« 2006/04/02 | トップページ | 2006/04/06 »

第27回浦和カップ高校サッカーフェスティバル

浦和カップはここ3年ほど毎年1日は観に行っていたので今年もなんとか
と思っていましたが仕事をやりくりして今日観に行くことが出来ました。
今日は順位決定戦が浦和各地で行われ、浦和レッズユースは予選リーグを
1位で突破した為1位トーナメントを駒場スタジアムサブGで戦うこととなりました。

レッズと同居は前橋商業と柏日体です。
1試合目は前橋商業。
【スタメン】
     7村松  15宮川
 14高垣 10佐藤謙 13高橋峻
        5三森
3川原 4鈴木秀 12山地 2小林
        1大谷

前橋商業とはプリンスリーグで同組、しかも第1節ですぐに当たる為、どちらの
チームも手の内を隠したいと感じ取れるメンバー構成でした。

試合は前半15分頃に村松が抜け出してGKを交わして1-0。
後半高橋峻希から村松に渡り2-0。その後宮川が2点取って計4-0の快勝でした。
交代は前半途中に高垣→19山田直、後半鈴木秀→17菅井、佐藤→18矢部
三森→20和田で、後半途中からは中盤がかなり流動的で

【後半途中】
      7村松  15宮川
 13高橋峻 19山田直 18矢部
        20和田
3川原 17菅井 12山地 2小林
        1大谷
だったり、和田が右ハーフに上がって矢部が下がったりもしていました。
目に付いた選手はまず村松。今日はFWとして出場しましたが、右サイドより
FWの方がいいかも。楔を受ける動き、縦へ抜ける動き、得点と内容が良かったです。
続いて5三森。金生谷がいるので中々レギュラーで出番はないけど、出ると確実に
仕事をします。特に展開力と、体を当ててキープできるのが強みですね。
あと12山地。彼は大柄に似合わず意外と動けるタイプのCBで期待が持てます。

2試合目は柏日体戦。
【スタメン】
     9鈴木竜  29蛯原
 18矢部  6広瀬祐 11田中
        8金生谷
35高橋大25金子17菅井27一ノ瀬
        1大谷

メンツをかなり入れ替えて臨んだ2戦目は開始10分ほど押しながらも膠着し、
15分に竜基の折り返しを広瀬が押し込み先制。
続けて16分、ヘッドのこぼれをまたも広瀬がハーフボレーで決めて2点目。
23分、蛯原のヘディングシュートを相手GKがファンブル、竜基が押し込み3-0。
30分、蛯原が左から縦に抜け出し左足シュート、逆サイドネットに綺麗に決まり
4-0で前半終了。

【後半】  ※後半開始で大谷、広瀬、矢部がアウト。柴田、田仲、永田がイン
      ※後半途中、竜基→武富、一ノ瀬→池田    
  9鈴木竜(→39武富)  29蛯原
 24永田  19田仲 11田中
        8金生谷
35高橋大25金子17菅井27一ノ瀬(→33池田)
        16柴田

後半1分、田仲のクロスが流れたところを蛯原がミドルを綺麗に決める。5-0。
後半28分、池田のクロスをファーで武富が体ごと押し込み6-0。

後半終了時には新1年生が6人グランドに立っていました。
柏日体のレベルがわからないのですが、よくやっていたと思います。
ただ後半は半ば破れかぶれ的なプレスが多く、必然的にアフターファールも
多くなり、レッズの選手が痛まないか心配でした。そんな中、田仲が痛んで
ピッチ外に出ましたが大事には至らなかったようです。よかった。
この試合で目に付いた選手は、
鈴木竜基。このレベルでは抜けているかも。オフ/オンザボールとも動きの質が高い。
相手コーチ陣が唸っていた。
蛯原。この試合では持ち味のスピードを存分に発揮していた。
広瀬。こう着状態を破る2点はいずれもナイスゴール。攻めの起点になっていた。
高橋。左サイドでの連携がよく、度々突破を繰り返しチャンスを演出していた。

2試合観た感じではどちらがレギュラーチームかはわからないですね。
上手い具合2チーム分に選手を分けたようです。
明日決勝が駒場スタジアムで大宮アルディージャと行われますが、その試合では
今期の(とりあえず)レギュラーが組まれるかもしれません。
観に行けないのが残念ですなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006/04/02 | トップページ | 2006/04/06 »