« 2006教育リーグ 浦和レッズ対流通経済大学 | トップページ | プリンスリーグU-18関東2006 レッズ対高経大付 »

浦和対清水

ついにレッズ負けちゃいましたね。
ずっと勝ち続けて無敗で優勝なんて現実にはありえないので
ここらで負けるのは想定の範囲というかあたりまえかな。

昨日のエスパルスはここ数戦のレッズの対戦相手と同様、前半開始からトップギア
で入ってきて、特にマルキーニョスが好調で対峙した堀之内がかなり手を焼いて
いました。失点も堀之内のところからやられた感じだし。(判定の隙をつかれた
のもありますが。)
あそこまで堀之内が振り切られるのが目立つ試合は今期初めて見ました。
鈴木啓太も兵藤や藤本相手に中盤で潰しが上手くいっていなかったようです。
どこに問題があるのかきちんと見直して欲しいですね。

試合は前半PKで1点返したので後半追いつき、逆転できるかなと思ってみてました
が、なんですか、後半開始から闘莉王がボランチ(というかFW)に上がってますよ。
後半開始からパワープレーってはじめて見ましたよ。
ワシントンなどが決定的なのを何本も外したので(ワシントンと闘莉王が並ぶと
そのヘディング技術の違いが一目瞭然)結果として追いつけませんでした。
岡野を入れて、黒部を入れて、クロス、クロス、クロス。
対するエスパルスはFWを下げてDFを入れて逃げ切りのみを目指す。超現実的。
まるで追えば追うほど逃げてく恋人のような気が。アハ。

レッズはこれまで引かれてもパワープレーでなんとかなってきた試合があったので
昨日もそうやれば大丈夫という頭があったのかもしれません。(ギドに)
しかし本来パワープレーとは負けていて時間も無く、攻めに時間を掛けられない
ときにどうしても点が取りたくて行う方法です。
後半開始からずっと放り込み作戦されてもあまり面白くありません。オレは。
しかも勝てないし。
そこらへんにギドの試合中の修正能力や監督として試合を読む力に疑問を
持ちます。
前半見ていて思ったのはエスパルスのDFの裏を狙う選手が皆無だったこと。
これは前からそこかしこで指摘されてますが、みんな足元足元で貰いたがる。
裏へ走れる選手が前線にいないからディフェンスの選手も裏パスが蹴れない。
狙いは十分ケアされているワシントンへのポストのみ。潰されて終わり。
裏へ走りこむ選手がいてそこにパスが出せればエスパルスのラインにギャップを
作ることができるのに。そしたらワシントンももっとやり易いだろうに。
セルヒオなんて出したらバンバン裏狙えるんじゃないかななんて思ったり。

あーまあいいや。負けるのは別に悪いことばかりじゃないし。
ずっと首位にいると相手が気張っちゃうしね。
3位くらいにいてあまり新聞などで話題にされないようについてって
終盤に調子上げて抜け出してくれればいいっすよ。
とにかく強引な攻め以外の方法論をもっと見せてくれ。

|

« 2006教育リーグ 浦和レッズ対流通経済大学 | トップページ | プリンスリーグU-18関東2006 レッズ対高経大付 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浦和対清水:

» カラダとココロに美味しい水を! [ミネラルウォーター@大辞典【心においしいミネラルウォーターを!】]
カラダとココロに美味しいお水を飲みましょう!私が水に興味を持ったのは、といいますか自分自身にとって水が必要で欠かすことができないものになったのは・・・15年前のまだ学生だったころ、... [続きを読む]

受信: 2007/01/08 23:42

« 2006教育リーグ 浦和レッズ対流通経済大学 | トップページ | プリンスリーグU-18関東2006 レッズ対高経大付 »