しているはずの相手長身FWに
ヘッドをぶち込まれ失点。相変わらず寄せがあまい。
実力的には前半中に追いついてもおかしくなかったのだが、相手も集中が
途切れず最後で体を張って上手く守っていたかな。

後半は右の田中が突破できるようになって、チャンス量産。
早い時間に追いついたので相手の集中力が切れて立て続けに3得点。
ここら辺の抜け目無さはいいね。
その後2,3点とれそうなところを取れずに、田仲や山地など1年生を使う余裕を
見せるから逆に1点取られて最後はバタバタしてしまう。
わかってて尚且つ厳しい状況で使いたいと思ってこういう交代をしたのか、
それともホントに2点差なら大丈夫と思って交代させたのか。
どうなの?後者だったらヤバイっす。

高崎経済大付属は、攻守の要所に180オーバーのデカイ選手が多く、結果182センチ
のFWに2失点してしまいました。
ディフェンスでも竜基のポストを180のCB二人がよく潰していたと思います。
ただ、中盤の構成力は劣り、サイドでも突破はあまり上手くいっていなかったようです。

【よかった人】
田中宏育 特に後半の右からの突破はすばらしいものがあった。
鈴木竜基 いつもどおりFWとして怖さがある。2得点もさすが。
高橋大輝 守備にとらわれ過ぎないのがよかったか、攻撃面でよい仕事。
林容平  途中交代できっちり仕事する。ボールが収まりタメができる。

最後に、プリンスをレッズランドでやることについて。
プリンスリーグも今年で4年目でしょうか、年々大会の知名度も高くなり、観客も
増えてきています。会場も駒場や前育高崎G、小机Gなどある程度の客を受け入れる
キャパがある。
しかしレッズランドはどうだろう。
客席が整備されていないこの「練習場」は見る人にとってはこの上なく見づらい。
今日もグランドの隣の芝へは入ることを許されず、ゴール裏か、遠い土手の上から
見るしかない。
ずっと以前(東農大G時代)から思っているのだが、ここの試合はホント見るのに
困るし、それが今日まで全然改善されないのも不思議。
まあ、試合会場は限りがあるのでほかの試合との絡みからここを使わざるを得ない
といった理由もあるだろう。だが、大会の権威を考えた場合、観客に見られることを
前提とした会場選びをしていくことも必要なのではないだろうか。

 

|

« 浦和対清水 | トップページ | ブルーノート東京 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プリンスリーグU-18関東2006 レッズ対高経大付:

« 浦和対清水 | トップページ | ブルーノート東京 »