« 2006/03/16 | トップページ | 2006/03/29 »

浦和レッズ対セレッソ大阪

今日は今年初のスタジアム観戦でした。
セレッソとは去年2戦2敗と相性が悪い相手で、特に中盤のプレスと
前線の西澤、森島、古橋などの連動した動きに苦しめられた記憶があります。

結果は3-0の完封と快勝でしたね。
いくつかあったポイントを挙げたいと思います。

・セレッソの調子が悪すぎた。
去年とはファビーニョと久藤がいないだけだが、プレスはあまく、パスミスを連発
する中盤。前線までボールが来ないので下がってきてしまう西澤。ラインを下げ
過ぎるディフェンス。何より選手に覇気がなかったのは、チーム状態の深刻さを
物語っていたように思います。

・レッズディフェンスの強固さ。
今日も楔を潰すディフェンスがはまっていて、西澤にボールをキープさせず、
横に回させても縦に入れさせない、縦に入ったら潰してカウンター、というのが
徹底されています。また、鈴木啓太と闘莉王の縦のポジションチェンジによる
変化もスムーズで、誰かがオーバーラップしてもカウンターでピンチを招く場面が
ほとんど無いのは鈴木啓太のおかげでしょう。

・攻撃の多彩さ。
三都主のクロスからワシントンのヘッド。
ワシントンのポストからポンテの抜け出し。
闘莉王がオーバーラップで攻め残り、ワシントンとツインタワー形成。
小野、ポンテ、長谷部の即興パス回しからの中央突破。
これだけ選択肢があれば相手も的を絞れませんから、チャンスをゴールに
結びつける確率も高くなるでしょう。

小野の得点もあり、何もかも上手くいっているようなレッズですが、それでも
前半はセレッソの守備組織も整っていたこともあり、中々有効的な崩しが
出来ませんでした。そういう時はワシントンと他の選手の距離が開いて連携が
上手くいかないんですよね。でも1試合ごとに良くなっているレッズの連携、
この日の試合を見ると今後もどんどん向上していきそうな感じがして期待が
もてそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006/03/16 | トップページ | 2006/03/29 »