« 2006/03/11 | トップページ | 2006/03/14 »

サテライト レッズ対フロンターレ

本日、駒場スタジアムでJリーグサテライト第1節、レッズ対フロンターレが行われましたが
結果は1-5で大敗してしまいました。
先発は

    横山  黒部
      赤星
相馬 細貝 酒井 永井
  近藤 内舘 南
      山岸

で後半から
内舘→セルヒオ 相馬→平川 永井→岡野
にして細貝をリベロへ。セルをトップ下、赤星をボランチ。
でさらに後半途中で
山岸→加藤 横山→千島
な感じでした。 

試合は序盤に近藤のボールキープミスから黒津に先制されると、相手の勢いを
止められなくなり、さらにミスがらみでトータル5失点。レッズの得点は後半
ロスタイム、左CKを近藤がヘディングで決めたものです。

この試合について述べたいことは色々あるのですが、まずはレッズとフロンターレで
試合に対する捉え方が違っていましたね。
レッズは靭帯断裂の大怪我から復帰初戦の近藤、同じく怪我明け初戦の内舘の
ふたりを抱え、まずは試運転的な捉え方だったかと思います。
対するフロンターレは前線に昨シーズントップで活躍した黒津、中盤には今野、
鬼木、原田など、DFには佐原、井川など、トップ出場当落線上の選手が多数を
占め、どの選手もトップの出番をつかむためのアピールの場として試合に臨んでいた
ように思います。(もちろんレッズの選手も気持ちは同じでしょうが。)
全体のモチベーションの差は明らかで、これは昨シーズンまでサテチームを率いて
いた柱谷さんだったら考えられないことではないでしょうか。

次にDF3枚のコンディションの悪さ。
開始10分で自らのミスから失点してしまった近藤はその後同じミスを何度も繰り返し
失点の原因になり続けました。内舘は3点目の失点に絡み、また3バックセンターとしての
統率力もあまり見られず。南は無難に守っていた印象ですが、時に集中力を欠き
ボールウォッチャーになる傾向がありました。
また、昨日のトップチームでは楔を潰すディフェンスが効いていたのですが、今日の
サテは楔を潰すことが出来ず、逆に狙いどころに落とされたり、ポストからそのまま
引きずられたりするなど相手FWの黒津とチョンテセに対し終始劣勢を強いられて
いたのも印象的でしたね。

全体のチームコンセプト。
フロンターレは2トップの確実なポストプレーから中盤の両サイドが飛び出し、
中央のMF3枚は精力的にプレスし、時にはトップを追い越す動きを見せるなど
運動量が豊富。
レッズは両サイドの永井と相馬に高い位置で前を向いてボールが持てるように
パスを回し、良質なクロスから黒部、横山が点を狙う形。
しかしレッズは攻守の切り替えが遅く、また全体の運動量も無いため、ダイナミズムが
生まれない。後半はセルヒオや千島がよく動いてボールを回す意識が高くなり
チャンスも生まれたが、結局全体の停滞感を打破するまでには至らなかった。

果たして、サテはトップへ出場できる選手の育成の場だから勝ち負けは関係無い。
のでしょうか。
確かに選手によってコンディションが違ったり、モチベーションが違うのもわかりますが
それ以前にチーム全体の意識とか、戦術とかをもっと煮詰めて、試合で観客が
「レッズはこういうサッカーをやるんだ!」というのがわかるように最低限のものを
見せる義務があると思うんです。1000円とはいえ、入場料を取っている以上は。
去年の柱谷さんは勝てないけれどコンセプトのわかりやすい、意識の高いチームを
作って見せてくれました。今年は池田太コーチが率いているのでしょうか。今後の
池田コーチの手腕を見守りたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006/03/11 | トップページ | 2006/03/14 »